一夜の過ち小説一覧

タグ 一夜の過ち×
7
1
恋愛 完結 短編 R15
アーウィナには可愛い可愛い妹のローレライが居た。 上手くまとまりそうな縁談もローレライが姿を表すだけで、令息の視線は全てローレライへ。 そろそろ婚約者が居てもおかしくない年頃であるのに一向に婚約まで結びつかない。 アーウィナの努力は全てローレライの行動で無に帰る。 そんな時、ローレライに靡かない念願の婚約者を見つけたのに、無常にも18歳の誕生日に婚約破棄を告げられる。 アーウィナは酒場へと向かった。 「今までで一番酷い気分だわ‥今日は飲むわよ」 「今日は私の奢りよッ!!みんなでパーッと飲みましょう!!!」 全てを忘れたかったアーウィナは浴びるほど酒を飲んで‥‥‥‥朝起きたら、知らない男とベッドに寝ていました。 ヤケ酒した令嬢がヤケになって幸せを掴むまでのお話です (*16歳から飲酒可能の世界です)
24hポイント 142pt
小説 8,666 位 / 143,708件 恋愛 4,207 位 / 44,828件
文字数 33,920 最終更新日 2021.08.01 登録日 2021.07.15
内容は題名の通りです。
24hポイント 99pt
小説 10,791 位 / 143,708件 現代文学 89 位 / 6,286件
文字数 4,333 最終更新日 2020.02.16 登録日 2020.02.16
3
BL 連載中 短編 R18
朝、目が覚めたら誰かに抱きしめられてた。 優しく後ろから抱きしめられる感触も 二日酔いの頭の痛さも だるい身体も節々の痛みも 状況が全く把握出来なくて俺は掠れた声をあげる。 「………賢太?」 嗅ぎ慣れた幼なじみの匂いにその男が誰かわかってしまった。 「………ん?目が冷めちゃったか…?まだ5時じゃん。もう少し寝とけ」 気遣うようにかけられた言葉は甘くて優しかった。 「…もうちょっと寝ないと回復しないだろ?ごめんな、無理させた。やっぱりスウェット持ってくる?冷やすとまた腹壊すからな…湊」 優しくまた抱きしめられて、首元に顔を埋めて唇を寄せられて身体が反応してしまう。 夢かと思ったけどこれが現実らしい。 一体どうやってこんな風になった? ……もしかして俺達…昨日セックスした? 嘘だ…!嘘だろ……? 全く記憶にないんですけど!? 短編なので数回で終わります。
24hポイント 78pt
小説 12,549 位 / 143,708件 BL 2,611 位 / 16,429件
文字数 17,303 最終更新日 2022.06.10 登録日 2022.06.04
*+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+ ♡婚約破棄からはじまる ヒストリカルファンタジー&ラブロマンス♡ ヴァルフィエ王国で、年に一度行われる ――仮面舞踏会―― そこで起きた一夜の過ちから、全てが動きだす。 『お前の父親を殺したのは、俺だ』 愛する婚約者に、大切な父の命を奪われたアイリス。 10年前から彼女の心のなかにあるのは、燃えたぎるような憎しみ ――もう二度と会うことはないと思ったのに 一夜を共にしたのは、まさかの⋯⋯? 「皇帝陛下、必ずやあなたを⋯⋯殺害いたします」 隠し持っていた剣を素早く抜いた彼女は、 ルイナードへと突きつける。 「⋯それはそれは、 やられる前に口説いて⋯⋯手懐けねばならない」 凍てつく美貌の上に、彼はニヒルな笑みを乗せた。 殺害予告の先にあるのは、生か死か? それとも―――♡ 「アイリス、観念しろ。俺は、お前とお腹の子を―――誰よりも愛している」 しかし――彼が抱える秘密を誰も知らない。 ♡幼馴染にて元婚約関係にあるふたり♡ 氷のような美貌をもつ、美しき俺様皇帝 ルイナード=グランティエ ✕ 憎しみまみれの、元貴族の美女 アイリス=ロルシエ *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。 初ファンタジーにて 色々とご了承ください_(._.)_ ✿全て作者の妄想フィクションです。 ✿拙文なので、色々とご了承下さい(。・ω・。) *+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。.。:+**+:。
24hポイント 35pt
小説 19,238 位 / 143,708件 ファンタジー 3,132 位 / 34,635件
文字数 145,796 最終更新日 2021.09.30 登録日 2021.09.04
5
恋愛 連載中 ショートショート
婚約者は他の令嬢と一夜を共に過ごしたのを王宮の侍女に見つかってしまう。 ❃リハビリ作品です! お嬢様言葉ってこんな感じでした?
24hポイント 7pt
小説 33,886 位 / 143,708件 恋愛 15,433 位 / 44,828件
文字数 8,214 最終更新日 2022.03.14 登録日 2022.02.14
6
恋愛 完結 長編 R18
エッチが下手という理由で突然別れを通告された私、西尾芽生(23) 職場で一目惚れした日下さん(28)と酔った勢いで一夜の過ちを犯してしまった。 きっと私のことを慰めるために抱いてくれたに違いないのに、なんと日下さんの方が泣いて甘えてきた。 どういうこと? それ以来、私は日下さんが気になってしかたがない。 涙の理由 日下さんの指にはまる結婚指輪 私はどうしたらいいの? ********** このお話は他のサイトにも掲載しています
24hポイント 0pt
小説 143,708 位 / 143,708件 恋愛 44,828 位 / 44,828件
文字数 49,321 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.09.15
私、秋葉沙頼(あきばさより)はラノベ作家である。ペンネーム「浅羽季四李(あさばきより)」で初の書籍がアニメを果たす。 自分の作品がアニメ化を果たし、さらに大ファンである超人気声優の神永浩二(かみながこうじ)が作品に起用された。 まさにあの時は人生の絶頂期だった。 あの日の夜の過ちさえなければ、私はそのまま幸せな生活が続いたのだろうか。 これは、私とあの男の一夜の過ちが犯した結末を示した物語。彼との関係にけじめをつけるのに、15年もかかってしまった。 ※他サイトからの転載となります。
24hポイント 0pt
小説 143,708 位 / 143,708件 ライト文芸 6,159 位 / 6,159件
文字数 95,457 最終更新日 2021.01.30 登録日 2021.01.16
7