ファンタジー 国外追放小説一覧

カテゴリ ファンタジー
タグ 国外追放×
9
婚約者の第一王子から一方的に婚約を破棄され、冤罪によって国外追放を言い渡された公爵令嬢のリディアは、あっさりとそれを受け入れた。そして、状況的判断から、護衛を買って出てくれた伯爵令息のラディンベルにプロポーズをして翌日には国を出てしまう。 仮夫婦になったふたりが向かったのは隣国。 南部の港町で、リディアが人脈やチートを炸裂させたり、実はハイスペックなラディンベルがフォローをしたりして、なんだかんだと幸せに暮らすお話。 ※リディア(リディ)とラディンベル(ラディ)の交互視点です。 ※ざまぁっぽいものはありますが、二章に入ってからです。 ※そこかしこがご都合主義で、すみません。 ※旧題:追放令嬢と護衛は自由を満喫する ※大変申し訳ないのですが、投稿後に、誤字脱字の修正のほか、言い回しを変更したり、説明不足な部分を書き足したりすることがあります。話の大筋は変わっていませんし、よりわかりやすくしようとした結果ですので、ご容赦いただけるとうれしいです。
24hポイント 2,422pt
小説 758 位 / 110,898件 ファンタジー 197 位 / 28,894件
文字数 519,423 最終更新日 2021.07.23 登録日 2020.10.01
公爵令嬢アリアは不義の子を身籠った事を切欠に、ヴント国を追放される。しかも、それが冤罪だったと判明した後も、加害者である第一王子イェールと妹ウィリアは不誠実な謝罪を繰り返し、果てはアリアを罵倒する。その行為が、ヴント国を破滅に導くとも知らずに―― ※昨年、別アカウントにて削除した『お腹の子「後になってから謝っても遅いよ?」』を手直しして再投稿したものです。
24hポイント 276pt
小説 4,686 位 / 110,898件 ファンタジー 972 位 / 28,894件
文字数 10,065 最終更新日 2021.03.26 登録日 2021.03.22
完結しておりますが、時々閑話を更新しております!  続編も宜しくお願い致します! 聖女のアルバイトしながら花嫁修行しています!未来の夫は和菓子職人です! 婚約者である王太子から真実の愛で結ばれた女性がいるからと、いきなり婚約破棄されたミレディア。 王宮で毎日大変な王妃教育を受けている間に婚約者である王太子は魔法学園で出逢った伯爵令嬢マナが真実の愛のお相手だとか。 彼女と婚約する為に私に事実無根の罪を着せて婚約破棄し、ついでに目障りだから国外追放にすると言い渡してきた。 有り難うございます! 前からチャラチャラしていけすかない男だと思ってたからちょうど良かった! お父様と神王から頼まれて仕方無く婚約者になっていたのに‥ ふざけてますか? 私と婚約破棄したら貴方は王太子じゃなくなりますけどね? いいんですね? 勿論、ざまぁさせてもらいますから! ご機嫌よう! ◇◇◇◇◇ 転生もふもふのヒロインの両親の出逢いは実は‥ 国外追放ざまぁから始まっていた! アーライ神国の現アーライ神が神王になるきっかけを作ったのは‥ 実は、女神ミレディアだったというお話です。 ミレディアが家出して冒険者となり、隣国ジュビアで転生者である和菓子職人デイブと出逢い、恋に落ち‥ 結婚するまでの道程はどんな道程だったのか? 今語られるミレディアの可愛らしい? 侯爵令嬢時代は、女神ミレディアファン必読の価値有り? ◈◈この作品に出てくるラハルト王子は後のアーライ神になります!  追放された聖女は隣国で…にも登場しておりますのでそちらも合わせてどうぞ! 新しいミディの使い魔は白もふフェンリル様! 転生もふもふとようやくリンクしてきました!
24hポイント 71pt
小説 10,773 位 / 110,898件 ファンタジー 2,121 位 / 28,894件
文字数 164,658 最終更新日 2020.12.26 登録日 2020.06.14
4
ファンタジー 連載中 長編 R15
グラディス王国第2王子として産まれたルーカス・グラディスが13歳で受けた成人の儀式で判明したのはスキル『箱庭』と言うものだった。 しかしスキルは発動せず、役立たずのレッテルを張られたルーカスはどこの国も見捨てた枯れた土地に追放され……そうになったが、ある出来事により、自ら進んでその土地に向かった。 ルーカスはその土地に着くとスキルが発動した。 ルーカスはその土地に国を作ることにした。 これはルーカスの国造りの話。
24hポイント 49pt
小説 13,059 位 / 110,898件 ファンタジー 2,504 位 / 28,894件
文字数 14,895 最終更新日 2020.09.05 登録日 2020.08.01
聖女エリスは民の幸福を日々祈っていたが、ある日突然、王子から解任を告げられる。 王子の説得もままならないまま、国を追い出されてしまうエリス。 彼女は亡命のため、鞄一つで遠い隣国へ向かうのだった……。 #表紙絵は、もふ様に描いていただきました。 #エブリスタにて連載しました。
24hポイント 28pt
小説 17,481 位 / 110,898件 ファンタジー 3,180 位 / 28,894件
文字数 25,696 最終更新日 2021.01.30 登録日 2021.01.24
「ミレイユ、君との婚約を破棄する」 疫病から国を守る『破邪の結界』を維持する聖女ミレイユは、ある日突然、婚約者であるアンドレアス伯爵から婚約破棄を告げられ、さらには王都から追放されることになった。 なんとミレイユが聖女として懸命に働いている間に、第二王女ヴェロニカがアンドレアスを寝取っていたのだ。 そんな失意のミレイユに声をかけたのは、イケメンだけどどこかぽんこつなエルフの王子さまで――。 「ってなんであんたはいきなり土下座するんですか!? 王子さまなんですよねっ!? プライドとかないんですか!?」
24hポイント 21pt
小説 19,971 位 / 110,898件 ファンタジー 3,596 位 / 28,894件
文字数 112,824 最終更新日 2021.01.30 登録日 2020.08.31
7
ファンタジー 完結 ショートショート R15
近頃、やたら追放されてしまう聖女様達。 あの聖女が追放された場合は? 聖女も色々ですからね。 ざまぁするのか、しないのか? おとなしく追放されてしまうのか? 気になるあの聖女様が追放された場合を短くまとめてみました。 出演予定の聖女様は、転生もふもふと追放された聖女…に出てくる方々です!
24hポイント 14pt
小説 23,353 位 / 110,898件 ファンタジー 4,256 位 / 28,894件
文字数 5,319 最終更新日 2020.11.16 登録日 2020.06.22
聖女である母の元にうまれた双子の娘、ローズとリリーふたりには異なる力が宿っていた。 ひとりは国の危機を救う聖女の力。 ひとりは国を滅ぼす魔女の力。 我が子を守る為、聖女はふたりの魔力を封印するのだが‥ 聖女である母の死をきっかけにふたりの運命は動き出す。 ふたりの15の誕生日に告げられたのは‥ 魔女である娘の国外追放と聖女である娘の王太子との婚約であった。 果たしてふたりのどちらが聖女なのか? 魔女の烙印を押された娘の運命は‥
24hポイント 7pt
小説 27,630 位 / 110,898件 ファンタジー 5,430 位 / 28,894件
文字数 4,908 最終更新日 2020.11.15 登録日 2020.06.25
 「リアマリカ、お前のような偽聖女とは婚約破棄だ」  「俺様は真実の愛に目覚めたんだ。 お前の妹のオルネリアを真実に愛しているんだ」 どうぞ好きなだけ勝ってに愛して下さい。  「真の聖女はお前の妹のオルネリアだ」  はぁー?私の妹は聖女なわけがないし、そいつは偽聖女なんですが。  まぁ私は神聖魔法なんてろくに使えない偽聖女の妹が聖女になって この国が滅びようがどうでもいいのですが、  「マルカスト、お姉様の事を追放で許してあげて」  妹はこうやって自分がいかに慈悲深い聖女であるかをアピールします。 昔からそうやって優しい私アピールをしていました。  でも今はまじ感謝。  妹ってマジ優しいんですね、今妹に助けられなかったら私は拷問され苦しんだ末死に絶える事でしょう。  「ふん、オルネリアの優しさに感謝するんだな。聖女を偽っていた事、国外追放で許してやる」  元婚約者に初めて感謝しました。国外追放で許してくれてありがとう。馬鹿でありがとう。  私は国外追放され、元々モンスターの侵攻に脅かされていたカドラッケ王国は 今後もモンスターに侵攻され村人はモンスターに食われて行くようです。  私が偽聖女なのは本当の事だし、真の聖女は私がとっくに殺していたのですから。  いや、あれは私は悪くない。悪いのは真の聖女。 だってあんな簡単に腰椎ぶった切れると思わないじゃない。 聖女は魔力気力も特殊で、国全体への結界魔法は張れるけれど、その分自分を守るために魔力気力を回せず 本人の戦闘能力は誰よりも弱いのです。 『聖女様に肩ぶつけて謝りもしないんか、おーっ』とか聖女にいちゃもんつけられたので軽く気力を込めて 切ったら、簡単に腰椎ぶった切って聖女様真っ二つになっちゃったの。 普通の人間なら気力で守っているから、こんな程度で真っ二つになるわけないんですよ。 そのまま上半身だけで『粋がってすんませんした。助けて下さいお願いします』って近づいてくるもんだから、 私怖くなって首も切断して殺して埋めちゃったの。 あ、これやべぇなって、聖女殺しちゃったしって。 幸い聖女の外見なんて12歳ぐらいの中肉中背のどこにでもいるような栗色の毛茶色の目というぐらいしか出回っていなかったので、 私がそのまま聖女のふりしてたんです。 その間、当然多くの人が死んでましたよ、私はまったく何も悪くないけれど、ごめんなさい。
24hポイント 0pt
小説 110,898 位 / 110,898件 ファンタジー 28,894 位 / 28,894件
文字数 1,147 最終更新日 2020.11.29 登録日 2020.11.29
9