退魔師小説一覧

タグ 退魔師×
8
ーこれからは家族になるんだよ。その言葉がすごく温かくて、私はようやく泣くことができた。 記憶の彼方にある母との別れ。 父の突然すぎる死。 天涯孤独の少女、千景(ちかげ)の前に現れた母方の祖父は妖怪の世界の大商人?! ふわふわ天然おばあちゃんや双子の使用人も現れて、孤独な生活から一転のお嬢様ライフ。ただしみーんな妖怪! ーそりゃあ皆には感謝してるよ?でもね、人間に化けて暮らすならちょっとは常識、考えて! ぼけぼけ妖怪家族と常識人(多分)女子高生のドタバタしたりほのぼのしたり、時には真面目にぶつかり合ったり……これはそんな日常の物語。
24hポイント 21pt
小説 14,469 位 / 87,292件 キャラ文芸 272 位 / 2,195件
文字数 14,063 最終更新日 2020.09.02 登録日 2020.07.05
ごく普通の女子高校生の黒澤 彩花 (くろさわ あやか)、そしてとある小さな国のお姫様であるクリスティア=カーマイオーネ。 クリスティアは自身の国が魔族によって滅ぼされてしまいそうになった時、日本にいる対魔師と呼ばれる存在を知り対魔師である黒澤 鷹人に協力を要請した。 それ以来お互いの親睦が深まりクリスティアは自身の要望もあり、日本で対魔師の事について勉強も兼ね留学して来た。鷹人のフィアンセの舞花も対魔師をしていたがその間に生まれた娘である彩花と共に同じクラスに在籍し、日本では黒澤家に厄介になっていた。 ある日、同じクラスで学校内の情報屋と呼ばれる新聞部の羽井賀 聖(はいが ひじり)に学園7不思議には8つ目の不思議が存在している事を耳にする。 その8つ目の不思議とは、学園の3階の階段フロアで深夜0時になると階段が出現し4階が存在すると言うもの・・・ それを聴いた彩花は冗談話だろうと笑いながら話を流していた。 一方クリスティアは、何かが引っ掛かっていた。 それは、自身の国を魔族たちに滅ぼされようとしていた為であった。 ひょっとするとその階段の上には魔界へ繋がるゲートの様なものが存在していたのだろうか? その様にクリスティアが真剣に考えていると、帰宅後、彩花から昼間学校で笑い飛ばしていたとは考えられない様な発言を口にする。 彩花もまた、階段の存在は事実では無いかと・・・ その日の真夜中、ふたりは確認すべく学校の3階の階段のあるフロアで確かめてみることに・・・実際に0時になり何事も無いと確信を持ったクリスティアが彩花に「帰ろう」と申し出ようとしたその時だった!?・・・ 眩しい光が現れると同時に4階へと進む為の階段が目の前に現れふたりは早速昇って行く事に・・・そしてゲートが存在していた為進んで行く事にしたふたりだったが・・・
24hポイント 14pt
小説 16,883 位 / 87,292件 ファンタジー 3,565 位 / 24,924件
文字数 104,043 最終更新日 2020.10.31 登録日 2020.10.31
「転移少女百合魔界~魔界へ転移した彩花とクリスティア、そこには女の子しかいない新たなる世界~」 (シリーズ作品)を始めさせて頂く直前に書かせて頂いた短編作品になります。 ※当作品には、百合要素が含まれています。 物語は、魔族であるリリスティア=カーマイオーネが主体となり、 対魔師を洗脳し、眷属として仲間に加え、人間界を支配しようと企む内容ですが?・・・ それでは、リリスティアからのあらすじ紹介に移ります。以後は本編にて・・・
24hポイント 14pt
小説 16,883 位 / 87,292件 ファンタジー 3,565 位 / 24,924件
文字数 20,197 最終更新日 2020.10.07 登録日 2020.10.07
『俺は絶対に貴女達を幸せにします』  退魔師の家系に生まれた少年黒鋼春愛(くろがね はるちか)は、とんでもないことに巻き込まれた。    彼の実家は、膨大な力を秘めた霊脈が存在する土地を守り納める家柄の一つである白銀家の長男だった。    ただしこの家系は代々女性が当主を務めるという仕来たりのため、分家した黒鋼家の次期当主として家元を離れ修行の日々を送っていた。  そんな折、白銀家次期当主候補である彼の姉の夏澄(かすみ)と、妹の冬華(とうか)の婚約者を占う儀式に参加するよう実家から手紙が届いた。  6年ぶりの再会に喜ぶ春愛だが、まさかこんなことになるなんてーーーーーーー!?  ヒロインは実姉、実妹、義理展開はありません。 バトルあり、ラブストーリーありの稚拙なファンタジーもどきです。 気が向いた時にどうぞ!!!
24hポイント 0pt
小説 87,292 位 / 87,292件 ファンタジー 24,924 位 / 24,924件
文字数 1,452 最終更新日 2020.11.03 登録日 2020.11.03
文明の光が人間の生息域を照らす時代、魔物の存在はもう無くなったと思われる時代、其れでも、人知れず退魔の仕事は存在して居た。 それはそうと自分は家庭の事情で男の娘をしていた。 外から見れば百合だけど、当人はノーマル、概念的にはオネショタ、男が主人公をナンパするとホモが出ると言う謎状態。 こんな格好ですけど、男に興味は有りません!
24hポイント 0pt
小説 87,292 位 / 87,292件 ファンタジー 24,924 位 / 24,924件
文字数 58,727 最終更新日 2020.11.22 登録日 2020.06.23
鬼祓いシリーズ第3弾 主演 藤倉彩加1000%純愛小説です。
24hポイント 0pt
小説 87,292 位 / 87,292件 キャラ文芸 2,195 位 / 2,195件
文字数 68,244 最終更新日 2019.12.05 登録日 2019.12.05
咎人の十字架  軍人の青年ラファエルは戦争中多くの人間を斬り殺した。終戦後は戦から退いていた。しかし退魔師のランディ元帥にスカウトされた。  そして、退魔師の試験を受ける為に協団でカノンという少年と組まされる、任務の内容は魔力を司る魔鉱石が暴走し村民に危害を与えているとのこと。そこでラファエルはカノンが女だと知ってしまう。三人は任務地へ赴く時一人のシスター、マリーを助け先へ進み暴走した魔物化した魔鉱石と対峙し戦うが苦戦する。最後の魔鉱石との戦闘の時ラファエルはカノンと喧嘩になるがそれが原因でお互いが信頼していなかったことに気づき二人は信頼して敵を撃破し試験に合格する。しかし、魔鉱石の調査をする為協団本部には戻れず暫く村に厄介になる。その時、シスターのマリーや村娘のマユ達と親しくなる。  ある日、ラファエルはカノンに食事に誘われそこでカノンは己の過去を話す。男を望んでいた家族からやっかみがられ元帥に押し付けられた。その時からカノンは男装するようになった。そして、ランディ元帥からカノンがこの国の元皇女だと知らされる。ラファエルは後悔しラファエルは素っ気なくなる。その晩ラファエルはランディ元帥に酒盛りに付き合わされ魔鉱石の一端を聞かされた。話をしている最中カノンから決闘を申し込まれ決闘に行き二人は戦うがラファエルの勝利。そして、カノンはラファエルのことを恨んでいないといいラファエル達はすっきりする。二人が帰ろうとした瞬間マユが現れ襲い掛かってきた。ラファエルがマユをおとなしくさせるとマリーが現れ、香炉で眠らされてしまう。元帥により目覚めたらファエルはカノンを探す為マユに聞くと聖堂にいることが分かり元帥は結界を張る為村に残りラファエルは聖堂へ向かう。そこにマリーはおりカノンは横たわっていた。そして今回の魔鉱石の騒動のきっかけはマリーだった。理由は天死を降臨させ力を手にし人を幸せにしたいから。そして、カノンに天死ルシファーが降臨しラファエルを殺そうとする。と、その時カノンが自我を取り戻しルシファーを自身から追い出す。ルシファーはマリーの身体に憑依した。二人は上級退魔術を使いマリーに着いたルシファーを浄化する。 今回の試練でカノンは自分には生きる価値はないと思っていたが自分にも生きる価値があるということを理解する。そして、ラファエルもまた自分の生きる意味を見出しこの世界を生きることを決めた。
24hポイント 0pt
小説 87,292 位 / 87,292件 ファンタジー 24,924 位 / 24,924件
文字数 59,909 最終更新日 2019.10.29 登録日 2019.10.29
弓道の強豪校に通う女子高生・吉岡瑠璃は、部活からの帰り道、顔の左半分に朱色の隈取を施した袈裟姿の戒真(かいま)と「逢魔が刻」に出逢った――。偶然か、必然か、瑠璃の通う高校の社会科教諭・中野龍久に育てられたという戒真は身の内に『薬師十二神将』を宿した神子として、相棒の黒猫・朝霧と共に怪異へと立ち向かう――現代学園退魔絵巻。 ※二年前に他投稿サイトに掲載していた作品を改稿・加筆修正しています。
24hポイント 0pt
小説 87,292 位 / 87,292件 キャラ文芸 2,195 位 / 2,195件
文字数 44,584 最終更新日 2018.06.05 登録日 2018.05.11
8