華から生まれ落ちた少年は獅子の温もりに溺れる

天気予報で豪雪注意報が発令される中
都内のマンションのベランダで、一つの小さな命が、その弱々しい灯火を消した

「…母さん…父さ、ん……」

どうか 生まれてきてしまった僕を 許して


死ぬ寸前に小さくそう呟いたその少年は、
見も知らぬ泉のほとりに咲く一輪の大華より再びの生を受けた。

これは、不遇の死を遂げた不幸で孤独な少年が、
転生した世界で1人の獅子獣人に救われ、囲われ、溺愛される物語ー

24hポイント 475pt
小説 3,220 位 / 148,838件 BL 691 位 / 17,125件