ゾンビキラーヒラノ~なんの才能もなかったヒラノがゾンビだらけの世界でヒーラーとしての才能が芽生えた話

ゾンビ病が流行し人類が滅亡しかけた世界で、なんの才能もなかったモブ同然だったヒラノはある日突然、アルカディアに認められ癒しの右手を手に入れた。
しかし世はアタッカー時代。
防御係のタンクならまだしも回復係のヒーラーは煙たがられヒーラーの存在自体が希少種となっている。
しかしヒラノは、アルカディアがゾンビ病さえも治す力であることに気づく。
ヒラノはゾンビキラーとして生きる道を選ぶのであった。
24hポイント 0pt
小説 59,007 位 / 59,007件 ファンタジー 19,075 位 / 19,075件