もうやめましょう。あなたが愛しているのはその人です

「それじゃあ、ちょっと番に会いに行ってくるから。ええと帰りは……7日後、かな…」

 申し訳なさそうに眉を下げながら。
 でも、どこかいそいそと浮足立った様子でそう言ってくる夫に対し、

「行ってらっしゃい、気を付けて。番さんによろしくね!」

 別にどうってことがないような顔をして。そんな夫を元気に送り出すアナリーズ。


 獣人であるアナリーズの夫――ジョイが魂の伴侶とも言える番に出会ってしまった以上、この先もアナリーズと夫婦関係を続けるためには、彼がある程度の時間を番の女性と共に過ごす必要があるのだ。

『別に性的な接触は必要ないし、獣人としての本能を抑えるために、番と二人で一定時間楽しく過ごすだけ』
『だから浮気とは違うし、この先も夫婦としてやっていくためにはどうしても必要なこと』

 ――そんな説明を受けてからもうずいぶんと経つ。

 だから夫のジョイは一カ月に一度、仕事ついでに番の女性と会うために出かけるのだ……妻であるアナリーズをこの家に残して。

 夫であるジョイを愛しているから。
 必ず自分の元へと帰ってきて欲しいから。

 アナリーズはそれを受け入れて、今日も番の元へと向かう夫を送り出す。


 顔には飛び切りの笑顔を張り付けて。

 夫の背中を見送る度に、自分の内側がズタズタに引き裂かれていく痛みには気付かぬふりをして――――――。 


24h.ポイント 230,197pt
266,546
小説 1 位 / 185,983件 恋愛 1 位 / 56,429件