純文学のブックマーク ~栞と五人の文芸部員~

中学2年の夏。父の転勤で東京の学校に転校した栞は空虚な日常を送っていた。ある日、祖母の経営する喫茶店に半井水貴と瀬戸浩樹という2人の少年がやってくる。最初はあまり打ち解けられなかった栞も次第に彼らと親交を深めていく。
栞はやがて彼らと一緒に二子玉川高校に進学した。そして彼らと共に「ニコタマ文芸部」という部活動をすることになる。
少年少女が文芸部での活動を通して成長する姿を描いた青春小説。
24hポイント 0pt
小説 148,840 位 / 148,840件 ライト文芸 6,105 位 / 6,105件