【完結】平民として慎ましやかに生きようとするあいつと僕の関係。〜平民シリーズ③ライリー編〜



「もう無理だ!ヴィンセント・トルバート!お前との婚約を破棄する!!」

は?なんだあいつは。こんな公衆の面前で堂々と婚約破棄とか何考えてんの?

「こんな感情のない人形みたいな気持ちの悪いやつとはもう無理だ!おまけに左右の目の色も違うなんて、気味悪さに拍車がかかってる。いくら優秀だとはいえ、コイツとこの先一緒かと想像するだけでゾッとする!」

「婚約破棄になる理由はそれですか?それ以外はないと?」

「ああそうだ!それがどうした!?」

「じゃあ僕が彼を貰っても問題ない、ですよね?」


婚約破棄から始まったライリーとヴィンセントの関係。

ヴィンセントは珍しいオッドアイの持ち主。それが『不幸を呼ぶ』とされ迫害されて生きてきた。実はその目には秘密があって…。

友人から始まった関係は、少しずつ変わっていく。



* * * * * * * * * * * *

『今まで我儘放題でごめんなさい!これからは平民として慎ましやかに生きていきます!』

の次世代編第2弾。ライリー編です。



⚫︎R-18です。エロがある話には※印付いてます。
⚫︎1日2話、8:00と17:00に更新します。
⚫︎最終話まで執筆済み。





24hポイント 127pt
小説 9,616 位 / 148,981件 BL 2,071 位 / 17,144件