タイムスリップビール~黒船来航、ビールで対抗~

★作中で出来上がるビールは、物語完結時に実際に醸造する予定です
これは読むビール、飲める物語

ーーーー
時は江戸。もしくは江戸によく似た時代。

「泥酔して、起きたらみんなちょんまげだった!!!」
黒船来航により世間が大きく揺らぐ中、ブルワー(ビール醸造家)である久我山直也がタイムスリップしてきた。

そんな直也が転がり込んだのは、100年以上の歴史を持つ酒蔵「柳や」の酒を扱う居酒屋。そこで絶対的な嗅覚とセンスを持ちながらも、杜氏になることを諦めた喜兵寿と出会う。

ひょんなことから、その時代にはまだ存在しなかったビールを醸造しなければならなくなった直也と喜兵寿。麦芽にホップにビール酵母。ないない尽くしの中で、ビールを造り上げることができるのか?!

ビールという飲み物を通じ、歴史が、そして人の心が動く。これはお酒に魅せられ、お酒の力を信じた人たちのお話。
24h.ポイント 85pt
0
小説 10,707 位 / 185,467件 大衆娯楽 149 位 / 5,588件