柴野

柴野

柴野です。恋愛小説を中心に執筆しております。よろしくお願いします!
26 12
それは一目惚れだった。 冷酷非道の血まみれ皇帝と呼ばれる男に、恋をしたのだ。 伯爵令嬢マリア・フォークロスは、娘を高値で売り付けたい父に皇妃になれと言われ、育てられてきた。 とはいえ簡単には妃どころか婚約者候補にすらなれるはずもなく、皇帝と近くで言葉を交わす機会さえろくに得られない。しかしながら、とあるパーティーで遠目から眺めた際――どうしようもなく好きになってしまったのだ。 皇帝陛下の、最愛になりたい。 皇帝に冷たい視線を向けられつつも、マリアは恋心のままに文を綴る。 自分の恋が叶わぬものだという現実に見て見ぬふりをして。 ※本作は『社交界のコソ泥と呼ばれる似非令嬢に課されたミッションは、皇帝陛下の初恋泥棒です(https://www.alphapolis.co.jp/novel/6211648/759863814)』の前日談ですが、単体でもお楽しみいただけるはずです。 ※主人公は報われません。 ※悲恋バッドエンドです。
24h.ポイント 35pt
小説 17,651 位 / 187,403件 恋愛 7,803 位 / 56,750件
文字数 6,980 最終更新日 2024.04.29 登録日 2024.04.29
恋愛 完結 ショートショート
一見すれば人形のように美しい伯爵令嬢ミリア・フォークロスは、陰ながら社交界のコソ泥と呼ばれている。 没落寸前の伯爵家が養女として招き入れただけの元貧民の娘である彼女は、パーティーの度に次々と他家のものを秘密裏に頂戴するのが仕事。 嫌われ者になりながらも決して証拠を残さず、可憐な令嬢として振る舞い続けるミリアはある日、とんでもないものを盗めと命じられた。 依頼内容は、皇帝陛下の初恋。しかし相手は冷酷非道の血まみれ皇帝という物騒な名を持っていた。 命を奪われることなく、最愛の座を奪い取ることができるのか――? コソ泥令嬢ミリアの挑戦が幕を開ける。 ※『コソ泥令嬢が皇帝陛下の初恋を盗んだら』というタイトルで、小説家になろうにて重複投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 105,484 最終更新日 2024.04.20 登録日 2024.03.07
「婚約破棄? 追放? 上等ですわ」  侯爵令嬢ダニエラ・セデカンテは婚約者だった王太子グレゴリーに断罪され、異界送りの刑にされる。  そして彼女が辿り着いたのは日本という国のとある小都市にある一軒家――つまり俺の家だった。  俺こと佐川誠哉(さがわ せいや)は、ごく普通の高校生。  そんな俺はある日何の前触れもなく家の前に落ちていた悪役令嬢を拾ってしまい、なぜか色々とこき使われたり、一緒に学校に通ったりすることになる。  しかも、彼女の知人たちが異世界からうじゃうじゃやって来て……?  これは、追放された悪役令嬢と俺、そしてアニオタ幼馴染やその他異世界人たちが繰り広げる、ちょっとおかしな高校生活の物語。 ※小説家になろう、カクヨムに重複投稿しています。
24h.ポイント 14pt
小説 28,041 位 / 187,403件 ファンタジー 3,859 位 / 42,935件
文字数 156,851 最終更新日 2024.04.04 登録日 2023.09.06
「モテたい」 「はぁ」 「自慢じゃないが僕は顔はすっっごくいいはずなのに、頭のいい奴ばかりがモテる。おかしいだろう」 「それはただの嫉妬では?」 私のご主人様、ジークハルト殿下は生粋のアホである。 超絶美形だし優しいし、決して悪い人ではないのだ。ただ、為政者に向かないどころか貴族の名前一つ覚えられない、王族にあるまじきアホなだけで。 複数あった縁談も、顔合わせを行った時点で全て断られてしまって、婚約者がいない。 「よし決めた、僕は知的メガネを目指す!」 「……さようでございますか」 メガネをかけてもアホはアホなままだろうけれど、メイドの私はジークハルト殿下の思いつきに付き合って差し上げる。 知的メガネになんてならなくても、もう充分に素敵なのに――なんて思いながら。 ※小説家になろうに重複投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 8,011 最終更新日 2024.03.30 登録日 2024.03.30
「魔王陛下、私はあなたを愛しません」  魔王城で迎えた初夜、勇気を振り絞ってベリンダは魔王セオにそう告げた。  元々人間の国で王子妃になるはずだったベリンダは、王子に冤罪をかけられた上で婚約破棄され、生贄のようにして魔国に嫁がされてきた。  不安と憤りと共にやって来た魔国の空は漆黒に染まり、おどろおどろしい。そして恐怖に身をすくませるベリンダを出迎えた魔王の周囲には大勢のサキュバスが。  それを見た途端、ベリンダはどうしようもなく腹が立った。妃としてやって来たのに、ハーレムを見せつけられるのなんてたまらない。だから殺されてもいいから愛さないと言ったのだが……? ※小説家になろう、カクヨムにも投稿しています。
24h.ポイント 35pt
小説 17,651 位 / 187,403件 恋愛 7,803 位 / 56,750件
文字数 58,098 最終更新日 2024.03.10 登録日 2024.03.09
その王子は人の心を読める力を持っていた。 優しい顔をして、王子を利用しようと考えているだけの両親や友人・知人。常に自分を良く見せたいだけの令嬢たちの醜い心が見えてしまう。 それ故に何もかもが退屈に感じていた王子にとって、それはほんの暇潰しでしかなかった。 王族としての奉仕活動の一環で訪れた、とあるボロボロの孤児院。擦り寄ってきた少女の世話をしてやった。 「おうじさま、またきてね」 心からの純粋な笑顔が眩しくて、なんだか悪い気はしなくて。 何度か足を運び、少女と言葉を交わした。 そのうちに王子は気づき始める。 孤児の少女に自分が強く惹かれていること、そして彼女が類稀なる聖女であること。 そしてこの想いが、決して叶わぬものだということに。 ※小説家になろう、カクヨムに重複投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 18,091 最終更新日 2024.01.02 登録日 2024.01.02
八歳の時、ふと自分が前世にちらっと読んだ恋愛漫画の世界に転生したと気づいた公爵令嬢ルクティア。 どうやらこのままでは王子に婚約破棄され国外追放されるらしい。……が、彼女は正直そんなことはどうでも良かった。王子との婚約破棄という面倒ごとをさっさと済ませたルクティアが隣国に向かう馬車の途中で拾ったのは、もふもふでキュートなフェレット獣人の伯爵令息ヴィーゼ。 前世からもふもふ動物が大好きだったルクティアは虐げられていた彼を救い出し、本来のスパダリヒーローそっちのけでデロデロに溺愛しはじめるのだった。 ※小説家になろう、カクヨムに重複投稿。
24h.ポイント 14pt
小説 28,041 位 / 187,403件 恋愛 12,001 位 / 56,750件
文字数 6,240 最終更新日 2023.12.11 登録日 2023.12.11
青春 完結 短編 R15
高校生の充(みつる)は、隣の家に住む一歳上の女子・伊織(いおり)に長年片想いを寄せている。 男前で誰もが憧れる伊織姉さん。しかし彼女は誰からの告白も断っている一人者と聞く。 だから諦めていたのだが、とある罰ゲームで告白させられることに。そしてその結果――なんとデートするという事態になってしまって……? ※X I 様主催、『男前ねえさん企画』参加作品です。 ※小説家になろう、カクヨムに重複投稿。
24h.ポイント 0pt
小説 187,403 位 / 187,403件 青春 6,844 位 / 6,844件
文字数 5,029 最終更新日 2023.12.03 登録日 2023.12.03
「シャルロット・アンディース公爵令嬢!!! 今ここでお前との婚約を破棄するッ!」  ある日のこと、学園の新入生歓迎パーティーで婚約破棄を突きつけられた公爵令嬢シャルロット。でも……。 「私はあなたの婚約者じゃありませんよ? どなたかとお間違いなのでは? ――そこにいる女性があなたの婚約者だと思うのですが」 「え!?」 ※ざまぁ100%です。 ※小説家になろう、カクヨムに重複投稿しています。
24h.ポイント 42pt
小説 15,513 位 / 187,403件 恋愛 7,044 位 / 56,750件
文字数 4,200 最終更新日 2023.11.20 登録日 2023.11.20
恋愛 完結 長編 R15
「これは白い結婚ということにいたしましょう」  結婚初夜、そうお願いしたジェシカに、夫となる人は眉を顰めて答えた。 「……ああ、お前の好きにしろ」  婚約者だった隣国の王弟に別れを切り出され嫁ぎ先を失った公爵令嬢ジェシカ・スタンナードは、幼馴染でありながら、たいへん仲の悪かった皇太子ヒューパートと王命で婚姻させられた。  ヒューパート皇太子には陰ながら想っていた令嬢がいたのに、彼女は第二王子の婚約者になってしまったので長年婚約者を作っていなかったという噂がある。それだというのに王命で大嫌いなジェシカを娶ることになったのだ。  いくら政略結婚とはいえ、ヒューパートに抱かれるのは嫌だ。子供ができないという理由があれば離縁できると考えたジェシカは白い結婚を望み、ヒューパートもそれを受け入れた。  そのはず、だったのだが……?  離縁を望みながらも徐々に絆されていく公爵令嬢と、実は彼女のことが大好きで仕方ないツンデレ皇太子によるじれじれラブストーリー。 ※こちらの作品は小説家になろうにも重複投稿しています。
24h.ポイント 49pt
小説 14,189 位 / 187,403件 恋愛 6,436 位 / 56,750件
文字数 103,415 最終更新日 2023.11.19 登録日 2023.08.28
 事故死し、妹が好んでいたweb小説の世界に転生してしまった主人公の愛。  転生先は悪役令嬢アイリーン・ライセット。妹から聞いた情報では、悪役令嬢には破滅が待っていて、それを回避するべく奔走するのがお決まりらしいのだが……。 「何よあんた、わたくしの体に勝手に入ってきて! これはわたくしの体よ、さっさと出ていきなさい!」 「破滅? そんなの知らないわ。わたくしこそが王妃になるに相応しい者なのよ!」 「完璧な淑女になるだなんて御免被るわ。わたくしはわたくしのやりたいようにするんだから!」  転生先の元人格である本当のアイリーンが邪魔してきて、破滅回避がままならないのだった。  同じ体に共存することになった愛とアイリーンの物語。 ※第十九回書き出し祭りに参加した話を連載化したものです。 ※小説家になろう、カクヨムで重複投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 124,146 最終更新日 2023.11.17 登録日 2023.10.18
 私ことローニャの義姉、ベレニスは昔から虚言癖があった。  私が伯爵家の後妻の娘として伯爵家に行くなり、「ローニャが私をいじめてくる」と事実無根のことを言ったり、叩かれてもいないのに「お義母様に暴力を振るわれた」と訴えたり。  彼女がどういうつもりかはわからない。ただ嘘吐きだというのは事実。  そんな困った義姉を侯爵家に嫁がせることができ、やっと解放される……!と喜んでいた矢先、侯爵家に呼び出され、いつの間にかベレニスを溺愛するようになっていた侯爵から事実上の死刑宣告を告げられることに。  私たち家族は何もしていないのに……。しかしそこへ私の愛する婚約者が現れて、事態は一変していく。 ※ハッピーエンド、全五話完結です。 ※小説家になろうに重複投稿しています。
24h.ポイント 21pt
小説 23,389 位 / 187,403件 恋愛 10,161 位 / 56,750件
文字数 14,508 最終更新日 2023.11.10 登録日 2023.11.10
貧乏で地味なことを理由で学園でいじめを受けていた男爵令嬢フィルミー・ラボリ。 婚約者の子爵令息にはろくに相手にされない上同性の友人は一人もおらず、毎日孤独な思いをしていた。 彼女はある日、「君の魔法、すごいじゃん」と謎の男性に言われ、学生でありながら魔術師団にスカウトされることに。 そして、仕事を通じてそれまで自覚していなかった魔法の才を開花させ国の最前線で活躍していく。 今まで蔑んできた者たちを見返してスッキリし、最強を目指してさらに腕を磨くフィルミーだったが、なんと第二王子に見初められてしまって……? 貧乏男爵令嬢が幸せを掴む、シンデレラストーリー。 ※小説家になろうに重複投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 187,403 位 / 187,403件 恋愛 56,750 位 / 56,750件
文字数 26,509 最終更新日 2023.10.27 登録日 2023.10.27
月の神に寵愛され、その力を地上へもたらす『月の聖女』ドロレス。 彼女はしかし闇の力を使う魔女だったのだと『陽の聖女』ヘレンから言われ、彼女と親しくなっていた婚約者から婚約破棄、そして追放処分を言い渡されてしまう。 「月の神に寵愛されし私を追放? 本当によろしいのですか?」 「構うものか、即刻出て行け!」 強引に国を追い出されたドロレスは、着の身着のまま聖地という場所にある古城へ足を踏み入れた。 そこで彼女が出会ったのは実体化した月の神マーニー。今まで満月の夜にのみ言葉を交わしていただけだった二人は静かに愛し合う――。 一方、月の神の力を失った祖国は、陽の神に焼き焦がされていた。 ※小説家になろうにも重複投稿。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 10,014 最終更新日 2023.09.29 登録日 2023.09.29
国王の側妃の娘として生まれた故に虐げられ続けていた王女アグネス・エル・シェブーリエ。 彼女は父に命じられ、半ば厄介払いのような形で訳あり侯爵様に嫁がされることになる。 しかしそこでも不要とされているようで、「きみを愛することはない」と言われてしまったアグネスは、ニヤリと口角を吊り上げた。 「どうせいてもいなくてもいいような存在なんですもの、さっさと逃げてしまいましょう!」 逃亡して自由の身になる――それが彼女の長年の夢だったのだ。 あらゆる手段を使って脱走を実行しようとするアグネス。だがなぜか毎度毎度侯爵様にめざとく見つかってしまい、その度失敗してしまう。 しかも日に日に彼の態度は温かみを帯びたものになっていった。 気づけば一日中彼と同じ部屋で過ごすという軟禁状態になり、溺愛という名の雁字搦めにされていて……? 虐げられ姫と女性不信な侯爵によるラブストーリー。 ※小説家になろうに重複投稿しています。
24h.ポイント 35pt
小説 17,759 位 / 187,403件 恋愛 7,839 位 / 56,750件
文字数 27,043 最終更新日 2023.09.16 登録日 2023.09.16
恋愛 完結 長編 R15
伯爵令嬢エメリィ・フォンストは、親に売られるようにして公爵閣下に嫁いだ。 社交界では悪女と名高かったものの、それは全て妹の仕業で実はいわゆるドアマットヒロインなエメリィ。これでようやく幸せになると思っていたのに、彼女は夫となる人に「お前を愛することはない。代わりに好きにしろ」と言われたので、言われた通り好き勝手にすることにした――。 ※本編&後日談ともに完結済み。ハッピーエンドです。 ※主人公がめちゃくちゃ腹黒になりますので要注意! ※小説家になろう、カクヨムにも重複投稿しています。
24h.ポイント 78pt
小説 10,680 位 / 187,403件 恋愛 4,789 位 / 56,750件
文字数 100,209 最終更新日 2023.09.04 登録日 2023.09.02
恋愛 完結 短編 R15
「アナベル・メリーエ。君との婚約を破棄するッ!」  王子を一途に想い続けていた公爵令嬢アナベルは、冤罪による婚約破棄宣言を受けて、全てを諦めた。  ――だってあなたといられない世界だなんて、私には必要ありませんから。  愛していた人に裏切られ、氷に身を閉ざした公爵令嬢。  王子が深く後悔し、泣いて謝罪したところで止まった彼女の時が再び動き出すことはない。  アナベルの氷はいかにして溶けるのか。王子の贖罪の物語。 ※オールハッピーエンドというわけではありませんが、作者的にはハピエンです。 ※小説家になろうにも重複投稿しています。
24h.ポイント 14pt
小説 28,041 位 / 187,403件 恋愛 12,001 位 / 56,750件
文字数 15,515 最終更新日 2023.09.02 登録日 2023.09.02
恋愛 完結 短編 R15
ライトノベルの世界に転生した。 転生先は悪役令嬢のローレル・フィブゼット。貴族学園に通っていた彼女は王子に断罪され、破滅するという未来が待っていた。 本来のストーリーでは他国に追放され、その先で商売を始めて成功を収めていくという話だったが、なんの知識チートもない私にそれは無理な話。 「……なら、破滅しないようにしないと」 ストーリー改変になるのは悪いけれど、私は私なりの幸せな未来を掴むために生きる。 そう思っていたのに――。 「ローレル・フィブゼット公爵令嬢! 僕はお前との婚約を破棄する!」 待っていたのは男爵令嬢に冤罪をかけられたことによる、婚約破棄からの断罪。 学園の追放はギリギリ免れたものの、非常に肩身の狭い思いをしながら過ごさなければならないことに。これからどう生きていけばいいのかわからず困り果てていた私の元へ、一人の男が現れる。 それは騎士団長令息のニック。ガチムチイケメンな彼は、私を鍛え直してやると言い出して……? ※カクヨム、小説家になろうにも重複投稿しています。
24h.ポイント 0pt
小説 187,403 位 / 187,403件 恋愛 56,750 位 / 56,750件
文字数 19,983 最終更新日 2023.09.01 登録日 2023.09.01
恋愛 完結 短編 R15
 おっとりしている――つまり気の利かない頭の鈍い奴と有名な令嬢イダイア。  周囲からどれだけ罵られようとも笑顔でいる様を皆が怖がり、誰も寄り付かなくなっていたところ、彼女は婚約者であった王太子に「真実の愛を見つけたから気味の悪いお前のような女はもういらん!」と言われて婚約破棄されてしまう。  しかしそれを受けた彼女は悲しむでも困惑するでもなく、一人ほくそ笑んだ。 「実験成功、ですわねぇ」  イダイアは静かに呟き、そして哀れなる王太子に真実を教え始めるのだった。 ※こちらの作品は小説家になろうにも重複投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 3,526 最終更新日 2023.08.20 登録日 2023.08.20
私の婚約者だった人が死んだ。 愛していたのに、私が罵り傷つけ続けたせいで、海に身を投げた彼。私はそれを見ていることしかできなかった。 いくら泣いても後悔しても彼は戻って来ない――。 これは愛していた者を死に追いやってしまった公爵令嬢の後悔と弔い、そして新たな恋の物語。 ※小説家になろうにも投稿しています。
24h.ポイント 7pt
小説 34,273 位 / 187,403件 恋愛 14,992 位 / 56,750件
文字数 12,260 最終更新日 2023.03.12 登録日 2023.03.12
26 12