紫蘭

紫蘭

紫蘭と申します。青春、ヒューマンドラマをメインに恋愛小説やファンタジー小説も書いています。よく読むのはファンタジー小説です。
16
彼女が生涯で唯一愛した人は、双子の姉を愛していた。 レイナ=アイドクレースには瓜二つの双子の姉がいた。彼女の名はアイリス=アイドクレース。アイリスは体が弱く、知能にも障害を抱えていたが、真っ直ぐで純粋な心の持ち主だった。 対してレイナは活発でお転婆、好奇心旺盛で剣術から勉学までなんでもこなす優等生。苦手なことは刺繍と音楽。 2人の娘たちはアイドクレース侯爵の自慢だった。 レイナには幼い頃からの友人が5人いた。騎士のラエル、執事のリアン、メイドのスミカとフレナ。周りの大人、特に母親であり、侯爵夫人であるルナリア=アイドクレースは虚弱だったアイリスにかかりきりだったから、レイナはこの4人と共に育った。 社交界デビューが目前となった15歳になり、アイリスが熱を出す頻度も少なくなってきてからは、6人で常に一緒だった。 ある日、アイドクレース侯爵は2人の娘の音楽の教師として、リスト=ルチルを招く。 彼は女性らしいことが苦手というレイナの欠点を知り「君のままでいい」と言葉をかける。 「レイナ様は強くてかっこよくて優秀でいらっしゃるけれど、どうも刺繍や音楽は……。レイナ様が男だったら……」と言われて続けてきたレイナはリストの言葉に救われ、惹かれ始める。 しかし、リストの目に映っていたのはレイナと瓜二つの姿をしたアイリスだった。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 ファンタジー 42,139 位 / 42,139件
文字数 37,692 最終更新日 2023.10.16 登録日 2023.08.31
ある日小学校の図書室で、りつはうっすらと光る本を見つける。開くと光っていたのは間に挟まっていた手書きの楽譜。 りつが楽譜の通り歌うと、辺りはモヤに包まれ、気がつくと知らない建物中にいた。 そこで出会ったのは魔法使いの女性と1羽の小鳥。 そこからりつの秘密の放課後が始まる。 魔法使いの女性の正体とは、そしてりつが不思議な場所に呼ばれた理由とは。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 児童書・童話 3,205 位 / 3,205件
文字数 25,108 最終更新日 2023.09.05 登録日 2023.07.25
少女は祈る。雨よ降れと――。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 ファンタジー 42,139 位 / 42,139件
文字数 7,228 最終更新日 2023.09.04 登録日 2023.08.31
アルファポリスでの収益報告、どうやったら収益を上げられるのかの試行錯誤を日々アップします。 アルファポリスのインセンティブの仕組み。 ど素人がどの程度のポイントを貰えるのか。 どの新人賞に応募すればいいのか、各新人賞の詳細と傾向。 実際に新人賞に応募していくまでの過程。 春から新社会人。それなりに希望を持って入社式に向かったはずなのに、そうそうに向いてないことを自覚しました。学生時代から書くことが好きだったこともあり、いつでも仕事を辞められるように、まずはインセンティブのあるアルファポリスで小説とエッセイの投稿を始めて見ました。(そんなに甘いわけが無い)
24h.ポイント 390pt
小説 2,962 位 / 183,614件 エッセイ・ノンフィクション 68 位 / 7,765件
文字数 80,760 最終更新日 2023.08.22 登録日 2023.04.12
生まれる前から隣にいた君へ。 隣にいるのが当たり前で、離れるなんて考えもしなかったあのころ。 何年ぶりかに見る君の顔はあの頃の面影を残しつつ、私の隣にいた君の笑顔ではなかった。 忘れられない初恋の記憶。 大人になってそれに触れた時、人は何を思うのだろうか。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 恋愛 55,977 位 / 55,977件
文字数 30,152 最終更新日 2023.08.19 登録日 2023.06.28
大衆文芸、ライトノベル、ライト文芸……。多様化する新人賞の詳細と歴代の受賞作品から傾向をまとめてみました。 自身が応募する新人賞を選ぶにあたって、カテゴリーエラーを少しでも減らすために、研究したものを文章にまとめたものです。 あくまで1個人の考察ですが参考になれば幸いです。
24h.ポイント 106pt
小説 8,894 位 / 183,614件 エッセイ・ノンフィクション 206 位 / 7,765件
文字数 1,024 最終更新日 2023.07.20 登録日 2023.07.04
先日、宮崎駿監督の最新作『君たちはどう生きるか』を観てきた。 私とジブリ作品との出会い、そして最新作を観て感じたことをここに書き留めておく。 ⚠この作品は『君たちはどう生きるか』の感想を含みます。 内容にはできるだけ触れずに話していますが、観て感じたことについては語っているので、この先に進まれる方はご了承ください。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 エッセイ・ノンフィクション 7,765 位 / 7,765件
文字数 1,215 最終更新日 2023.07.19 登録日 2023.07.19
私の人生の岐路にはいつもその車が目の前を通る。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 青春 6,464 位 / 6,464件
文字数 5,525 最終更新日 2023.06.30 登録日 2023.06.30
私が読んだ本の感想とこんな人に読んで欲しい、こんな時に読んで欲しいといったことを書き連ねていきます。 メジャーなものからマイナーなものまで紹介していきたいです。 私が紹介した本が、誰かの素敵な出会いに繋がっていますように。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 エッセイ・ノンフィクション 7,765 位 / 7,765件
文字数 1,495 最終更新日 2023.06.17 登録日 2023.05.12
ライト文芸 完結 ショートショート
どうしようもなく、私はこの世界で生きていくのに向いていない。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 ライト文芸 7,345 位 / 7,345件
文字数 1,309 最終更新日 2023.06.16 登録日 2023.06.16
ライト文芸 完結 ショートショート
それは衝撃を私に与えた。 久しぶりに味わう興奮。 実感する。私は今生きているのだと。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 ライト文芸 7,345 位 / 7,345件
文字数 924 最終更新日 2023.05.20 登録日 2023.05.20
現代文学 完結 ショートショート
いつも気づかないで通り過ぎていた小さな神社。今日はなんだかたまたま目に入った。彼女の脳裏に浮かんだのは最近体調を崩しているらしい昔の仲間。導かれるようにして彼女は境内に足を踏み入れた。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 現代文学 7,788 位 / 7,788件
文字数 1,124 最終更新日 2023.05.18 登録日 2023.05.18
過去に書いたエッセイ、ふとした幸せ、現在思っていること。そんな日常の小さなことを日々更新していきます。 「1500円の幸せ」 世界を一変させたとあるウイルスが流行りだして1年が経った、2021年に書いたエッセイになります。 激変した世界、家から出ずに過ごす毎日。そんな中で出会ったたった1500円の私の幸せ。 1年で一番幸せな日はきっとこんな日なのだ。 「硝子の中の私だけの世界」 幼いころから好きだった私だけの世界。小学校、中学校、高校、大学、そして社会人になってもそれは変わらない。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 エッセイ・ノンフィクション 7,765 位 / 7,765件
文字数 2,920 最終更新日 2023.05.10 登録日 2023.04.15
「おまえ、だからずっとここにいたのか」 駐車場運営会社に勤めている鈴木将人のもとに届いたのは1通のクレーム。それは黒猫がずっと居座っているというものだった。黒猫の糞や尿といったもので愛車を汚された顧客に言われ、将人は黒猫を追い払いに行く。どんな手を使っても離れようとしない黒猫に、将人はだんだんと情が湧いてくる。そんな中知った黒猫がここに居続ける理由。1人と1匹の出会いの物語。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 ライト文芸 7,345 位 / 7,345件
文字数 5,168 最終更新日 2023.05.09 登録日 2023.04.26
現代文学 完結 ショートショート
聴こえてきた音楽はあの頃と同じで、あの頃と違った。 新社会人となったばかりの紗菜は代わり映えのしない毎日を過ごしていた。そんな時にふと流れてきた音楽。それは毎日が楽しみで溢れていた学生時代によく聴いた音楽。あの頃と変わらない音楽はあの頃と違った形で、鳴り響く。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 現代文学 7,788 位 / 7,788件
文字数 1,122 最終更新日 2023.04.24 登録日 2023.04.24
果たされなかった約束。私たちはあの日の忘れ物を取りに来た。 3年ぶりに帰る地元。懐かしさに溢れるそこで、彼女は中学生の頃の仲間たちに再開する。ともに青春を過ごした仲間たちと毎日のように通った音楽室へ向かうと、そこはあの頃と同じようであのころと違った。彼女たちがここに集まった理由、それは恩師との約束を叶えるため。約束の調べは天へと響く。 下手くそで泥臭く、まっすぐな先生に教わったハーモニーが。
24h.ポイント 0pt
小説 183,614 位 / 183,614件 青春 6,464 位 / 6,464件
文字数 3,564 最終更新日 2023.04.11 登録日 2023.04.11
16