黄舞

黄舞

黄舞(こうぶ)です。初めまして。 ゲームやファンタジー小説が大好きで、この度自分でも書いてみることにしました。
26 12
 魔法に誰よりも強い憧れを持ち、人生の全てを魔法のために費やした男がいた。  しかし彼は魔法の源である魔力を持たず、ついに魔法を使うことができずに死んだ。  強い未練を残した彼は魂のまま世界を彷徨い、やがていじめにより自死を選んだ貴族の少年フィリオの身体を得る。  魔法を使えるようになったことを喜ぶ男はフィリオとして振舞いながら、自ら構築した魔法理論の探究に精を出していた。  生前のフィリオをいじめていた貴族たちや、自ら首を突っ込んでいく厄介ごとをものともせず。 タイトル変えました。 元のタイトル 「魔法理論を極めし無能者〜魔力ゼロだが死んでも魔法の研究を続けた俺が、貴族が通う魔導学園の劣等生に転生したので、今度こそ魔法を極めます」
24hポイント 12,314pt
小説 210 位 / 125,550件 ファンタジー 53 位 / 32,310件
文字数 27,915 最終更新日 2021.12.02 登録日 2021.11.30
恋愛 連載中 長編
 侯爵令嬢である主人公フローラは、次の聖女として王太子妃となる予定だった。しかし婚約者であるはずの王太子、ルチル王子から、聖女を偽ったとして婚約破棄され、激しい戦闘が繰り広げられている戦場に送られてしまう。ルチル王子はさらに自分の気に入った女性であるマリーゴールドこそが聖女であると言い出した。  一方のフローラは幼少から、王侯貴族のみが回復魔法の益を受けることに疑問を抱き、自ら強い奉仕の心で戦場で傷付いた兵士たちを治療したいと前々から思っていた。強い意志を秘めたまま衛生兵として部隊に所属したフローラは、そこで様々な苦難を乗り越えながら、あまねく人々を癒し、兵士たちに聖女と呼ばれていく。  配属初日に助けた瀕死の青年クロムや、フローラの指導のおかげで後にフローラに次ぐ回復魔法の使い手へと育つデイジー、他にも主人公を慕う衛生兵たちに囲まれ、フローラ個人だけではなく、衛生兵部隊として徐々に成長していく。  一方、フローラを陥れようとした王子たちや、配属先の上官たちは、自らの行いによって、その身を落としていく。
24hポイント 9,189pt
小説 273 位 / 125,550件 恋愛 134 位 / 35,928件
文字数 148,964 最終更新日 2021.11.30 登録日 2021.05.10
「テール。お前には才能がなく、俺らにはあった。ただそれだけだ。じゃあな」  突然のパーティ追放に心身ともに打ちのめされた土魔法使いテール。  そんな彼の下に突如現れたのは第二王女アナスタシアだった。 「ええ。私はテール様のことを信用しています」  彼女に告げられた驚きの事実、それはダンジョンが成長すること、そしてそれに必要なのは周囲に暮らす人口を増やすことだった。  アナスタシアはテールにダンジョン周辺の領地開拓を依頼する。 「わかった。話を受けよう。ただし、条件が一つだけある。俺も成長したダンジョンに潜らせろ」  不要と追放されたテールは領地開拓とダンジョン探索に忙しい毎日を過ごす。  前人未踏の深度への到達を目指して。
24hポイント 418pt
小説 3,133 位 / 125,550件 ファンタジー 628 位 / 32,310件
文字数 26,005 最終更新日 2021.10.19 登録日 2021.10.15
 身に宿る魔力の量を、唯一無二の価値に置いた種族がいた。  その種族の名はエルフ。  そのエルフたちが暮らす集落に、「無価値」と蔑まれた少女が一人。  族長の娘であるルシアである。  世界に数多の人種と呼ばれる種族が存在するが、エルフの身に宿る魔力は他を圧倒していた。  しかし、当代最大の魔力量を持つ族長の血を宿すルシアには、一粒ほどの魔力すら存在しない。  文字通り、魔力ゼロ。  里の大移動の際に無駄な荷物と一人置き去りにされた彼女は、ただひたすらに生きる続けることに、永劫ともいえる自らの人生を費やしていた。  魔力はゼロでは彼女は間違いなくエルフ。  その寿命は千とも万とも言われている。  危険な魔物がはびこる大森林で千年を費やしたルシアの肉体は、歴史上誰も到達のしたことのない高みに至っていた。  千年間誰とも交流を持つこともなく、ほとんどの常識を持たないままに。 この物語は、天然フィジルカルモンスターのルシアと、幸か不幸か、そんな彼女と出会い旅をすることとなった、苦労人気質な女魔法使いエマの笑いあり涙ありのドタバタ冒険記である。 【書きだめが尽きるまでは、毎日12:10に更新します】 他サイトでも公開しています
24hポイント 205pt
小説 5,617 位 / 125,550件 ファンタジー 1,262 位 / 32,310件
文字数 23,040 最終更新日 2021.09.19 登録日 2021.09.14
恋愛 完結 ショートショート
「これで。アイシャ。君との婚約を破棄できる」  私の許嫁であるホーンズ公爵家の長子、ルーカスはにこやかな笑みを浮かべてそう言った。
24hポイント 142pt
小説 6,878 位 / 125,550件 恋愛 2,964 位 / 35,928件
文字数 2,386 最終更新日 2021.07.17 登録日 2021.07.17
 魔道具。  どこの一般家庭にでもある便利器具から一点物の特別なものまで。  そんな魔道具を開発し、創り上げるのが私たち魔道具師の仕事だった。 「これが、噂の人工冬眠装置かね?」 「はい。師匠」  天才と称された私が作り上げた魔道具を、私は作動させてしまう。  長い眠りから覚めた時、時は千年を過ぎ去り、私が知っている文明は既に滅び過去の遺産となっていた。  魔道具を作り上げる技術や知識も失われ、未来の世界ではアーティファクトと呼ばれ、一攫千金を狙う発掘屋たちのお宝として扱われている。 「そのアーティファクト。偉く新しいな! まるで新品みたいだ!!」  未来の世界では初めて出会った発掘屋クレイのお世話になることになった私は、一つの強い衝動を堪えきれずにいた。 「ああ! 魔道具を創りたい!!」 これは、天才魔道具師が千年の時を経て目覚めた世界で、国宝級のアーティファクト(魔道具)を創り、騒動を起こしていく物語である。
24hポイント 85pt
小説 9,107 位 / 125,550件 ファンタジー 1,839 位 / 32,310件
文字数 21,879 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.06.02
 勇者パーティの支援職だった私は、自己を超々強化する秘法と言われた魔法を使い、幼女になってしまった。  そんな私の姿を見て、パーティメンバーが決めたのは…… 「アリシアちゃん。いい子だからお留守番しててね」  見た目は幼女でも、最強の肉体を手に入れた私は、付いてくるなと言われた手前、こっそりひっそりと陰から元仲間を支援することに決めた。  戦神の愛用していたという神器破城槌を振り回し、神の乗り物だと言うもふもふ神獣と旅を続ける珍道中! 主人公は元は立派な大人ですが、心も体も知能も子供です 基本的にコメディ色が強いです
24hポイント 85pt
小説 9,107 位 / 125,550件 ファンタジー 1,839 位 / 32,310件
文字数 40,581 最終更新日 2021.06.02 登録日 2021.05.15
ファンタジー 連載中 長編 R15
祝書籍化ヾ(●´∇`●)ノ 3月25日発売日です!! 「嫌なら辞めろ。ただし、お前みたいな無能を使ってくれるところなんて他にない」  何回聞いたか分からないその言葉を聞いた俺の心は、ある日ポッキリ折れてしまった。 「分かりました。辞めます」  そう言って文字通り育ててもらった最大手ギルドを辞めた俺に、突然前世の記憶が襲う。  前世の俺は異世界で化学者《ケミスト》と呼ばれていた。 「なるほど。俺の独自の錬成方法は、無意識に前世の記憶を使っていたのか」  通常とは異なる手法で、普通の錬金術師《アルケミスト》では到底及ばぬ技能を身に付けていた俺。  さらに鮮明となった知識を駆使して様々な規格外の良品を作り上げていく。  ついでに『ホワイト』なギルドの経営者となり、これまで虐げられた鬱憤を晴らすことを決めた。  これはある化学者が錬金術師に転生して、前世の知識を使い絶品を作り出し、その高待遇から様々な優秀なメンバーが集うギルドを成り上がらせるお話。 お気に入り5000です!! ありがとうございますヾ(●´∇`●)ノ よろしければお気に入り登録お願いします!! 他のサイトでも掲載しています ※2月末にアルファポリスオンリーになります 2章まで完結済みです 3章からは不定期更新になります。 引き続きよろしくお願いします。
24hポイント 333pt
小説 3,758 位 / 125,550件 ファンタジー 778 位 / 32,310件
文字数 296,496 最終更新日 2021.05.15 登録日 2020.11.01
「いつになったら魔王は復活するんだー!」 「師匠、もういい加減諦めてください。平和な時代が一番じゃないですか」  伝説の魔王の復活を信じ、転生の秘術を駆使して最強となったミトラ。  しかし肝心の魔王は現れず。 「そうだ! 居ないなら育て上げればいいんだ!!」  まだ見ぬ魔王を夢見て、自ら育てることを決心したミトラは魔族の赤ん坊を見つけて……。  自らが戦うための魔王を育てようとした男の、ほのぼの子育てストーリー!!
24hポイント 14pt
小説 22,489 位 / 125,550件 ファンタジー 4,015 位 / 32,310件
文字数 8,196 最終更新日 2021.05.11 登録日 2021.05.09
 私、木塚育美(きづかいくみ)は常に人の顔色を窺って生きてきた。  そんな訳で人付き合いは苦手。  人となるべく話さなくても良いようにと、研究職に就職したのだが。 「木塚くん。来月から君、売り場担当になってもらうから。はい、辞令」  突然販売部門に飛ばされてしまった。  絶望しながらの帰り道、変な生き物に出会う。 「どうか、人の顔色を窺わなくても良いようにしてください!」 「その願い、確かに聞き入れたぞ」  自分は神だと自称する狐のぬいぐるみのおかげで、私は顔色が見えるようになってしまった。  相手の感情を色で見えるようになった私は、まるで悩み相談員のように人気を博す凄腕販売員へとなっていくのだった。
24hポイント 42pt
小説 13,334 位 / 125,550件 キャラ文芸 179 位 / 2,973件
文字数 8,179 最終更新日 2021.01.13 登録日 2020.12.31
SF 連載中 長編 R15
「お前もういらないから」  大人気VRMMORPGゲーム【マルメリア・オンライン】に誘った本人である幼馴染から受けた言葉に、私は気を失いそうになった。  彼、S級クランのクランマスターであるユースケは、それだけ伝えるといきなりクラマス権限であるキック、つまりクラン追放をした。 「なんで!? 私、ユースケのために一生懸命言われた通りに薬作ったよ? なんでいきなりキックされるの!?」 「薬なんて買えばいいだろ。次の攻城戦こそランキング一位狙ってるから。薬作るしか能のないお前、はっきり言って邪魔なんだよね」  個別チャットで送ったメッセージに返ってきた言葉に、私の中の何かが壊れた。 「そう……なら、私が今までどれだけこのクランに役に立っていたか思い知らせてあげる……後から泣きついたって知らないんだから!!」  現実でも優秀でイケメンでモテる幼馴染に、少しでも気に入られようと尽くしたことで得たこのスキルや装備。  私ほど薬作製に秀でたプレイヤーは居ないと自負がある。  その力、思う存分見せつけてあげるわ!! VRMMORPGとは仮想現実、大規模、多人数参加型、オンライン、ロールプレイングゲームのことです。 つまり現実世界があって、その人たちが仮想現実空間でオンラインでゲームをしているお話です。 嬉しいことにあまりこういったものに馴染みがない人も楽しんで貰っているようなので記載しておきます。
24hポイント 683pt
小説 2,144 位 / 125,550件 SF 41 位 / 3,639件
文字数 180,619 最終更新日 2020.11.01 登録日 2020.06.15
児童書・童話 完結 ショートショート
 とある話題を童話として書いてみました。  あくまで作者の創作なので内容の是非については、御容赦ください
24hポイント 0pt
小説 125,550 位 / 125,550件 児童書・童話 2,276 位 / 2,276件
文字数 1,482 最終更新日 2020.09.20 登録日 2020.09.20
恋愛 完結 長編 R15
 精霊に愛された少女は聖女として崇められる。私の住む国で古くからある習わしだ。  驚いたことに私も聖女だと、村の皆の期待を背に王都マーベラに迎えられた。  それなのに……。 「この者が聖女なはずはない! 穢らわしい!」  私よりも何年も前から聖女として称えられているローザ様の一言で、私は国を追放されることになってしまった。 「もし良かったら同行してくれないか?」  隣国に向かう途中で命を救ったやり手の商人アベルに色々と助けてもらうことに。  その隣国では精霊の力を利用する技術を使う者は【錬金術師】と呼ばれていて……。  第五元素エーテルの精霊に愛された私は、生まれた国を追放されたけれど、隣国で天才錬金術師として暮らしていくようです!!  この物語は、国を追放された聖女と、助けたやり手商人との恋愛話です。  追放ものなので、最初の方で3話毎にざまぁ描写があります。  薬の効果を示すためにたまに人が怪我をしますがグロ描写はありません。  作者が化学好きなので、少し趣味が出ますがファンタジー風味を壊すことは無いように気を使っています。 他サイトでも投稿しています。
24hポイント 127pt
小説 7,289 位 / 125,550件 恋愛 3,155 位 / 35,928件
文字数 56,585 最終更新日 2020.08.29 登録日 2020.07.06
 国の繁栄のため、人々の安寧のため、一日中休むことなく祈り続けた一人の聖女と呼ばれた少女が居た。  その祈りによって、国は栄え人々は安息の日を謳歌していた。  ある日、少女は自分自身の幸せを夢みて、それを祈ってしまった。  その日から少女は不思議な夢を見る様になった。
24hポイント 35pt
小説 14,982 位 / 125,550件 恋愛 6,336 位 / 35,928件
文字数 6,912 最終更新日 2020.08.27 登録日 2020.08.26
 むかし一人の天才魔法使いが居た。やがて老人となった魔法使いは一人の少年と出会う。 雰囲気を重視したファンタジーです。 あらすじではなく中身で語りますのでよろしくお願いします!
24hポイント 0pt
小説 125,550 位 / 125,550件 ファンタジー 32,310 位 / 32,310件
文字数 9,851 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.30
SF 完結 長編 R15
 無数にあるゲームの中でもβ版の完成度、自由度の高さから瞬く間に話題を総ナメにした「インフィニティ・オンライン」。  貧乏学生だった商山人志はゲームの中だけでも大金持ちになることを夢みてネタ職「商人」を選んでしまう。  攻撃スキルはゲーム内通貨を投げつける「銭投げ」だけ。  他の戦闘職のように強力なスキルや生産職のように戦闘に役立つアイテムや武具を作るスキルも無い。  見た目はせっかくゲームだからと選んだもふもふワンコの獣人姿。  これもモンスターと間違えられやすいため、PK回避で選ぶやつは少ない!  そんな中、人志は半ばやけくそ気味にこう言い放った。 「くそっ! 完全に騙された!! もういっその事お前らがバカにした『商人』で天下取ってやんよ!! 金の力を思い知れ!!」 一度完結させて頂きましたが、勝手ながら2章を始めさせていただきました 毎日更新は難しく、最長一週間に一回の更新頻度になると思います また、1章でも試みた、読者参加型の物語としたいと思っています 具体的にはあとがき等で都度告知を行いますので奮ってご参加いただけたらと思います イベントの有無によらず、ゲーム内(物語内)のシステムなどにご指摘を頂けましたら、運営チームの判断により緊急メンテナンスを実施させていただくことも考えています 皆様が楽しんで頂けるゲーム作りに邁進していきますので、変わらぬご愛顧をよろしくお願いしますm(*_ _)m 吉日 運営チーム 大変申し訳ありませんが、諸事情により、キリが一応いいということでここで再度完結にさせていただきます。
24hポイント 42pt
小説 13,334 位 / 125,550件 SF 177 位 / 3,639件
文字数 129,951 最終更新日 2020.06.28 登録日 2020.03.24
 捨て子として孤児院で育ったミトラには夢がある。  生まれも育ちも関係なく、そこに暮らす誰もが自分の能力を活かし幸せに暮らす街を作ること。  孤児が街づくりなど夢のまた夢。  しかしミトラには熱意と信念と、そして【才能】があった。  魔力を込めると見た人の才能と能力が分かる【銀の魔眼】、そして様々な長所を伸ばすことが出来る【補助魔法】。  ミトラは決して夢を諦めない。 「ねぇ。君、才能あるよ。これを目指したらどうかな?」 「俺が盾士だって? なんか誰かを護るってかっこいいな!」 「え? 僕に神官の才能が? うーん。信じられないけど、頑張ってやってみるよ!」  才能を見出した仲間と共に、ミトラは夢の実現へと精を出す。  今日もまた多大な才能を見つけた人物に声をかける。  この物語は、ミトラと様々な才能を開花させた仲間たちが織り成す、理想郷を築くまでの軌跡である!
24hポイント 0pt
小説 125,550 位 / 125,550件 ファンタジー 32,310 位 / 32,310件
文字数 55,790 最終更新日 2020.06.15 登録日 2020.05.25
 はるか昔、世界を混沌に陥れた大魔王がいた。  それを討ち滅ぼした伝説の一人にして、森羅万象に精通したという大賢者イザヤ。  無理やり永久の眠りから起こされたイザヤは、サクッと自分の眠りを妨げたネクロマンサーを〇すと、自分の生きた時代と異なる世界に興味を持つ。 「どれ! せっかく生き返ったんだし、この身体朽ち果てるまで死生を楽しむとするか!」
24hポイント 0pt
小説 125,550 位 / 125,550件 ファンタジー 32,310 位 / 32,310件
文字数 27,202 最終更新日 2020.05.25 登録日 2020.04.13
SF 完結 ショートショート
 科学の発展により全自動ロボットが開発されました。  全ての人類は労働から解放され、幸せに暮らしましたとさ。  めでたしめでたし。
24hポイント 0pt
小説 125,550 位 / 125,550件 SF 3,639 位 / 3,639件
文字数 3,385 最終更新日 2020.05.01 登録日 2020.05.01
ファンタジー 連載中 長編 R15
ファンタジー小説大賞50位でした。 応援ありがとうございました!!  若い頃に視力を失った元冒険者のカイン。自ら開発した付与魔法を駆使し、辺境の村で慎ましやかに暮らしていた。  しかしカインは気付いていなかった。付与魔法を扱える者は、この世にただ一人だということを。娘に送った初心者用装備に宝具と呼ばれるほどの性能を与えたことを。 「私がお父さんにお母さんの花を見せてあげる!」  娘のサラは父の視界に色を取り戻す薬の原料を手に入れるため、冒険者となりAランクへと駆け上がっていた。 「ご苦労様でした。目標を完遂出来て私は今非常に機嫌がいい」  しかし、ジェスターと名乗る男は、サラ達が集めようとする原料を盗んでいく。  果たして、サラは無事に父の視界に色を取り戻すことが出来るのだろうか?  これは父と娘の数奇な運命の物語である。 タイトルは父親であるカインの事ですが、娘のサラの話と行きつ戻りつの形で話は進んでいきます。 表紙絵は藍里さんに描いてもらいました(*´ω`*) 藍里さんのアカウントですhttps://twitter.com/lyon_sosaku
24hポイント 21pt
小説 19,045 位 / 125,550件 ファンタジー 3,401 位 / 32,310件
文字数 346,512 最終更新日 2020.03.22 登録日 2019.05.25
26 12