満月小説一覧

タグ 満月×
7
満月をテーマに、まったくイメージの違う短編2作を作成してみました。 満月の贈りもの ケーキを囲んで、蒼良の誕生日をしていたが、蒼良は「ママの嘘つき」と言って泣き出した。 蒼良は誕生日には父親が帰ってくると信じていた。 しかし、実際は、蒼良の父は3年前、交通事故で他界していた。 悲しませないために、誕生日には帰ってくると、嘘をついていたのだ。 いつまでも隠しきれないと悟った私は、蒼良に本当のことを告げた。 そして、あの満月とともにパパは帰ってくるからと言ってしまった。 それから満月は蒼良にとって父親になった。 そしてその後の蒼良と名前に隠された真実がほんわか、あったかい気持ちになります。 檻の中の月 いつも警察のお世話になる手のつけられない俺。 酒におぼれ、自分の不甲斐なさをいつも他のせいにしてきた。 そんな俺を檻の中の月は小馬鹿にして・・・ 酔いが覚めた次の日、迎えに来たのは母ではなく妹で、母が倒れたことを知る。 自分自身の愚かさと向き合うとき、月は俺に違った姿を見せてくれる。 人間は弱い、けれど・・・ときに強くなることができるのもまた人故なのである。 満月を通して、改めて生きること、家族の愛情に気づいていただければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 青春 4,417 位 / 4,417件
文字数 4,239 最終更新日 2021.06.05 登録日 2021.06.05
 俺は高城(たかじょう) 眞都(まなと)。父親が宮司をしていて、ほぼ毎日のように神社の掃除をさせられている。  しかし十五夜の日、俺の目の前に月からやって来たと言う1人の女の子が現れた。  名前は美月(みつき)。美月は治せない病気を持っていて、月からやって来たお姫様らしい。  俺は美月を初めて見た時、運命を感じた。  細かいことは関係ない。俺はただキミとずっと一緒に居たいんだ━━━━━━ ※小説家になろう、カクヨムにも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 恋愛 32,290 位 / 32,290件
文字数 7,743 最終更新日 2021.01.25 登録日 2021.01.25
3
ホラー 完結 短編 R18
※BLのつもりで有りましたが、どうも違う?と、ホラーへ変更しました。 ⚠18禁BLものです⚠ 長い事空き家で、僕の『秘密基地』だった隣の戸建てに越して来た妖しい美貌の男の子…ひょんな事から彼への欲望が加速して行き、独りでは抱え切れなくなって行った僕は、千載一遇、彼の部屋を行き来出来る事となり… 現場を覗き見ながらの自慰行為や、妄想エッチ場面も有り、嫌悪を感じそうな方はご注意下さい。 ジャンル変更したものの、ホラーでも無いとは分かっていますが、 『心の闇』を恐怖と感じて貰えてら幸いです。 ※自己責任でお願いします※
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 ホラー 3,933 位 / 3,933件
文字数 8,253 最終更新日 2021.01.08 登録日 2021.01.08
4
現代文学 完結 ショートショート
今日は満月だとスシローで誰かが言うてはりました。 多分、子供でした。
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 現代文学 6,112 位 / 6,112件
文字数 207 最終更新日 2020.11.03 登録日 2020.11.03
5
恋愛 完結 ショートショート
大きな満月は白く光り輝き、湖の水面に映ってゆらゆらと揺れていた。
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 恋愛 32,290 位 / 32,290件
文字数 732 最終更新日 2020.05.22 登録日 2020.05.22
6
恋愛 連載中 長編 R18
エルフに買われた少女。 少女を買ったエルフ。 抱かれたい。 抱きたい……、でも。 相手を思うからこそ、手を出せない。 ☆不定期☆なのでお気に入りチェック入れて読んでいただけたら嬉しいな(ФωФ) エロ好きでエロに走りやすいのですが、 じれじれっと、もどかしいを綴ってみたくて。 R18に設定してますが、当分ないかも。 ルーシーの妄想や、ルーシーチャレンジはあるかも! 頑張れ、ルーシー!!
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 恋愛 32,290 位 / 32,290件
文字数 18,524 最終更新日 2019.08.09 登録日 2019.08.06
7
SF 完結 短編
 仕事帰り。親友との思い出のウィスキー「グッドオールド」を購入するため、男は酒屋へ寄った。男は店主との会話で、いつのまにか過ぎ去っていた日々(時間)に気が付き、暖かく寂しい気持ちのまま、店を後にした。  寒い冬の風に、男はふと昔の事を思い出す。それは滞在型新人研修で訪れた先「ニッポン」で出来た親友との日々だった。  そして男は、妻の待つ家に向かい、超電導ライナーへ乗り込むのだった。  親友との出会いと別れを綴った、SF文学作品「満月は今日も浮かぶ」。ぜひ、自分のお好きなお飲みものと一緒に楽しんでください。
24hポイント 0pt
小説 112,320 位 / 112,320件 SF 3,220 位 / 3,220件
文字数 19,423 最終更新日 2018.04.03 登録日 2018.04.03
7