現代文学 一人称小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 一人称×
7
1
現代文学 完結 ショートショート
空色ワンライ、その2です。 使用素材 https://www.photo-ac.com/
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 164 最終更新日 2021.04.24 登録日 2021.04.24
高校二年生の双葉は従兄弟の正兄に憧れている。恋愛の好きと誤解されやすいが、あくまで憧れ。彼氏の時也は時々、正兄に嫉妬する。 親友の美樹は双葉は正兄が好きだと言って譲らない。 憧れと好きを区別している双葉の考えはあまりみんなに理解されない。 ある日、双葉は正兄が完璧な人間ではないと知る。完璧になりたい双葉は目指す対象を見失ってしまう。 本当はぐにゃぐにゃ歪んでいたこころ、わたしは透明で円く真っ直ぐいたかった。高校二年生の双葉が自分に向き合う青春ストーリー。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 6,382 最終更新日 2021.02.16 登録日 2021.01.17
3
現代文学 完結 ショートショート R18
自らが殺したマフィアのボスの情婦を持ち帰った主人公。彼もまたマフィアのボスであった。 仇である男に犯される女。彼女は死を望みそれを求めたが願いは叶わない。 男が女に存在価値を見い出したからだ。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 1,438 最終更新日 2020.06.20 登録日 2020.06.20
4
現代文学 完結 ショートショート
いつだかお化け屋敷で「客」に説教された「お化け」。 面倒くさい俺の親友の対処法。 親友の篤は野太い性質のくせに怖いものが一つある。正確には「ひとり」いる。本人曰くそれは「最恐」らしい。 俺からすると、篤が間抜けなだけだと思う。 「最恐」の襲来告知に頭を抱える篤の相手が面倒くさくなった俺は、最終的にとある手に頼ることにした。今まで可哀想かと思っていたけど、もう嫌だ。 単体でも読める「永遠故に愛は流離う」スピンオフ作品。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 3,677 最終更新日 2019.10.01 登録日 2019.10.01
繕い続けた自分を変えてくれた「あの子」と「大切な友人」に出会った「わたし」を通して、「わたし」の在り方と「大切な友人」の在り方や想いを見つめる。 日溜まりのようなあの子。 わたしは本当のわたしを覚えた。 「わたし」の視線から追う、切なくも温かいヒューマンドラマ。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 8,003 最終更新日 2019.09.28 登録日 2019.09.28
言葉で全てを伝える僕らは失念していた。表情を変えない彼女と僕は、言葉で愛を伝え合えば満足していた。 ある日、僕らに新鮮でけれども当たり前の変化が訪れた。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 3,748 最終更新日 2019.03.25 登録日 2019.03.25
僕は「死にたい」と、検索エンジンのワード入力欄に打った。  世の中には死にたい人がいっぱいいた。僕と同じようなパターンで、明日が見えなくなった人もいっぱいいた。だからといって、気分は晴れなかった。どうせ、死ぬ勇気だってないんだ。 うまく生きられなくなった人についての、ショートストーリー。
24hポイント 0pt
小説 101,675 位 / 101,675件 現代文学 5,282 位 / 5,282件
文字数 6,544 最終更新日 2018.06.03 登録日 2018.06.03
7