日之影ソラ

日之影ソラ

現在4シリーズ刊行、2シリーズ書籍化準備中、コミカライズ企画も複数進行中です。月刊少年ガンガンにて漫画原作担当。受賞歴:第2回アース・スターノベル大賞入選/第6回カクヨムWeb小説コンテスト特別賞。
31 12
魔術師は才能が八割である。生まれた時点で適性のある術式、魔力量の最大値が確定してしまう。いくら努力しようとも変わることのない二つの要素。どちらも平均以上でようやく魔術師として成り立つ。 魔術師の名門グローテル家に生まれたグレイスには、術式に対する適性が全くなかった。魔力はあっても術式が使えなくては魔術師とは呼べない。父親からは見放され、「お前には何も期待していない」と冷たい言葉を浴びせられる。 だが、グレイスは諦めなかった。魔術とはこの世で最も自由な力。自分も自由に魔術を使いたいと願った。 そんな彼には一つだけ、他にはない才能があった。その名は――『鍛冶スキル』。 「そうだ。魔剣なら……俺でも魔術が使えるんじゃないか?」 たった一つの細く険しい道を見つけたグレイス。 覚悟を決めた彼は、全てをかけて魔術師を目指し始める。 これは才能に恵まれなかった少年が、誰よりも自由な魔術師になるまでの物語。
24hポイント 2,557pt
小説 726 位 / 121,420件 ファンタジー 208 位 / 31,542件
文字数 44,210 最終更新日 2021.09.23 登録日 2021.09.20
貴族の家に双子として生まれたライナとレナ。妹のレナは我儘で自分勝手な姉ライナに振り回される日々を送る。そんなある日、ライナが聖女に選ばれてしまった。面倒だからやりたくないライナは、そっくりな妹のレナに身代わりをするよう提案する。 逆らえない彼女は承諾し、聖女のフリをするため魔法を必死で学んだ。そうして聖女になった彼女は、日々の御勤めを熟していく。 嫌々始めたことだったとはいえ、王子や友人、いろんな人に支えられながら、充実した毎日を送っていた。 しかしそんな日々も―― 「私が本物の聖女ですわ!」 姉の一言で終わりを向えてしまう。 しかし周囲の者たちは気づいていなかった。 聖女のフリをするために学んだ魔法の腕は、本物の聖女すら超える領域に達していて?
24hポイント 553pt
小説 2,480 位 / 121,420件 恋愛 1,255 位 / 35,864件
文字数 9,960 最終更新日 2021.09.21 登録日 2021.09.20
ファンタジー 完結 ショートショート
とある貴族令嬢のシスティーナは、母親の影響で料理が大好きだった。そんな母親が病気で亡くなる時、いつまでも料理が好きでいることを約束する。 月日は流れ、大きくなった彼女は今も料理が大好きだった。ある日、婚約者にお願いされて手料理を振る舞う。しかし、料理を見た婚約者が怒り出す。 「こんな貧乏くさい料理が食べられるか! 僕を馬鹿にしているのか!」 このことをきっかけに関係は破綻、婚約も破棄されてしまう。大好きな料理を否定され、家からも追い出されそうになった彼女は決意する。 料理を続けるために家を出ることを。 これは元令嬢の料理人が、本当の居場所を見つけるまでのお話。
24hポイント 227pt
小説 5,535 位 / 121,420件 ファンタジー 1,389 位 / 31,542件
文字数 6,727 最終更新日 2021.08.09 登録日 2021.08.06
アルカンティア王国の聖女として務めを果たしてたヘスティアは、突然国王から追放勧告を受けてしまう。ヘスティアの言葉は国王には届かず、王女が新しい聖女となってしまったことで用済みとされてしまった。 田舎生まれで地位や権力に関わらず平等に力を振るう彼女を快く思っておらず、民衆からの支持がこれ以上増える前に追い出してしまいたかったようだ。 成すすべなく追い出されることになったヘスティアは、荷物をまとめて大聖堂を出ようとする。そこへ現れたのは、冷徹で有名な公爵様だった。 「行くところがないならうちにこないか? 君の力が必要なんだ」 彼の一声に頷き、冷徹公爵の領地へ赴くことに。どんなことをされるのかと内心緊張していたが、実際に話してみると優しい人で…… 一方王都では、真の聖女であるヘスティアがいなくなったことで、少しずつ歯車がズレ始めていた。 国王や王女は気づいていない。 自分たちが失った者の大きさと、手に入れてしまった力の正体に。 小説家になろうでも短編として投稿してます。
24hポイント 170pt
小説 6,608 位 / 121,420件 ファンタジー 1,637 位 / 31,542件
文字数 2,446 最終更新日 2021.07.30 登録日 2021.07.03
【16日0時に一話以外削除予定しました】 ※小説家になろうにて最新話まで更新中です。 錬成師の家系に生まれた長女アリア・ローレンス。彼女は愛人との間に生まれた子供で、家や周囲の人間からは良くない扱いを受けていた。 それでも錬成師の才能があった彼女は、成果を示せばいずれ認めてもらえるかもしれないという期待の胸に、日々努力を重ねた。しかし、成果を上げても妹に奪われてしまう。成果を横取りする妹にめげず精進を重ね、念願だった宮廷錬成師になって一年が経過する。 宮廷付きになっても扱いは変わらず、成果も相変わらず妹に横取りされる毎日。ついには陛下から『給与泥棒』と罵られ、宮廷を追い出されてしまった。 途方に暮れるアリアだったが、小さい頃からよく素材集めで足を運んだ森で、同じく錬成師を志すユレンという青年と再会する。 「行く当てがないなら、俺の国に来ないか?」 実は隣国の第三王子で、病弱な妹のために錬成術を学んでいたユレン。アリアの事情を知る彼は、密かに彼女のことを心配していた。そんな彼からの要望を受け入れたアリアは、隣国で錬成師としての再スタートを目指す。 これは才能以上に努力家な一人の女の子が、新たな場所で幸せを掴む物語。
24hポイント 355pt
小説 3,629 位 / 121,420件 ファンタジー 812 位 / 31,542件
文字数 3,525 最終更新日 2021.07.27 登録日 2021.06.28
恋愛 連載中 ショートショート
【頑張る聖女シリーズ第三弾!】 聖女として活動していたステラは、ある日突然婚約者が婚約破棄を言い渡される。彼は彼女が本物の聖女ではないことに気付いて怒っていた。弁明しようとしても聞いてもらえず、彼は教会を出て行ってしまう。 という夢を見た。 正夢にならないように気をつけよう。 なぜなら全て事実だから。本者の聖女は姉なのに、その姉が聖女になりたくないからと言う理由で身代わりをやっている。 真実がバレないように今日も頑張るハリボテ聖女のステラだった。
24hポイント 63pt
小説 11,350 位 / 121,420件 恋愛 5,045 位 / 35,864件
文字数 4,945 最終更新日 2021.07.14 登録日 2021.07.12
恋愛 連載中 ショートショート
【頑張る聖女シリーズ第二弾!】 聖女なら必ず持っているはずの癒す力をもっていないイリス、せめて魔物退治では役に立とうと仮に勤しんでいた。しかしある日突然、婚約者であり護衛騎士のロイドから婚約破棄を告げられる。 「君のガサツさには付き合ってられないんだ」 そう言い残し去っていってしまった。 不幸なことは続き、翌日には新しい聖女が来るからと住民に言われ、教会からも追い出されてしまう。 途方に暮れるイリスが森で出会ったのは一回りも若い魔法使いの少年で? 騎士×少年の純愛ストーリーが始まる?
24hポイント 28pt
小説 17,425 位 / 121,420件 恋愛 7,475 位 / 35,864件
文字数 6,045 最終更新日 2021.07.12 登録日 2021.07.10
ファンタジー 完結 ショートショート
【頑張る聖女シリーズ第一弾!】 サンマレコ大聖堂に聖女見習いとして通うリリア。彼女は聖女でありながら、動物と意思疎通するという役に立たない力しか持っていなかった。そのことを周囲から馬鹿にされ、婚約者は妹に奪われてしまう。 そんな彼女が森で出会ったのは、騎士の養成所に通う青年だった。彼もリリアと似た境遇で、剣の才能はないが、テイマーとしての才能はあるという。通じ合う二人は互いに惹かれあい、新しい恋が始まろうとしていた。 一方、リリアから婚約者を奪った妹のアイスには秘密があった。秘密を隠しながら聖女として振舞いチヤホヤされる日々。 しかし彼女は知らない。リリアが持つ聖女としての可能性を。 同一世界観の作品が今後も投稿されます。 よければそちらもご一緒に見て頂けると嬉しいです。
24hポイント 92pt
小説 9,214 位 / 121,420件 ファンタジー 2,078 位 / 31,542件
文字数 5,556 最終更新日 2021.07.10 登録日 2021.07.08
ファンタジー 完結 ショートショート
貴族当主が遊び感覚で作ってしまった娘ユーリア・インレアス。屋敷で散々な扱いを受けていた彼女は、自分の力で生きていくため独立を目指す。唯一あった錬金術師の才能を生かして努力を重ね、五年前から宮廷錬金術師として働いていた。 忙しい毎日を送る中、ふと何気なく『惚れ薬』を作ってみたら意外と簡単に出来てしまった。とは言え使う相手なんていないと思っていたら、うっかりミスである人物が飲んでしまう。 その人物とは女嫌いで有名な第一王子フロア・ウェスティ殿下だった。 女嫌いな王子様と、ハブられ令嬢の間で恋が生まれる?
24hポイント 56pt
小説 12,058 位 / 121,420件 ファンタジー 2,556 位 / 31,542件
文字数 8,030 最終更新日 2021.07.04 登録日 2021.07.02
錬金術師の家柄の長女として生を受けたアイリス・クレンベル。彼女は優れた才能を持ちながら、妾の子であることを理由に劣悪な環境で育てられていた。それでもいつか、錬金術師として成果を出せば認めてくれると信じていた。そしてめげずに努力を重ね、念願の宮廷錬金術師になって事件は起こる。 とある人物から毒物を作ってほしいと依頼されたアイリスは、危険すぎる物は渡せないとこの依頼を拒否した。しかし途中まで毒物の研究を進めて完成手前までは到達していたことが仇となる。研究成果を盗まれ、悪用され国王暗殺未遂の罪をきせられてしまった。 死罪を言い渡され絶体絶命の窮地に、小さい頃から知り合ったラルクという青年が駆けつける。 「俺はレムナント王国第二王子ラルク・レムナント。なぁアイリス、良ければウチの国の錬金術師にならないか?」 実は王子だったラルクは、小さい頃からよく知るアイリスに救いの手を差し伸べる。彼の言葉と思いを知ったアイリスは、彼の手を取る。 こうして新しい場所で、二度目の錬金術師生活が始まる。 これは頑張り屋で負けず嫌いな女の子が、努力と人の助けを受けながら、幸せを目指す物語。 その序章である。
24hポイント 63pt
小説 11,350 位 / 121,420件 ファンタジー 2,456 位 / 31,542件
文字数 7,649 最終更新日 2021.07.03 登録日 2021.07.01
【第二章随時開始予定】かつて世界を作ったのは神様だった。長い年月をかけて人類は進化し、神様の力がなくても生きて行けるようになった。その所為で神様への信仰を忘れ、現代では神様もほとんど残っていない。 そんな中、生まれてすぐに川に捨てられた王子のアクトは、運よく水の女神ウルネが住まう湖にたどり着いた。ウルネの元ですくすくと育ったアクトは、母親思いの真っすぐな男に成長していく。穏やかで幸せな日常が、いつまでも続いてほしいと思う日々。しかし、その平穏はいずれ終わる。 信仰を失った神様は、存在を保つことが出来なくなるからだ。 十五歳になったアクトは、自分を助けてくれた母親に恩を返すため魔術学園への入学を決意した。自身が強くなり、女神の存在を世界に再認識させるために。 これは神に育てられた子供が神を救い、世界を救う物語だ。
24hポイント 120pt
小説 7,980 位 / 121,420件 ファンタジー 1,874 位 / 31,542件
文字数 53,815 最終更新日 2021.06.28 登録日 2021.06.19
名門貴族クレイスター家の令嬢として生まれたアリスは、優しい母親と双子の弟と妹と一緒に、幸せに暮らしていた。しかしある日、国家魔術師の父が失踪したことで、生活は一変してしまう。財産を没収され、屋敷も小さな別荘一つだけ。使用人たちを養うこともできず、四人だけになってしまった。 母親は家族を守るため日々激務をこなす。アリスも、お仕事の邪魔にならないように弟と妹の面倒を見ていた。生活は変わってしまったけど、それでも懸命に生きて、少なからず幸せを感じていた。 「私、早く大きくなってお母様の仕事を手伝いたい!」 そう思っていた彼女に、またしても悲しい出来事が起こる。 頑張り過ぎた母親が過労で倒れ、そのまま二度と目覚めなかった。 残されたアリスは悲しみながらも、母親に代わり二人の家族を守ることを決意する。 そして彼女は出会う。 人生を大きく変えてくれる偉大な師匠に。
24hポイント 14pt
小説 23,789 位 / 121,420件 ファンタジー 4,549 位 / 31,542件
文字数 57,057 最終更新日 2021.06.21 登録日 2021.06.14
恋愛 連載中 短編
第六王女として生を受けたアイリスには運命の選択肢が見える。選んだ選択肢で未来が大きく変わり、最悪の場合は死へ繋がってしまうのだが……彼女は何度も選択を間違え、死んではやり直してを繰り返していた。 女神様曰く、彼女の先祖が大罪を犯したせいで末代まで呪われてしまっているらしい。その呪いによって彼女の未来は、99.99%がバッドエンドに設定されていた。 婚約破棄、暗殺、病気、仲たがい。 あらゆる不幸が彼女を襲う。 果たしてアイリスは幸福な未来にたどり着けるのか? 選択肢を見る力を駆使して運命を切り開け!
24hポイント 28pt
小説 17,425 位 / 121,420件 恋愛 7,475 位 / 35,864件
文字数 15,050 最終更新日 2021.06.20 登録日 2021.06.14
全種族の最高最強の力を持つ吸血鬼。不老不死の肉体に、無限の魔力を有する吸血鬼に弱点は存在しない。そんな彼らの中で唯一の掟は、異種族の間に子供を作ってはならないことだった。 その掟を破り生まれた混血の吸血鬼プラムには、吸血鬼には存在しない数多の弱点が発現していた。太陽に焼かれる身体では外も歩けない。隠れ住む中で母が死に、父と二人だけが残され、吸血鬼の同胞に掟破りがバレ、親子は引きはがされてしまう。 純血からは馬鹿にされ、生まれてきたことが間違いだとさえ言われる日々。そんな中でプラムは決意する。 「混血が純血に劣っていないことを証明してやる……父さんも、母さんも、間違ってなんかいない!」 覚悟を胸に修行を始めたプラム。 そして千年間引き籠り、修行を終えたプラムは久しぶりに外へ出た。 「あれ……誰もいない?」 変わってしまった世界で、プラムは混血の力を証明するために戦う。
24hポイント 7pt
小説 28,333 位 / 121,420件 ファンタジー 5,820 位 / 31,542件
文字数 31,178 最終更新日 2021.05.12 登録日 2021.05.08
恋愛 連載中 短編
エールズ家の長女アリシアは、十五歳の誕生日を迎えた。しかしその先を歩くことはできない。両親に、妹に、使用人に裏切られ殺される。死んでも蘇り、また同じ運命を繰り返す。 アリシアは何とか死の運命とループを回避しようと奮闘するが敵わず、次第に心が傷ついていく。そんな彼女が最後に思いついたのは、エールズ家から逃げることだった。 ループに苦しむ令嬢の命をかけた逃避行が始まる。 長編にするかもしれない短編です。
24hポイント 328pt
小説 3,900 位 / 121,420件 恋愛 1,874 位 / 35,864件
文字数 15,616 最終更新日 2021.03.23 登録日 2021.03.21
とある貴族の長女として生を受けたシエルは、生まれた時から他とは違っていた。生後まもなく二本の足で歩き、自分より大きな岩を軽々持ち上げる。そんな彼女を気味悪がった両親は、遠く離れた別荘で彼女を隔離した。 幼くして生きる道を選択しなくてはならなくなったシエルは、騎士になる道を選んだ。 時が経ち、十六歳になったシエルは、王国最高の騎士に成長していた。 王国からの信頼も厚く、剣技を競い合う仲間もいる。 恵まれた環境にいると感じながら、普通でない自分に後ろめたさも感じていて…… 私も、普通の女の子みたいに生きられたら。 そう思っていた彼女を、悲劇が襲う。 優しさで偽っていた王子の本心。 国王からの死刑宣告。 そんな彼女に手を差し伸べたのは―― 長編にするかもしれない短編です。
24hポイント 7pt
小説 28,333 位 / 121,420件 恋愛 11,911 位 / 35,864件
文字数 8,478 最終更新日 2021.03.22 登録日 2021.03.21
この国で生まれた貴族の娘は、十八歳になると運命の相手を見つける儀式を受ける。大聖堂に集まり、透明な水晶に映し出される人物こそ、その人が生涯を共にする相手。 一度見てしまえば運命には抗えない。強制的に一緒にいることを義務付けられる。 「せめて普通の人でありますように……」 レイネシアも十八歳になり儀式を受けることになった。そして浮かび上がった人物を見て、周囲の人々はクスクスと笑う。 「あなたの相手は、アレクト殿下です」 「え……」 なんと運命の相手に選ばれたのは王子様だった。 でも、ただの王子様じゃない。 人間に一切興味がなく、動物しか愛せない変わり者――世間を騒がす『変態王子』。
24hポイント 56pt
小説 12,058 位 / 121,420件 恋愛 5,350 位 / 35,864件
文字数 7,561 最終更新日 2021.03.11 登録日 2021.03.10
恋愛 連載中 短編
千年前、大聖女として多くの人々を救った一人の女性がいた。国を蝕む病と一人で戦った彼女は、僅かニ十歳でその生涯を終えてしまう。その原因は、聖女の力を使い過ぎたこと。聖女の力には、使うことで自身の命を削るというリスクがあった。それを知ってからも、彼女は聖女としての使命を果たすべく、人々のために祈り続けた。そして、命が終わる瞬間、彼女は後悔した。もっと多くの人を救えたはずなのに……と。 そんな彼女は、ユリアとして千年後の世界で新たな生を受ける。今度こそ、より多くの人を救いたい。その一心で、彼女は薬剤師になった。万能薬を作ることで、かつて救えなかった人たちの笑顔を守ろうとした。 優しい王子に、元気で真面目な後輩。宮廷での環境にも恵まれ、一歩ずつ万能薬という目標に進んでいく。 しかし、新たな聖女が誕生してしまったことで、彼女の人生は大きく変化する。
24hポイント 28pt
小説 17,425 位 / 121,420件 恋愛 7,475 位 / 35,864件
文字数 16,775 最終更新日 2021.02.18 登録日 2021.02.15
恋愛 完結 ショートショート
二百年前に起こった種族間戦争。その勝者となった人類種が暮らすマナタルト王国は、魔道具技術の発達と共に発展を遂げた。 王宮では更なる文明発展を目指し、優秀な発明家が日々研究に勤しんでいる。その中でも異端とされる女研究者サクラ・ハーウェイは、若干十四歳で宮廷付きに選ばれた天才。しかし彼女が目指しているのは魔道具技術の発達ではなく、それに代わる新たな技術の発明だった。 魔道具と共に歩んできた国、魔道具を捨てると考え方を快く思わない者は多い。故に彼女は同業の研究者から異端の変わり者と笑われていた。 いずれ必ず、魔道具が足りなくなる時代が来る。 亡き父の代から言い続けたが、誰も信じてはくれない。 それでも彼女は研究を続ける。 彼女を支える護衛騎士のシークと共に、素材集めや研究に勤しむ日々。 異端と呼ばれようと理解してくれる人が近くにいる。それだけで幸せだった。 そんな日々が唐突に終わりを迎える。 連載するかもしれない短編です。 連載版開始の際はこちらでリンクを用意いたします。
24hポイント 35pt
小説 15,765 位 / 121,420件 恋愛 6,768 位 / 35,864件
文字数 7,931 最終更新日 2021.02.17 登録日 2021.02.17
いつか聖域者(パラディン)になる! 俺を見捨てた奴らも、馬鹿にする奴らも全部踏み台にして、俺が最強だって認めさせてやるんだ! 魔術師の名門エメロード家の次男として生まれたリンテンス。 彼は類まれなる魔術の才能を持ち、幼い頃から神童と呼ばれていた。親や周囲からの期待も高く、最初から成功が約束されたような人生。ゆくゆくは魔術学校に通い、最高位の称号である聖域者に至ると誰もが思っていた。勝ち組街道まっしぐらに思われたが、ある日突然悲劇は起こる。 一筋の雷がリンテンスに落ち、十一種の属性が扱えた魔術が、雷属性一つしか使えなくなってしまった。名門の生まれで一属性しか使えない魔術師などゴミ同然。家族は手の平を返すように彼を見捨て、離れた別荘へと追いやる。 神童から出来損ないになったリンテンスは、一人ぼっちで絶望の淵にいた。自死すら考えた彼を救ったのは、聖域者の称号を持つアルフォース。 アルフォースに才能を見出されたリンテンスは、彼の弟子となり、自分を見捨てた家族や周囲を見返すために再び立ち上がる。 これから始まるのは、一度全てを失った少年が努力と秘めたる力で成り上がり、最強の聖域者となる物語。 そして彼は、彼の元に集った仲間たちと共に、世界の存亡をかけた戦いに身を投じていく。 ※ざまぁは遅めです
24hポイント 347pt
小説 3,703 位 / 121,420件 ファンタジー 829 位 / 31,542件
文字数 134,973 最終更新日 2020.12.18 登録日 2020.10.04
31 12