日常探偵団

 八坂中学校に伝わる七不思議。その七番目を解決したことをきっかけに、七不思議全ての解明に躍動することになった文芸部の三人。人体爆発や事故が多発、ポルターガイスト現象が起こったり、唐突に窓が割れ、プールの水がどこからか漏れる。そんな七不思議の発生する要因には八坂中学校の秘密が隠されていた。文芸部部員の新島真は嫌々ながらも、日々解決を手伝う。そんな彼の出自には、驚愕の理由があった。

 ※本作の続編も連載中です。

 一話一話は短く(2000字程度。多くて3000字)、読みやすくなっています。

 ※この作品は小説家になろう、エブリスタでも掲載しています。
24hポイント 85pt
小説 7,985 位 / 91,665件 ミステリー 80 位 / 2,138件