偽り神官様は恋をする

 魔女(女)であるのにも関わらず、神官(男)だと偽り過ごすルナード。神官長でルナードの祖父マカリーが、婚約者としてディアルディと言う女性を連れて来た。
 ルナードは、マカリーの策略を怪しむも婚約を承諾する。
 ディアルディも秘密を持っていたそれは、ルナードと同じく性別を偽っていたのだった!
 そして、婚約した事により自分の出生に関わるある事が、明かされていく――。
 ドキドキ台詞――。
ルナード 「いいか。私のモノではないけど、彼女は私の婚約者だ。次に触れたら命はないと思え!」
ディアルディ 「つまり、君と結婚してもいいと思っているって事。君は、神官を続けたいんだよね?」
マカリー 「将来の事だ。事が解決したら私は本当に二人が結婚してもいいと思っている。今からそれぞれ、伴侶を探すのも大変だろう?」
24hポイント 7pt
小説 20,236 位 / 80,079件 恋愛 8,122 位 / 21,309件