やるかやられるか三日以内に決めてくれ

 俺は恋人未満に振られたばかりの、大学一年生の日向空(ひなたそら)。
 一学年上の天野蝶子(あまのちょうこ)に飲みに誘われて、気が付けば彼女のベッドに半裸で転がっていた。
 しかし、自分の目を覚まさせる事になった自分を抱く腕は蝶子のものでは決してない。

「君は好みだよ。俺と付き合おうか?」

 俺の耳に囁いて来たそいつは、蝶子の兄の天野九曜(あまのくよう)だった。
 三日以内に蝶子か自分を選べと言うが、俺はあなた方二人とも好みではありません。

※2020/12/25 カテゴリ選択においてBL項目を見逃して恋愛カテゴリにしていました。元々BLですので修正しました。
24hポイント 7pt
小説 24,037 位 / 101,552件 BL 4,693 位 / 10,233件