偏見小説一覧

タグ 偏見×
5
1
恋愛 連載中 短編
容姿のせいで偏見を受ける伯爵令嬢は、同じくその珍しい見た目のせいで悪魔と称されるカイゼル・ハディソン公爵にある日突然公爵邸に招待される。 妹に恋をしている彼の相談相手になっているうちに、彼女は公爵を好きになってしまっていて… ノリと勢いで最初から最後まで一気に書き終えてしまったので拙いところしかありませんが息抜きにでもどうぞ(;▽;) 誤字の確認も面倒くさくてしてません! 指摘してくれたら嬉しいですごめんなさい!
24hポイント 78pt
小説 7,732 位 / 87,159件 恋愛 3,293 位 / 22,983件
文字数 28,499 最終更新日 2020.10.06 登録日 2020.08.06
2
恋愛 完結 短編
 高嶺の花として扱われ、誰も近寄ってこないレティシアに、結婚の話が舞い込んだ。相手は、五回の結婚がすべて破綻した伯爵で、彼の領地には、バケモノがいると言う。  ※一部差別的な表現が出てきます。  ※一度過去に削除しました。再投稿作品です。申し訳ございません!  ※外部サイトにも改稿前の作品を掲載しています。
24hポイント 7pt
小説 19,980 位 / 87,159件 恋愛 8,170 位 / 22,983件
文字数 36,025 最終更新日 2019.05.05 登録日 2019.05.05
この作品は自主制作映画化を前提として戯曲形式で書かれています。 この物語はフィクションであり、実在する人物や会社等は架空のものとなっております。 「back beat 1」の続編です。 宮城県仙台市にある芸能プロダクションを舞台に主人公である演技講師荏原とレッスン生達が繰り広げる青春ストーリー。 人に色がついて見える青年「拓真」が新たにオーディションに合格し、荏原のクラスに加入した。 彼は人とはどこか違う感覚を持っている。 「みんなと違うということは悪いことなのか?」 「みんなと同じでなければ、夢すらも目指しちゃいけないのか?」 荏原はレッスン生達を導いていけるのだろうか…。 この作品は私の近所にN男君という男性がいました。 私は当時5才でした。 N男君はいつも白いタンクトップ…昔で言うとランニングシャツに作業ズボン、靴の踵を踏み潰し同じ時間に一人で散歩に出かけていました。 誰とも目を合わせず、いつも視線は宙を見つめたまま、近所の人に何を言われようとも、悪ガキにバカにされようとも同じ表情、「同じ目の色」で近所にある線路…電車を見るために散歩に出かけていました。 当時私の家では父と母が毎日の様に夫婦喧嘩をしておりました。 その日は特に激しく父が母を殴り、テーブルをひっくり返しガラスは割れ、今ならば警察がきて大変な事になるのではないかという程の夫婦喧嘩をしていました。 とばっちりをくらい、父から「テメェは表に出てろ」と怒鳴りつけられて緑色のゴムボールだけを持って表に出ました。 近所中に父と母の怒鳴り声やガラスの割れる音、人がぶっ飛ばされて響く音…丸聞こえだったと思います。 表に出た私は何故か緑色のゴムボールをお向かいのブロック塀にぶつけて一人だけでキャッチボールを始めました。 初めは軽く投げていたはずが、苦しかったのか、やるせなさなのか、悲しみなのか、怒りなのか覚えていませんが、いつの間にか力一杯壁に向かって緑のゴムボールを投げていました。 ボールを受け損ない右に転がっていくと、そのボールを拾ってくれる人がいました…。 N男君でした。 N男君は私にボールを渡してくれました。 いつもは何があっても表情を変えず、どこを見てるかわからない、目の色のない彼がその時だけ…その時だけ悲しげな、寂しげな、何とも言えない顔で私にボールを渡してくれました。 その時に子供ながらに思ったことは「この人にはこの世界はどう見えているんだろう?」 「この人に今の僕はどう見えているんだろう?」 その後私は親戚中をたらい回しにされ、何回も引越し、名字も変わりました。 N男君がどうなったかはわかりません…。 今回の作品はN男君からインスピレーションを受けて描き始めました。 この作品は「小説家になろう」「エブリスタ」「ノベルアップ+」においても公開されております。
24hポイント 0pt
小説 87,159 位 / 87,159件 青春 3,745 位 / 3,745件
文字数 11,679 最終更新日 2020.06.11 登録日 2020.06.04
吸血鬼は人間の血を吸い、吸われた者は下僕となる。太陽の光を浴びると燃えて灰になる。白木の杭で心臓を突き刺されると絶命してしまう。銀製の物で受傷すると大ダメージを負い、銀製の刃物で首を切り落とされると絶命してしまう。コウモリとオオカミとネズミに変身可能。クロスとニンニクが苦手。中が赤くフワフワの棺桶で眠る。鏡に映らない。そして、基本的には不老不死の怪異。 ↑ だ、そうで。 が、しかし。 吸血鬼なる怪異の者が実在するとして、これ等の全て一切合切が偏見であったとするなら。さて、どうだろうか? 見た、聞いた、触れた、考えた、思った、感じた、この内のどれか一つだけの情報で、たった一つだけで、そうに違いないと決めつけ、確認もせず何故か確信しているという事はないだろうか。そしてそれが間違っていると、言ってくれなければ判らないと言い訳して逃げたり、それでもそうに違いないと認めずにいたりしてはいないだろうか。勝手に決めつけたその偏見は誤解を生み、誤解は争いを招く。もしかしたら、この世の中にはそのような事がとても多いのではないでしょうか。争いという無惨は戦争という凄惨にまでその被害を拡大し、憎しみを増し、悲しみを残して次の世代へと受け継がれていく。笑顔のままでいられたかもしれないのに、傷つかずに済んだかもしれないのに、歴史に影を記しながら時間をすごすのだ。 偏見なき世の中。 偏見なき世界。 個々がそれぞれに自分自身の欲望で他者を傷つけるという行為を恥じた時、慎んだ時、悔やんだ時、きっとその環境は穏やかで、和やかな、楽しい時間となって笑顔を共有している筈だ。そんな時代など、儚い夢でしかないのだろうか。 そんなワケで。 ここに紡がれた物語は、偏見を背負った吸血鬼と元人間の、偏見から解放されて再び偏見に見舞われるまでの、けれどたしかに幸せに満ち溢れてもいた、ほんの一部始終です。 どうか、 笑顔が心に宿りますように。
24hポイント 0pt
小説 87,159 位 / 87,159件 大衆娯楽 2,689 位 / 2,689件
文字数 112,195 最終更新日 2019.10.13 登録日 2019.10.13
50代の男性の一言がもとで女子高生の千鶴と韓国人留学生のキムジウが慰安婦問題の解決のために家族や新たな仲間たちと活動を始める。その背景にあるものの正体とは何か?なぜ、日韓関係がここまでこじれて行ったのか?その正体を知らずに活動を反対する大人たちの背景にあるものは何なのか?をそして千鶴はいつしか問題の本質に近づいて行く。
24hポイント 0pt
小説 87,159 位 / 87,159件 青春 3,745 位 / 3,745件
文字数 130,915 最終更新日 2020.03.08 登録日 2019.10.06
5