不治の病で部屋から出たことがない僕は、回復術師を極めて自由に生きる

  生まれてから一度も部屋の外に出た記憶のないバルトラン男爵家、次男のエミリオ。

 彼の体は不治の病に侵されていて、一流の回復術師でも治すのは無理だと言った。
 ベッドに寝ながら外で元気に走り回る兄や妹の姿を見つめては、自分もそうできたらと想像する毎日。

 ある時、彼は母に読んでもらった英雄譚で英雄が自分自身に回復魔法を使った事を知る。
 しかし、それは英雄だから出来ることであり、普通の人には出来ないと母は言う。

 それでもエミリオは諦めなかった。

 英雄が出来たのなら、自分も出来るかも知れない。このままベッドの上で過ごし続けるだけであれば、難しい魔法の習得をやってやると彼は心に誓う。

 ただベッドの上であらゆることを想像し続けてきた彼にとって、想像が現実になる魔法は楽しい事だった。
 普通の者が思い通りにならず、諦める中でエミリオはただひたすらに魔法の練習をやり続ける。

 やがて彼の想像力は圧倒的な力を持つ回復術師への道を進んでいく。

※タイトルを少し変えました。

 他サイト様でも投稿しています。
24hポイント 16,483pt
小説 144 位 / 144,514件 ファンタジー 35 位 / 34,718件