あの日、心が動いた

「明里朱里(あかりあかり)という名前が嫌だから」と妊娠中の妻に離婚を切り出された明里悠也。

 その妻が突然居なくなって、あの時妊娠していた双子を児童養護施設に入れない為に悠也が引き取る事になる。悠也も児童養護施設育ちだった為に、自分の娘達を施設に入れる事が出来なかったのだ。

 双子の一花と百花は天真爛漫で、常に悠也を振り回すが、悠也も何とかシングルファザーとして努力していた。

 ある朝双子の世話に困って、つい大きな声を出してしまった時、アパートの隣室に住むシングルファザーの高橋が部屋を訪れる。

 それをきっかけに隣室同士のシングルファザー達は交流を持つことになった。

 
 二つの家族のそれぞれの悩み、そして新たな家族のカタチとは……

 
24hポイント 1,192pt
小説 1,400 位 / 148,846件 現代文学 8 位 / 6,604件