現代文学 学生小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ 学生×
11
内容は題名のとおりです。
24hポイント 298pt
小説 4,380 位 / 125,027件 現代文学 34 位 / 6,215件
文字数 5,605 最終更新日 2019.04.26 登録日 2019.04.26
心療内科に通う女性の日々高まりゆく感情の移り変わり。 心の中で消える事のなく揺らぐ一つの葛藤に抗う日々。  彼女が選んだ自身の結末と、彼女の願いは……。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 46,778 最終更新日 2021.08.30 登録日 2021.08.30
卒業式と祝辞のお話です。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 2,107 最終更新日 2021.05.28 登録日 2021.05.28
5
現代文学 完結 ショートショート
何事も言葉から
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 538 最終更新日 2021.01.19 登録日 2021.01.19
6
現代文学 完結 ショートショート
ある子どもの食事事情について。 即興小説リメイク作品(お題:経験のない味 制限時間:15分) リメイク前初出 2020/06/05 この作品は(pixiv/note/小説家になろう)にも掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 772 最終更新日 2020.07.25 登録日 2020.07.25
尊大な自尊心を抱えた大学生の人生。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 6,684 最終更新日 2020.06.30 登録日 2020.06.30
駅近くのアパートに住む僕は、隣の部屋に住んでいる彼女と、今日も話している。 話すにつれ次第に現れる彼女の秘密。 彼女を知るに連れて考える僕。 彼女はいったい何者なのか、僕はいったい何者なのか。 醜い性も、暴力も、愛も、全部全部、自分なんだ。 彼と彼女が織りなす圧倒的本格清純派ラブストーリー。 貴方はこの作品を見て、 今日も、醜く生きている。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 7,822 最終更新日 2020.06.25 登録日 2020.06.14
9
現代文学 連載中 長編 R15
人間とはなんて儚くて愚かなのだろうか。 時に、学生という一時の身分に熱を浮かせて悠々自適に生きる奴らは特に愚かしく感じられる。 一番人を愚かにそして儚くさせる学生時代を強く生きる彼女。 この物語は、彼女から見る世界を描いたものである。 ✄--------------✄ 作品に登場する人物の思想をより生々しく描きたいため、後半から所々人間の体で事を表現する場面がいくつか出てきます。(R指定もの) その様な表現が出てくる話は、゛※ ゛マークをつけています。 大変汚らしいかもしれませんが、それもこの小説の味だと思ってくだされば幸いです。 ※本編では、些細な事もその人自身にとって大きな問題である。というのを大袈裟に表すことを念頭に置いて描いていますので、常識外れな人物のみの登場となっております。ご了承ください。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 8,995 最終更新日 2019.12.16 登録日 2019.12.14
 親が離婚をするらしい。  現代社会において離婚率は三割を超えるようで。  だから気にする事では無いみたいで。  或いは辛いね辛いねと慰められる事のようで。  私の気持ちは宙ぶらりんだ。  誰も掴めやしない。  誰も理解はしてくれない。  勿論、宙へ浮いた気持ちは私にも知れない。  周りに求められている自分も。  悲劇の最中にいる気の自分も。  きっとどちらも自分じゃ無い。  そもそも自分なんてずっと居なかった。  誰かに依存していたんだって気付いた。  友達に、憧れの人に、親戚や、両親に。  愛されていたかったから。  愛される着ぐるみを着たんだ。  それに気付いたからかな。  いいや、そんなの関係無かった。  そんなのは一人の時間が生んだ只の自己分析で。  結局はただ逃げ出したかっただけなんだ。  何も考えたくなくてここに着いた。実習棟一階の階段横の物置。ここには誰も来ないし、来たところで皆無関心だ。けれど逃げた先でも、自分自身は絶対に私を逃がしてくれはしなかった。  そこへふらっと貴方が現れた。ボロボロの身体で、反骨の心を顕にした顔つきで。貴方を一目見ただけで、私は少し救われた気がした。貴方は俯いて泣いていた私を見て、どう思っていたんですか。
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 10,905 最終更新日 2019.11.22 登録日 2019.10.15
観覧車ののりカゴ同士はくっつくこともなければ離れることもない。 そんな付かず離れずの曖昧な距離感・・・
24hポイント 0pt
小説 125,027 位 / 125,027件 現代文学 6,215 位 / 6,215件
文字数 7,970 最終更新日 2019.05.19 登録日 2019.05.19
11