新人種の娘

――「どうして皆、上手に生きてるんだろう」
 卑屈な性分の小毬は、ある日、怪我を負った「新人種」の青年を匿うことになる。
 新人種は、人に害を成す敵。
 匿うことは、犯罪となる。

 逃亡、新たな生活、出会い、真実、そして決断。

 彼女は何を求め、何を決断するのか。

 正義とは、一体何か。
 悪とは、一体何か。

 小毬という少女が、多くを経験し、成長していく物語。

※この物語は、当然ながらフィクションです。
24hポイント 28pt
小説 19,747 位 / 143,904件 ライト文芸 313 位 / 6,166件