恋愛 淫紋小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 淫紋×
8
1
恋愛 完結 短編 R18
いつも通りに作ったまじない符(淫紋符)が効かなかったと言われたと、卸し先のカイから符を返されてしまった魔女のヴィヴィ。 そんなはずはない!と、効果を証明するために自分に淫紋符を貼り付けてしまうが── Twitterで皆さんが淫紋で盛り上がっているので便乗したくなりました☆ 細かい事は気にせずゆるっとお楽しみください ハート喘ぎにもトライしてますので苦手な方は回れ右でお願いしますm(*_ _)m ※この作品はムーンライトノベルズ様・アルファポリス様にて掲載しています ※表紙はPicrewさんの「淫紋メーカー」で作成させて頂きました
24hポイント 156pt
小説 6,941 位 / 124,883件 恋愛 2,987 位 / 35,669件
文字数 5,642 最終更新日 2021.09.26 登録日 2021.09.26
2
恋愛 連載中 長編 R18
NA
タイトルそのまま、えっちいことしてるだけの話です。倫理観ゆるゆる、一人称で淫語多め、なんでも許せる方向け。他の投稿作とだいぶカラー違います。気ままにエピソード追加しています。
24hポイント 71pt
小説 10,763 位 / 124,883件 恋愛 4,776 位 / 35,669件
文字数 61,080 最終更新日 2021.10.17 登録日 2021.07.02
3
恋愛 完結 長編 R18
もし、悪魔との取引で、女性を好きに堕とす力を手に入れたらどうする? そんなバカげた妄想が、ある日、主人公の新里奏夜の日常に舞い降りた。 相思相愛なんて夢物語。叶う事の無いと知って諦めた恋心。 『色欲の悪魔』との出会いが、彼の日常を淫靡なものに塗り替えていく。 これは悪魔の力を得た彼がハーレムを築く話。 ※ノクターンノベルズ様でも掲載中です。
24hポイント 56pt
小説 12,196 位 / 124,883件 恋愛 5,430 位 / 35,669件
文字数 238,297 最終更新日 2021.05.10 登録日 2021.04.04
4
恋愛 完結 短編 R18
国民から圧倒的な支持を受けている天才カリスマ王子が、地位も名誉も全部捨てて、夢だった褐色肌の銀髪爆乳エルフちゃんとえちえちしに行く話。 1年間覗き行為しちゃうほど爆乳が大好きな天才変態王子が、気が強く素直になれない銀髪爆乳エルフちゃんを堕としていく過程をお楽しみください。 人の夢(ばくにゅう)は!!! 終わらねぇ!!!! ※女王様プレイとかは出てきません(マゾ奴隷とかではない) ※前半ちょっと長いけど、後半ほとんどえっちいから許して
24hポイント 28pt
小説 17,352 位 / 124,883件 恋愛 7,463 位 / 35,669件
文字数 31,634 最終更新日 2020.10.22 登録日 2020.10.22
5
恋愛 連載中 短編 R18
魔物がいる世界に転移してしまったカップルが、発情したスライムのお陰でひどい目に会っちゃうお話です。 何処かで聞いたことある名前が出てきますがあちらとは別な世界線です。
24hポイント 14pt
小説 23,480 位 / 124,883件 恋愛 9,786 位 / 35,669件
文字数 15,408 最終更新日 2021.10.03 登録日 2021.09.26
6
恋愛 完結 短編 R18
魔王城を訪れた勇者ダナートは女魔王リィアンに淫紋をつけられてしまう。しかも、触手に縛られて……。とワードは過激ですが、カタブツ勇者✕可愛い女魔王のエロキュンなお話。
24hポイント 14pt
小説 23,480 位 / 124,883件 恋愛 9,786 位 / 35,669件
文字数 10,426 最終更新日 2021.09.19 登録日 2021.09.19
7
恋愛 完結 短編 R18
 副業でカップルに淫紋を彫っているシュシュは、本業の共同経営者・ルクスとギスギスしてる。副業を危険だと反対されているのだ。  大丈夫大丈夫~、と軽くお小言を受け流していたシュシュだが、とある依頼を受けたことでピンチに……。 短めのファンタジーです。残酷度はほとんどありませんが刺青に関する描写があります。 ムーンライトノベルズにも掲載中。Rシーンは8話から。
24hポイント 7pt
小説 28,083 位 / 124,883件 恋愛 12,007 位 / 35,669件
文字数 36,699 最終更新日 2019.08.24 登録日 2019.08.20
8
恋愛 完結 短編 R18
女だてらに王城勤めの近衛騎士であるフレイヤと、生真面目なオークの植物学者のゲルハルト。種族の「普通」から外れた二人は、それはそれは仲の良い夫婦だった。 けれども二人には真剣な悩みがある。 ゲルハルトのものが大きすぎて入らない。 それは当人たちにとっては非常に悩ましい問題だった。 ある日、フレイヤは友人のフレデリカからサキュバスの営む魔法香油店には『夜の魔法香油』があると聞き、喜び勇んでゲルハルトを連れて店に行くことに… ——— オムニバス形式の『魔法香油』シリーズです。 単体でも読めますが、『ヒルダの魔法香油店』を先に読まれると、より楽しめるかと思います。 この作品はムーンライトノベルズ様にも投稿しています。
24hポイント 0pt
小説 124,883 位 / 124,883件 恋愛 35,669 位 / 35,669件
文字数 14,737 最終更新日 2021.01.30 登録日 2021.01.30
8