ヒノモトオンライン~フレンドリストにのらない友達~

「どうしてゲームの中の僕は女の子になっちゃったんだろう」
謎の鬼面アバターとの出会いが、僕の小さな変革のはじまりだった。




大正時代をモチーフにした超バーチャル世界体験ゲーム《ヒノモトオンライン》。
通称《ヒノモト》と呼ばれるそのゲームでは、プレイヤーが心から望んだ姿が自動的にアバターとして生成される。

四季島夏樹(しきしま・なつき)。中学二年生の男の子。
なぜかヒノモトでは「ハルキ」という名前の巫女になってしまった夏樹は、自分のアバターに疑問を持ちながらも、飽き性の友人と一緒になんとなくゲームを楽しんでいた。

そんなある日、夏樹は毒の泉の中で身動きできずにいる謎の鬼面アバターを助ける。
呪われていたり、警察に追われていたりと、面倒ごとをたっぷり抱えている彼との出会いをきっかけに、夏樹の小さな小さな変革がはじまった――。





テーマパークのような世界《ヒノモト》を舞台に、

「どうして夏樹は女の子に?」
「鬼面って、いったい何者?」

という謎を追いながら、

イベントに参加したり、
スイーツの食べ歩きをしたり、
大正ファッションに着替えたり、
メロンパンの物怪と戦ったりして、

子どもたちがちょっとでも顔を上げて、
ちょっとでも前に進めるようになる。

そんなお話です。




※ 画像は「かんたん表紙メーカー」様で作成しました。
24h.ポイント 0pt
0
小説 185,274 位 / 185,274件 児童書・童話 3,218 位 / 3,218件