十二支小説一覧

タグ 十二支×
3
1
SF 連載中 長編
とある出会いをきっかけに、その奴隷は兵器になった、兵器になった少女は、自分が兵器だと知りながら、平穏な日々を望む。 しかし、そんな少女の思いの中起こる事件の数々、そんな日々のなか、兵器になった少女は平穏な生活を手にすることが出来るのか… 「主人公は私、 私を初めとした〈十二支計画〉で作られた十二支に出てくる動物の能力や伝承、お話を元に作られた12の兵器達の日常を描くSFアクション?です 絶対見てくださいね?」
24hポイント 0pt
小説 49,148 位 / 49,148件 SF 1,680 位 / 1,680件
文字数 550 最終更新日 2018.05.07 登録日 2018.05.07
ここは人間界とは別の世界、シュトラール王国の物語。 誰しもが一種類の魔法の力を所持している。 《和洋折衷》この言葉がピッタリの不思議な世界観を持つ王国。 その中に十二支の血を引く者が存在していた。 彼女達の力は別格で、計り知れない力を秘めている。 しかし、主人公は十二支の中でタブーとされている『猫』だった。 ある日両親から、謎に包まれた自分の出生を聞かされる。 「ヴィオーラと名乗る人物が、まだ幼いお前を置いて消え去った。彼女がきっとお前の実の母親だ」 十二支から外された猫の血を引いたがために、周囲の人々から除け者にされていた主人公が自分の出生の秘密を探る旅に出る。
24hポイント 0pt
小説 49,148 位 / 49,148件 ファンタジー 16,278 位 / 16,278件
文字数 25,017 最終更新日 2018.10.04 登録日 2018.03.13
ーー古来より、日本や中国には、12の生き物や霊獣を神として祀る慣習があった。 時は移り、舞台は現代の日本。あまり知られていないが、現代の日本においても十二支を神として崇める異能者の家系があった。 その家系は、 北に位置する“鼠宮(そみや)“ 北東に位置する“丑塚(うしづか)“ 丑塚と同じく北東に位置する“寅田(とらだ)“ 東に位置する“卯咲美(うさみ)“ 南東に位置する“巳園(みその)“ 南に位置する“午井(ごい) 南西に位置する“未田(みた)“ 南西に位置する“申川(しんかわ)“ 西に位置する“酉伊(とりい)“ 北西に位置する“戌伊(いぬい)“ そしてーー。中央に位置する“辰城(たつき)“家。 これの十二家が現代の日本における十二支の神官の家系である。 この十二家には本家と分家があり、辰城本家は十二家すべての統括をおこなう為、一族内では〝宗家〟(そうけ)と呼ばれていた。 そんな中、卯咲美本家当主の娘・美卯(みう)に縁談の話が舞い込んできた。 その相手はーー 美卯「え...?!私が宗家の当主に嫁入り...?」 一族の最高権力者・〝辰の君″であったーー。 美卯(わ、私まだ中学生だよ?まだ15歳なのに...) ーーこうして、美卯は18になれば嫁入りすることを命じられてしまったのだ。 美卯「これから私、どうなるんだろう...」
24hポイント 0pt
小説 49,148 位 / 49,148件 ファンタジー 16,278 位 / 16,278件
文字数 4,742 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.14
3