エルフの美少女小説一覧

タグ エルフの美少女×
7
【完結】異世界に来たらドブさらいしか出来る仕事がなかった……。日本から異世界へ来てしまったら、チート能力は何もなく、底辺冒険者としてその日暮らし……。しかし、、幼い頃祖父に教わった剣術『星影流抜刀術』を思い出し、体を鍛え技を磨く。底辺から抜け出してやる!(カクヨムのイベント参加した作品を転載しました)
24hポイント 28pt
小説 15,724 位 / 105,861件 ファンタジー 2,900 位 / 28,041件
文字数 34,391 最終更新日 2020.04.12 登録日 2020.04.12
不慮の事故に巻き込まれた主人公の三鷹杏奈は、神から現在の記憶を持ったまま人や獣人、エルフなどが暮らす異世界アレルガルドで第二の人生を歩むよう勧められ転生することに。転生後、エルフの美しい外見に見惚れていると、偶然通りかかった奴隷商に騙され、バスタリシア王国の奴隷成金令嬢のもとで奴隷として仕えることとなる。そして長い奴隷生活の先にあるひとりの男の子との出会いが彼女の運命を大きく変え、物語は大きく加速してゆく。 この物語は、「俺が勇者でお前が奴隷の世界」と同時に進行しています。 https://ncode.syosetu.com/n1353gh/
24hポイント 7pt
小説 25,036 位 / 105,861件 ファンタジー 4,940 位 / 28,041件
文字数 28,331 最終更新日 2020.09.26 登録日 2020.07.20
本みたいな展開あるわけない思っていたら(フラグ)異世界に召喚されました。 勇者としてエルフやら吸血鬼とかと戦争に加担してほしいそうです。 え...でも私地元で同族相手で戦えないんですけど。 なろうにも投稿
24hポイント 7pt
小説 25,036 位 / 105,861件 ファンタジー 4,940 位 / 28,041件
文字数 3,943 最終更新日 2020.05.20 登録日 2020.05.19
人命救助の為に作り出されたデザインベイビー「綺羅星(きらぼし)銀河」は救助隊のエリート部隊に配属されるも命令違反をしてしまう。  それを咎められ、左遷された先は狂人が集まると言われる『第08魔装救助部隊』だった。そこには美人なエルフの先輩や優しそうな隊長がいて一見普通そうだった。  美人エルフの先輩とコンビを組む事になったが、任務が始まると一変、美人エルフの先輩の冷酷さが露わらになった。だがそれでも人命救助の為に危険な任務を全うする。これは戦いの物語ではない、救命の物語だ。
24hポイント 7pt
小説 25,036 位 / 105,861件 ファンタジー 4,940 位 / 28,041件
文字数 86,357 最終更新日 2020.08.07 登録日 2020.04.02
幼いころから、なぜか女性にモテるボク、小椋 正。 17歳になったとき、ある騒動で高校を休学することになった。 その帰り道、車道にいた大きくて美しい犬を助けると、 不思議な世界で、もふもふの姿になっちゃった。 もふもふでモテモテ、冒険、ちょっとお涙。 エロ濃度は、サブタイトル♡の数でお知らせします! (♡→ちょいエロ/♡♡→エロ) ※完結
24hポイント 7pt
小説 25,036 位 / 105,861件 ファンタジー 4,940 位 / 28,041件
文字数 181,332 最終更新日 2019.10.26 登録日 2019.09.29
 とても小さな村があった。  その村はレイドボスと呼ばれるボスモンスターに滅ぼされそうになっていた。  その時だ。1人の黒髪の少年が表れると、農家、大工、商人、狩人、あらゆる人々を指示して、この村一体で最強と呼ばれたレイドボスを滅ぼしてしまった。  その少年は今では青年になっているはずだった。  その伝説の噂を聞きつけて1人のエルフの少女が彼を探していた。  少女の名前はリリンと呼んだ。リリンはその伝説を探すためにエルフの村からやってきていた。  噂では黒い髪の毛をしているが、切れると赤い髪になるそうで、少女は探し続ける。酒場にて赤髪の青年がアルコール中毒者のごとくお酒を飲みまくっているという所に到達していた。  話によると暇でイライラしているそうだ。    彼こそが赤髪のレイドボスハンター【リュウジ】であったのだから。  これは不器用に生きる赤髪のレイドボスハンターとエルフの少女やまだ見ぬヒロインたちの物語である。
24hポイント 0pt
小説 105,861 位 / 105,861件 ファンタジー 28,041 位 / 28,041件
文字数 16,408 最終更新日 2020.07.08 登録日 2020.07.05
 師と仰いだ人と同じ轍を踏まないように、計画的な冒険者引退を計ってきた三十代半ばのガイル。  その日、冒険者として最後の依頼を無事終えることができた彼が、感慨深く安い酒を楽しんでいる前へ、依頼で同行したエルフの美少女パメラがやって来るなり居丈高に口にした。 「魔剣を譲りなさい!」  旅の途中に彼女の事情を知った後では断りづらい。冒険者から足を洗うのが目の前でもあって、剣を手放すのはやぶさかではない。  二人は彼の部屋へと場所を移して剣を見せる予定だったのに見せることにはならず、色々と見せることになったのはパメラのほうだった。  おかげでそのまま付きまとわれることになり、ホームタウンへ戻っても緊急クエストが発生して強制参加を余儀なくされる。  最後のクエストを終えたと考えていた三十代半ば男の旅の幕引きは、彼の意思とは関係なくさせてもらえそうになかった。
24hポイント 0pt
小説 105,861 位 / 105,861件 ファンタジー 28,041 位 / 28,041件
文字数 103,530 最終更新日 2020.05.06 登録日 2018.08.17
7