「俺の子じゃない」と言われました

「オギャア、オギャア!」
 朝日が昇る頃、長く苦しい時間をへて、私は心待ちにしていた愛しい娘の声を聞いた。
 愛する旦那様が部屋に訪れた。
 喜んでもらえると思っていたのに、彼は娘の姿を見て「やっぱり……」と言葉を残して出ていってしまった。

 彼が再度訪れたのは一週間後。
「それは俺の子じゃない」と、親子鑑定書を私に突きつけた。

 何を言っているの?
 この子は正真正銘、貴方の子なのに?
 
 彼は話しも聞かず、私を屋敷から追い出した。
 そして、私を追い出すよう命令された専属侍女から、「私、妊娠しているの。旦那様の子よ」と告げられた。
 愛し、愛されて結婚したのに、彼は私を裏切っていた……。

 途方にくれる私だったが、顔を真っ赤にして泣く娘を見て「私が守らなきゃ」と立ち上がった。
 
 不実な男なんか、こっちから捨ててやる!
 この子は私が立派に育てるわ!


ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 プロローグ+43話+エピローグの全45話です。
 執筆は完了していますので、手直しが終わり次第順次投稿致します。

 設定はゆるいです。
 楽しんでいただければ幸いです。
24h.ポイント 56,942pt
125,316
小説 29 位 / 187,429件 恋愛 24 位 / 56,767件

あなたにおすすめの小説

冷血皇帝陛下は廃妃をお望みです

cyaru
恋愛
王妃となるべく育てられたアナスタシア。 厳しい王妃教育が終了し17歳で王太子シリウスに嫁いだ。 嫁ぐ時シリウスは「僕は民と同様に妻も子も慈しむ家庭を築きたいんだ」と告げた。 嫁いで6年目。23歳になっても子が成せずシリウスは側妃を王宮に迎えた。 4カ月後側妃の妊娠が知らされるが、それは流産によって妊娠が判ったのだった。 側妃に毒を盛ったと何故かアナスタシアは無実の罪で裁かれてしまう。 シリウスに離縁され廃妃となった挙句、余罪があると塔に幽閉されてしまった。 静かに過ごすアナスタシアの癒しはたった1つだけある窓にやってくるカラスだった。 ※タグがこれ以上入らないですがざまぁのようなものがあるかも知れません。  (作者的にそれをザマぁとは思ってません。外道なので・・<(_ _)>) ※架空のお話です。現実世界の話ではありません。  史実などに基づいたものではない事をご理解ください。 ※話の都合上、残酷な描写がありますがそれがざまぁなのかは受け取り方は人それぞれです。  表現的にどうかと思う回は冒頭に注意喚起を書き込むようにしますが有無は作者の判断です。 ※作者都合のご都合主義です。作者は外道なので気を付けてください(何に?‥いろいろ) ※リアルで似たようなものが出てくると思いますが気のせいです。 ※爵位や言葉使いなど現実世界、他の作者さんの作品とは異なります(似てるモノ、同じものもあります) ※誤字脱字結構多い作者です(ごめんなさい)コメント欄より教えて頂けると非常に助かります。

【完全版】弱みを見せない騎士令嬢は辺境の町で傭兵団長?に甘やかされる

今泉 香耶
恋愛
ミリア・レトレイドは女性で初の王城第二騎士団長になった伯爵令嬢だ。だが、怪我を理由に退団をすることになった。ミリアは女性護衛騎士のヘルマと共に、有名な治癒術師がいるという噂の、辺境の町ヤ―ナックに向かう。そこで、傭兵団を率いて多くの町を巡回しているヴィルマーと出会い、ヤ―ナックに滞在をしながら町の警備隊発足に尽力をする。 朗らかで懐の深いヴィルマーと穏やかだが芯の強いミリア。2人は一線を引きながらも惹かれ合うのだが……。 穏やかにゆっくりと近づいていく2人を見守っていただけると幸いです。 ※ベリーズカフェ様に同タイトルの完全版ではないものを掲載しております(内容は違います)

「君の婚約者、浮気しているよ」と婚約者が代わるたびに教えてくれる親切な元婚約者がいるので、いつになっても結婚が出来ません……。

月密
恋愛
浮気をされては婚約破棄になる事、実に十七回。 侯爵令嬢のクリスタはこれまで婚約、浮気され、婚約破棄を延々と繰り返している。 社交界では被害者側であるにも拘らず、クリスタに何か問題があるのではないと噂されてしまう。 原因が分からず悩む日々。このままでは行き遅れになってしまう……。 そんな中、十八人目の婚約者が出来た。今度こそ上手くいく筈、そんな風に期待をする。 だがそんな時、元婚約者である侯爵令息のブラッドが屋敷を訪ねて来て 「君の婚約者、浮気しているよ」 と親切に教えてくれた。 *マークは性描写がありますのでご注意下さい。

セカンドライフは魔皇の花嫁

仁蕾
BL
星呂康泰、十八歳。 ある日の夕方、家に帰れば知らない男がそこに居た。 黒を纏った男。さらりとした黒髪。血のように赤い双眸。雪のように白い肌。 黒髪をかき分けて存在を主張するのは、後方に捻れて伸びるムフロンのような一対の角。 本来なら白いはずの目玉は黒い。 「お帰りなさいませ、皇妃閣下」 男は美しく微笑んだ。 ---------------------------------------- ▽なろうさんでもこっそり公開中▽ https://ncode.syosetu.com/n3184fb/

私から何でも奪い取る妹は、夫でさえも奪い取る ―妹の身代わり嫁の私、離縁させて頂きます―

望月 或
恋愛
「イヤよっ! あたし、大好きな人がいるんだもの。その人と結婚するの。お父様の言う何たらって人と絶対に結婚なんてしないわっ!」 また始まった、妹のワガママ。彼女に届いた縁談なのに。男爵家という貴族の立場なのに。 両親はいつも、昔から可愛がっていた妹の味方だった。 「フィンリー。お前がプリヴィの代わりにルバロ子爵家に嫁ぐんだ。分かったな?」 私には決定権なんてない。家族の中で私だけがずっとそうだった。 「お前みたいな地味で陰気臭い年増なんて全く呼んでないんだよ! ボクの邪魔だけはするなよ? ワガママも口答えも許さない。ボクに従順で大人しくしてろよ」 “初夜”に告げられた、夫となったルバロ子爵の自分勝手な言葉。それにめげず、私は子爵夫人の仕事と子爵代理を務めていった。 すると夫の態度が軟化していき、この場所で上手くやっていけると思った、ある日の夕方。 夫と妹が腕を組んでキスをし、主に密会に使われる宿屋がある路地裏に入っていくのを目撃してしまう。 その日から連日帰りが遅くなる夫。 そしてある衝撃的な場面を目撃してしまい、私は―― ※独自の世界観です。ツッコミはそっと心の中でお願い致します。 ※お読みになって不快に思われた方は、舌打ちしつつそっと引き返しをお願い致します。 ※Rシーンは「*」を、ヒロイン以外のRシーンは「#」をタイトルの後ろに付けています。

悪役令息レイナルド・リモナの華麗なる退場

遠間千早
BL
 ※6/1 第三部再開しました!!  12歳で受けた選定の儀で俺が思い出したのは、この世界が前世で流行った乙女ゲームの世界だということだった。深夜アニメ化までされた人気作品だったはずだけど、よりによって俺はそのゲームの中でも悪役の公爵令息レイナルド・リモナに生まれ変わってしまったのだ。  さらに最悪なことに、俺はそのゲームの中身を全く知らない。乙女ゲームやったことなかったし、これから俺の周りで一体何が起こるのか全然わからないんですけど……。  内容は知らなくとも、一時期SNSでトレンド入りして流れてきた不穏なワードは多少なりとも覚えている。 「ダメナルド安定の裏切り」 「約束された末路」  って……怖!  俺何やらかすの!?  せっかく素敵なファンタジーの世界なのに急に将来が怖い!  俺は世界の平和と己の平穏のために、公爵家の次男としてのほのぼの生活を手にするべく堅実に生きようと固く決心した……はずだったのに気が付いたら同級生の天才魔法使いの秘密をうっかり知ってしまうし、悪魔召喚を企てる怪しい陰謀にすっかり巻き込まれてるんですけど?!  無事約束された末路まで一直線の予感!?  いやいや俺は退場させてもらいますから。何がなんでもシナリオから途中退場して世界も平和で俺も平和なハッピーエンドをこの手で掴むんだ……!  悪役になりたくない公爵令息がジタバタする物語。(徐々にBLです。ご注意ください)  第11回BL小説大賞をいただきました。応援してくださった皆様、本当にありがとうございました。

呪われた悪役令嬢は隣国の王太子に溺愛される

伽羅
恋愛
交通事故に遭って死んだはずなのに、気が付けば猫になっていた。 前世の記憶と共に、昨夜の夜会でセドリック王太子に婚約解消を告げられた事を思い出す。 そしてセドリック王太子の傍らには妹のキャロリンの姿が…。 猫になった私は家を追い出され、彷徨っている所を偶然通りかかった人物に拾われて…。 各話のタイトルで遊んじゃってます。 笑って流していただけると幸いです。

【書籍&コミカライズ進行中】わかっていますよ旦那さま。どうせ「愛する人ができた」と言うんでしょ?

キムラましゅろう
恋愛
サブタイトル 『ドアマットヒロイン、頭をぶつけた拍子に前世が大阪のオバチャンだった事を思い出す』 両親亡き後叔父家族に虐げられながら育ったジゼル。 厄介払いされるように嫁いだ家でも婚姻後直ぐに任地に赴いた夫が帰らない事から蔑まれ続けてきた。 しかし転倒時に頭部を強打した瞬間に、ジゼルに前世の記憶が蘇る。 「ちょい待ち?ここって、前世で読んだラノベの世界とちゃう?」 ドアマットヒロイン系の物語に出てきた夫に捨てられる超モブ妻に転生したと知るや否やジゼルは考えた。 どうせ「他に好きな人が出来たから別れてくれ」と言われるんだから、もうその前にさっさと出て行ってもいいんちゃう?ていうかドアマットヒロイン?ウチの方がドアマットやっちゅーねん!と。 いつもながらの完全ご都合主義、ノーリアリティ・ ノークオリティ・ノーリターンのお話です。 誤字脱字の宝庫と思われます。自己脳内変換機能をフルにしてお読み頂けますと助かります。 小説家になろうさんにも時差投稿します。