愚者が描いた世界

 後生の人に『愚か者』『卑怯者』の名で呼ばれ馬鹿にされているアデレード王国の王族であるフリデリック・ベックバード。
 聡明で優しい性格の王子が何故そのように呼ばれる人生を歩むことになったのか?
 平和を求め、民の幸せを望み、国を愛したフリデリック・ベックバードの眼から見た動乱の時代の世界とは、どんなものだったのか? 百年後の世界を生きる学芸員がフリデリックの絵と日記からフリデリック・ベックバードのという人物を紐解いていくがそこにあったのは、世間で言われているような卑屈で卑怯で我儘な人物とはかけ離れたフリデリックの姿だった。
24hポイント 0pt
小説 41,143 位 / 41,143件 ファンタジー 14,288 位 / 14,288件