主道 学

主道 学

初めまして。2018年12月9日に登録しました。色々な物語を書いています。
36 12
マレフィキウム古代図書館の片隅で、本棚から十冊の本物の魔術書がエニグマ 零次の目の前で消えた。 その中で禁断の魔術書は開くと世界が終わると言われている。 零次は仲間と共に戦う決意をする。 サイエンスの知識を駆使して、本物の魔術師と戦え!! そう、世界が終わりを告げるまで・・・・。 (R15推奨 他サイトの作品と並行して書いていますので、更新がだいぶ遅くなる場合があります汗)
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 ファンタジー 34,310 位 / 34,310件
文字数 19,695 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.04.07
現代から、ひょんなことから1661年の第17代目当主伊達政宗となった俺は、黄金の国ジパングを狙う大海賊ベンジャミン・ホーニゴールド相手に大奮闘。 来なくていい奴もクラスメイトのあの子もこっちの世界へと来た。だけど、この世界。何か変だ……? 胸騒ぎがする? だけどもうやるしかない。 いざ、参る。 R15推奨 イニシエと並行して書くので更新が遅い場合があります汗
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 ファンタジー 34,310 位 / 34,310件
文字数 18,833 最終更新日 2022.05.18 登録日 2022.04.07
児童書・童話 完結 ショートショート
正体は秘密です。 表紙画像はフリー素材をお借りしました。 ぱくたそ様。素敵な表紙をありがとうございました。
24hポイント 42pt
小説 17,896 位 / 140,598件 児童書・童話 36 位 / 2,441件
文字数 1,413 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.05
ホラー 完結 ショートショート R15
 空から天の恵みが降ってきた。  それも激しくザンザンと。  風はなくて。  ただ、暗闇の中で二人で佇む。 「きっと……ねえ……ん? そうでしょ」 「そうね……」  不思議な夏休みのお話です。  表紙画像にはフリー素材をお借りしました。  ぱくたそ様。素敵な表紙をありがとうございました。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 ホラー 4,941 位 / 4,941件
文字数 1,399 最終更新日 2022.04.29 登録日 2022.04.29
児童書・童話 完結 ショートショート
おじいちゃんの御遣いの途中に、空飛ぶ無人の宝船が飛んできた!
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 625 最終更新日 2021.01.31 登録日 2021.01.31
 カンカン。カンカン。  遮断機が降りて来た。  雨の降る街で。  カンカン。カンカン。カンカン。カンカン。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 1,475 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.21
あの世とこの世の境界線には、不思議なところがある。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 4,091 最終更新日 2021.01.11 登録日 2021.01.11
児童書・童話 完結 ショートショート
「うっ、痛い!」  一人の男が突然倒れた。  ここはアパートの1DK。男は独身で友達も恋人もいなかった。けれども一匹の捨て猫を拾い。それ以来可愛がっていた。 「ニャー!」  捨て猫のミケは名前も男につけられていて、とても可愛いがられていた。  原因不明の痛みで倒れた男。  このアパートでは住人はみんなその男の名前も知らないほど疎遠だった。  もはやこれまでという。    その時。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 338 最終更新日 2020.12.04 登録日 2020.12.04
 私はふたを開けてしまった。  母には決して開けてはいけないと言われていたけれど、どうしても開けたかったのだ。それは銀紙チェックの少しお洒落な箱だった。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 1,139 最終更新日 2020.12.01 登録日 2020.12.01
汚れた空からの贈り物。 おれには、掃除をしろよとも思えた。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 1,971 最終更新日 2020.01.20 登録日 2020.01.20
児童書・童話 完結 ショートショート R15
安達 菊は齢100歳であった。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 742 最終更新日 2020.01.03 登録日 2020.01.03
児童書・童話 完結 ショートショート
男は勤続30年なのに、幸運の女神に怒っていた。 何故なら真面目に長い年月働いていても、幸運が巡ってくれないのだ。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 893 最終更新日 2019.08.23 登録日 2019.08.23
児童書・童話 完結 ショートショート
人ごみの中、上から誰かがやって来た。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 567 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.08.21
 真昼の丁度、食事を終えた頃は、眠い。  薄暗い小屋の中で、中年女性のおしゃべりに耳を傾けて、適当に相槌をうっていると、ついウトウトとしてきた。  午後の三時になると、一変して、まるで白昼夢のようなまどろみの中で、動悸が治まらない。  私は占い師の見習い。  今年で14歳になる中学生の女の子。  見習い占い師の失恋の物語。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 4,809 最終更新日 2019.07.18 登録日 2019.07.18
児童書・童話 完結 ショートショート
 薄暗い森には、かなり痩せこけた老婆がいる。  なんでも、罪人を集って暮らしているらしい。  そのせいで、街には罪がなかった。 (とがびともりのもり)と読みます。     私は罪のない街で生まれた。  罪人を集める老婆がもう長くないと知った。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 1,168 最終更新日 2019.07.15 登録日 2019.07.15
 ある日のこと……フリーターの赤羽 晶は、嵐の中。喫茶店へと止む無く入り店主に勧められたコーヒーを飲んで帰って行った。だが、そのコーヒーは南米の邪悪なシャーマンによって呪いがかけられていたコーヒー豆でできていた。  唐突に赤羽の周辺で悪夢のような夢の侵食が始まる。  異変の中、六人が仲間になる。  昼と夜の怪物ウロボロス(メルクリウス)の蛇が現実を破壊する。  南米での最終決戦。 「決して夢の中では死んではいけない! 生きろ!」  フリーターが世界を救う物語。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 ホラー 4,941 位 / 4,941件
文字数 113,784 最終更新日 2019.06.25 登録日 2019.05.17
児童書・童話 完結 ショートショート
「すべてまーるい」  そう、おばあちゃんが言っていた。  でも……。  これはぼくの嘘さ。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 518 最終更新日 2019.06.23 登録日 2019.06.23
児童書・童話 完結 ショートショート
朝、昼、そして太陽も知らない夜の街の人たち。 私は恋をした。 でも、決して後悔なんてしない。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 995 最終更新日 2019.06.04 登録日 2019.06.04
「おいおい。泣いていないで、さ、さ、冷たい番茶を飲めや」  冴木 彦次郎は今年で59になる私の祖父だ。  私は布団部屋で着物を乱して、上半身だけ起き上がり、子供のようにわんわんと泣いていた。  彦次郎の進める番茶を勢いよく手で叩き。  いつまでも、泣いていた。  「もう、生きていたくない!」  番茶は畳の上にまき散って、コロコロと転がり部屋の隅の風呂敷包み当たった。    8月8日で、私は16歳だった。あの風呂敷包みには何があるのだろう?
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 歴史・時代 1,567 位 / 1,567件
文字数 3,126 最終更新日 2019.04.24 登録日 2019.04.24
 俺はあの涼しい夏の頃、正確には高校二年生の時にラウム国を救った。    俺はさすがに記憶があるわけではないけれど、いつもこう思うんだ。母さんの腹の中でも羊水で体を洗っていたのではと考えたくなるほど、とにかく綺麗好きだった。  そんな俺の朝はいつも忙しい。  朝一でさっさと入浴をして、体を洗うこと5回。髪を洗うこと6回。顔を洗うこと7回。歯を磨くこと6回。  洗顔クリームやシャンプーとリンス。歯磨き粉は一週間もしないうちに空になってゴミ箱入りだった。    階下から母さんの声が聞こえる。 「聡――! 洗ってないで! 早くご飯食べなさい!」  階下へ行って、夏の日差しが映えるキッチンのテーブルで、コーヒーを飲んで新聞を読んでいる父さんの肩を少し揉んでから、朝食のベーコンエッグの乗ったトーストと、蜂蜜入りの紅茶を食し、リビングにある鞄をかっさらうと、急いで外へと出た。
24hポイント 0pt
小説 140,598 位 / 140,598件 児童書・童話 2,441 位 / 2,441件
文字数 6,351 最終更新日 2019.04.21 登録日 2019.04.21
36 12