小説 一覧

タグ ひとりぼっち×
3
お父さんをなくしたさとみは、さみしくて死んでしまいたい気持ち。そこへあやしくゆらめく黒いカゲが近づいて……。 空きカンの中に閉じ込められたさとみとさとみを守り続ける白いネコ。 ぐうぜんにさとみを知った翔太が、救いの手をのばそうとしたそのとき、またしても黒ずくめの男があらわれて――。 ひとりぼっちの君にもきっと、やさしいまなざしで見守る人が、そばにいる。 『たいせつな人を守りたい』 だれもが持つ心の光が、きらめく瞬間。 絵本・児童書大賞にエントリー。
24hポイント 1,917pt
小説 579 位 / 39,473件 児童書・童話 5 位 / 766件
文字数 27,191 最終更新日 2019.01.09 登録日 2018.12.26
サーカスの花形である機械人形のシンシアは、百五十年もの間、氷河のクレバスに閉じ込められている。ゴリラやグリズリー並みに怪力なのに、どうしても外に出ることができない。これまでシンシアを化け物と称して、男たちが退治に来ていたけど。今回現れたのは、どうやら違うみたい。化け物退治しなくていいのかな。
24hポイント 406pt
小説 1,905 位 / 39,473件 児童書・童話 26 位 / 766件
文字数 6,042 最終更新日 2018.12.29 登録日 2018.12.29
薬師の村ビシャス。 そこにひとりの少年がいました。 名前は、ハヤト。 好奇心旺盛な男の子です。 ハヤトの左目はある事件によりルビーで出来ています。 紅く冷たい目、その風貌からハヤトはルビーアイと恐れられいつもひとりぼっちでした。 ハヤトには友だちはいません。 なぜなら村には誰もいないから…… 村に残っているのはハヤトのみ。 幼いハヤトがひとりで世界に生きるには厳しい世界です。 ハヤトはあっというまに奴隷商人に捕まります。 そして世界は変わります。 鳴り止まぬ鐘。 降り止まぬ涙。 泣くのは天使か。 鳴いているのは悪魔か。 世界は誰よりも優しく――そして残酷でした。
24hポイント 0pt
小説 39,473 位 / 39,473件 ファンタジー 13,862 位 / 13,862件
文字数 14,032 最終更新日 2019.01.07 登録日 2018.12.27
3