消防士小説一覧

タグ 消防士×
4
1
恋愛 完結 短編 R15
私が働く食堂にやってくる消防士さんたち。 翔馬「俺、チャーハン。」 宏斗「俺もー。」 航平「俺、から揚げつけてー。」 優弥「俺はスープ付き。」 みんなガタイがよく、男前。 ひなた「はーいっ。ちょっと待ってくださいねーっ。」 慌ただしい昼時を過ぎると、私の仕事は終わる。 終わった後、私は行かなきゃいけないところがある。 ひなた「すみませーん、子供のお迎えにきましたー。」 保育園に迎えに行かなきゃいけない子、『太陽』。 私は子供と一緒に・・・暮らしてる。 ーーーーーーーーーーーーーーーー 翔馬「おいおい嘘だろ?」 宏斗「子供・・・いたんだ・・。」 航平「いくつん時の子だよ・・・・。」 優弥「マジか・・・。」 消防署で開かれたお祭りに連れて行った太陽。 太陽の存在を知った一人の消防士さんが・・・私に言った。 「俺は太陽がいてもいい。・・・太陽の『パパ』になる。」 「俺はひなたが好きだ。・・・絶対振り向かせるから覚悟しとけよ?」 ※お話に出てくる内容は、全て想像の世界です。現実世界とは何ら関係ありません。 ※感想やコメントは受け付けることができません。 メンタルが薄氷なもので・・・すみません。 言葉も足りませんが読んでいただけたら幸いです。 楽しんでいただけたら嬉しく思います。
24hポイント 809pt
小説 1,576 位 / 82,678件 恋愛 805 位 / 21,794件
文字数 104,652 最終更新日 2020.05.02 登録日 2020.04.29
2
恋愛 完結 ショートショート R15
イケメン彼氏は年上消防士!・・・の、番外編になります。 結婚することが決まってしばらく経ったある日・・・ 優弥「ご飯?・・・かぁさんと?」 優弥のお母さんと一緒にランチに行くことになったひなた。 でも・・・ 優弥「最近食欲落ちてるだろ?風邪か?」 ひなた「・・・大丈夫だよ。」 食欲が落ちてるひなたが優弥のお母さんと一緒にランチに行く。 食べたくないのにお母さんに心配をかけないため、無理矢理食べたひなたは体調を崩す。 義母「救護室に行きましょうっ!」 ひなた「すみません・・・。」 向かう途中で乗ったエレベーターが故障で止まり・・・ 優弥「ひなた!?一体どうして・・・。」 ひなた「うぁ・・・。」 ※お話は全て想像の世界です。現実世界とは何の関係もありません。 ※感想やコメントは受け付けることができません。メンタルが薄氷なもので・・・すみません。 楽しんでいただけたら嬉しく思います。
24hポイント 191pt
小説 4,819 位 / 82,678件 恋愛 2,083 位 / 21,794件
文字数 14,109 最終更新日 2020.05.04 登録日 2020.05.04
当年48歳の立川廉也、職業は消防士、素人童貞で月に2回の吉原通いを楽しみにしている。その吉原で二十歳のソープ嬢と2回戦をしたのち、鶯谷駅で心不全を起こして急逝。 しかし気が付けば、体は若返り、目の前は大草原。わけが分からない彼の前に死神と女神が現れ、消防士として多くの人命を助けたこと、知らない間に女神の危機を救っていたこと、この徳行により異世界へと生まれ変わったと告げられた。 彼自身、多くの異世界転生ものの小説を書いていたが、まさか自分が体験しようとは! ストレス要素はほぼゼロ、異世界転生ものの定番として、のっけから強いです。 月2回の高級ソープを楽しみにしていた、ごく普通の独身中年消防士の廉也、どんな大冒険が待っているでしょうか。魔王も出てくれば、ハーレム的な展開もありです。
24hポイント 142pt
小説 5,528 位 / 82,678件 ファンタジー 1,583 位 / 24,032件
文字数 100,842 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.08.10
星辰医科大学付属病院で命を救われた青年『 磯谷直哉』は、 尊敬する不器用な医師『貝塚真緒』に命のバトンを繋ぐ為、 救命士になる道を選択した。 緑に抱かれる丘は、静かに刻まれる命のカウントダウンを優しく見守り続けた。 「The Last 100 day」
24hポイント 56pt
小説 8,722 位 / 82,678件 ライト文芸 142 位 / 3,676件
文字数 95,180 最終更新日 2019.04.12 登録日 2019.03.03
4