現代文学 サスペンス小説一覧

カテゴリ 現代文学
タグ サスペンス×
14
 高二の冬、男はオレにライフルの銃口を向けてこう言った。 「なあ、生きるってゆうのは死ぬことなのか?」  すべてはそこから始まった。  駅前のおはぎ屋屋台への意味不明な突然のダイブ、蜂蜜まみれのオレの前に現れた謎の女との逃避行、村上春樹、桃色クローバーZ、メキシコ革命、バチカン、マッカーサー、キリストの遺伝子、待ち受ける意外にスケールの大きな顛末と意外な結末とは。  スラップスティックに疾走する青春恋愛ハードコア暴力小説が紡ぐ、真実の命の物語り。
24hポイント 7pt
小説 27,210 位 / 126,027件 現代文学 304 位 / 6,238件
文字数 15,985 最終更新日 2020.06.29 登録日 2020.06.22
心療内科に通う女性の日々高まりゆく感情の移り変わり。 心の中で消える事のなく揺らぐ一つの葛藤に抗う日々。  彼女が選んだ自身の結末と、彼女の願いは……。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 46,778 最終更新日 2021.08.30 登録日 2021.08.30
全てはフィクションであり。前にも書いたよね?頭の悪い人たち。だから才能がないと言われるんです!! アナリティクスの動向は常に監視しています。顔認証も含めてです。 所詮は小説サイトは気晴らしであり遊びです。運営もそうだと思います。すると角川書店の本部長は言いました。 誰にでも才能がある訳ではないんだ。弱いものを気遣えるようになりなさい。 虐めと生き様を描く天才(角川書店様) 『妹 -Sister- 』より抜粋 先生がいなければ、何を言っても許される。 (先生が居てもノイローゼで休む学校。みんな糞だ!!) (人間とは屑の集団の集まりである。) それが、さくらにとっては許せないことだった。 いつもは「さくらちゃん」と呼んでいる人たちが、さくらのことを一斉に軽蔑してみる世界。ほらね、簡単なんだよ。 戦争と平和。私にそれを止める術はない。 でもこの程度ならば生きた証になるはず。 それを知っているのは、さくらだけです。このような罵詈雑言は、友達のふりをした人から出てくる。 "内戦は内から始まる" 世の中には「火のないところに煙は立たず」という言葉があります。 実際には、苦悩は火のないところにある煙であることがほとんどです。 主人公の独創的な思考(紀伊国屋書店様ご意見掲載) 『月経 - menstruation -』より抜粋 私は、女性は穴でしかなく、穴には意見がないものだと思っていました。しばらく歩いていると、高校生に出会います。 高校生だろうが中学生だろうが、穴は穴なのだ。こうして、その高校生との付き合いが始まったのです。 結局、金儲けがしたいという女子高生の不純な動機で作られたゲームだったのである。それが援助交際を目的としたものであろうとなかろうと。 そこには愛がない。私が彼女の穴を突くたびに、彼女は甘い息を吐いてうめき声をあげた。 所詮は穴なのでどうでもよかった。穴が何と言おうと関係ない。二人が気持ちよければそれでいいのだ。 それが私の考えるセックスです。 19歳が書ける文章ではない!!(すばる舎) 彼女は私の腕にそれを突き刺した。周りを見渡すと、まるでチューブで生かされているような感覚に襲われました。 (生きているとは何なのか?こんな植物人間でも生きている価値があるのだろうか?安楽死はできないのか?)
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 18,465 最終更新日 2021.07.25 登録日 2021.07.23
4
現代文学 完結 ショートショート
満開の桜の下、死体を埋めるべく穴を掘る女。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 1,144 最終更新日 2021.02.06 登録日 2021.02.06
5
現代文学 完結 ショートショート R15
マンションから人が飛び降りてきた。 彼の前にもぐしゃりと大量に落ちてきた
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 706 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.18
富永広明は学校と塾とテニススクールに通う生活を送る小学六年生。テニススクールでは篠田彰という友人と親しく、広明も彰も藤本さんという女子に惚れていた。ある日、百貨店の図書館で広明は万引きを目撃する。万引き犯は自分と同じくらいの背格好で、広明の視線を感じた万引き犯は一目散に駆け出し、広明はそれを追いかけた。百貨店からも出てしまい、万引き犯が逃げ込んだ先は近くの公園。そこでは万引き犯のほかに二人の少年が待ち構えていて、一人が「明日も公園に来いよ」と広明に呼びかける。学校にも塾にもテニススクールにも、そしてなにより両親に対して退屈を感じていた広明はその呼びかけに惹かれ、翌日も公園に向かう。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 59,495 最終更新日 2020.12.28 登録日 2020.11.02
7
現代文学 連載中 ショートショート
ルールは30分以内で超短編小説をゲラを作ります。製作時間はゲラが上がった時間になります。時間オーバーOKでゆるゆるですが。 ☆注意☆ 作品の無断転載、改変、盗用はご遠慮下さい。 著作権は当方にあります。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 1,857 最終更新日 2020.11.04 登録日 2020.11.03
人は常に、主観的に物事を感じる。 うれしい、悲しい、楽しい、寂しい、つらい・・・ 他人の感情を把握することは困難で、親子でも親友でもわからないこともある。 これはとある母と子に起きた悲惨な事件を、三人の人物の主観から見た物語である。 三人の主観を客観的に見たとき、あなたはどう感じますか?
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 7,321 最終更新日 2020.08.22 登録日 2020.08.20
信じていた焼き鳥屋のオーナーに金を騙し取られ、途方に暮れていた綾野透の前に現れたのは、「なんでも屋」を名乗る無気味なハンサム・西京無敵(さいきょうむてき)であった。 「なんでも承ります。殺人でも、構いませんよ」 西京に胡散臭さを感じながらも、綾野は西京と共に「なんでも屋」の事務所へ行くことになるのだが……。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 78,666 最終更新日 2021.02.16 登録日 2020.08.23
10
現代文学 完結 短編 R15
小学5年生で尾鷲へ転向して二年、中学生になった弘明は、ある日学校帰りに奇妙な出来事に遭遇する。 いつも帰る道で、前を行く親子と共に空に浮かぶ渦を見つける。だが、渦はあっと言う間に消えていく。 それから不可思議な事が始まる。警察である父の挙動に不信を持った弘明は、意を決して追跡を始める。 単車に乗って署へ行く筈の父が、道を逸れて港近くの町へ入っていく。そして、父の姿はそこで消える。 昭和40年代の港町で起きる事件、いったい弘明の父は……「うるしの道」の続編としてお送りします。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 28,116 最終更新日 2020.05.06 登録日 2020.04.21
11
現代文学 連載中 ショートショート
1~3分ほどで読める掌編小説(超短編小説)です。 もう一方のほうは、よくできた作品のみ投稿しています。 ただし、もちろん適当に書いたものではありません。 こちらも、もう一方にはない風合いの良作が入っていますので、少しでもお楽しみいただければ幸いです。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 7,343 最終更新日 2018.12.18 登録日 2018.10.21
12
現代文学 完結 短編 R15
学校生活に疲れた「僕」はウェブ上の自殺サイトでとある人と知り合う。 そしてその自殺イベントに参加したが、そこでとある事件に巻き込まれる…
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 6,646 最終更新日 2018.08.24 登録日 2018.08.24
13
現代文学 連載中 長編 R18
ふふとう 【不腐桃】 [名]腐らない桃。諸悪の根源。 
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 56,602 最終更新日 2018.06.15 登録日 2018.02.12
「全てを語ることが許される場所は、どこだろう。」 生まれつき、死体に欲を感じる性的サディズムの持ち主である女子高生、沢栗真波。そんな自分自身の狂気に怯えながら、彼女は高校に通っている。できるだけ自分を制御し、周囲には一切悟らせていなかった。 だがある日彼女の教室で、クラスメイトの中里裕介のペットである、ハムスターの残虐な死体が発見される。そして彼女は…。 この欲は、許されない欲なのだろうか。世界はこんな自分を、人間だとは思わないのだろうか。 自分への絶望と、貪欲な気持ちと闘う、独りの女子高生には、どんなさだめが待っている。
24hポイント 0pt
小説 126,027 位 / 126,027件 現代文学 6,238 位 / 6,238件
文字数 9,873 最終更新日 2018.10.23 登録日 2017.09.01
14