恋愛 隣国の王子小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 隣国の王子×
6
1
恋愛 連載中 長編
伯爵令嬢のカリナは10歳の誕生日に実の父親から勘当される。後継者には浮気相手の継母の娘ダリヤが指名された。そして家に置いて欲しければ使用人として働けと言われ、屋根裏部屋に押し込まれた。普通のご令嬢ならここで絶望に打ちひしがれるところだが、カリナは違った。「その言葉を待ってました!」実の母マリナから託された伯爵家の財産。その金庫の鍵はカリナの身に不幸が訪れた時。まさに今がその瞬間。虐待される前にスタコラサッサと逃げ出します。あとは野となれ山となれ。空間魔法を駆使して冒険者として生きていくので何も問題ありません。婚約者のイアンのことだけが気掛かりだけど、私の事は死んだ者と思って忘れて下さい。しばらくは恋愛してる暇なんかないと思ってたら、成り行きで隣国の王子様を助けちゃったら、なぜか懐かれました。しかも元婚約者のイアンがまだ私の事を探してるって? いやこれどーなっちゃうの!?
24hポイント 19,419pt
小説 160 位 / 104,700件 恋愛 107 位 / 29,391件
文字数 128,607 最終更新日 2021.06.13 登録日 2021.04.05
2
恋愛 完結 長編
婚約者のオルフレット殿下とメアリスさんが 抱き合う姿を目撃して倒れた後から。 私ことロレッテは殿下の心の声が聞こえる様になりました。 のんびり更新。
24hポイント 759pt
小説 2,057 位 / 104,700件 恋愛 1,097 位 / 29,391件
文字数 127,953 最終更新日 2021.05.04 登録日 2020.10.26
3
恋愛 完結 短編 R15
「ルシアナ、今日も綺麗だね」 私、ルシアナ・ユーグレイシアの朝はこの一言に始まる。 侍従長を務める伯爵のお父様、その後継として遠縁から引き取られたお義兄様、優しく穏やかなお母様、侍女、そして王立学園に行けば、登校中から教室に入ってまで。 見てくれだけを褒められ続けた結果、私の心は荒み、荒廃し、内心やさぐれていた。 白銀の髪にアイスブルーの瞳、白くて大理石のように滑らかな肌に、細くて長い手脚とメリハリのある体。 暴飲暴食、夜更かしに偏食、何をやっても変わらないこの見た目。 いつしか私の見た目を褒める人は皆敵と思って無表情で過ごすようになれば高嶺の花ときた。 仕方がないので、笑顔で躱す癖もつけました。 そんな時、隣国からの留学生として第一王子が転校してきた。 彼はとても愛想が良く、万人に優しく、そして私にとっても救いの神だった。 「君、すっごく可愛くないね」 爽やかな笑顔で言われた言葉の裏には、彼の秘密があって……? ※感想については近況ボードを参照してください。 ※小説家になろう様でも別名義にて掲載中です。
24hポイント 85pt
小説 9,355 位 / 104,700件 恋愛 4,332 位 / 29,391件
文字数 29,105 最終更新日 2021.03.08 登録日 2021.02.06
4
恋愛 完結 短編 R15
第一王子アポロの婚約者ミザリーは、「親切なミザリー」としてまわりから慕われていました。 ところが、子爵家令嬢のアリスと偶然出会ってしまったアポロはアリスを好きになってしまい、ミザリーを蔑ろにするようになりました。アポロだけでなく、アポロのまわりの友人達もアリスを慕うようになりました。 ミザリーはアリスに嫉妬し、様々な嫌がらせをアリスにする様になりました。 こうしてミザリーは、いつしか親切なミザリーから悪女ミザリーへと変貌したのでした。 ‥ですが、ミザリーの突然の死後、何故か再びミザリーの評価は上がり、「親切なミザリー」として人々に慕われるようになり、ミザリーが死後海に投げ落とされたという崖の上には沢山の花が、毎日絶やされる事なく人々により捧げられ続けるのでした。 ※不定期更新です。
24hポイント 49pt
小説 12,569 位 / 104,700件 恋愛 5,641 位 / 29,391件
文字数 103,354 最終更新日 2021.03.25 登録日 2021.01.29
5
恋愛 連載中 短編
醜いお姫様、そう呼ばれたのはいつ頃だろうか。 幼少期の頃、姉は私にみんなの前で火傷をおわせた。 それから私は笑わなくなり、両親からも放置され、使用人とほぼ同然の扱い。 婚約者も一応いた。 けど、ある日姉の誕生日パーティーで、婚約者が私に婚約破棄をし、姉と婚約を結び直した。 そんな時、私に現れたのは隣国の王子であったーー
24hポイント 14pt
小説 22,302 位 / 104,700件 恋愛 9,249 位 / 29,391件
文字数 5,057 最終更新日 2021.04.04 登録日 2021.04.01
6
恋愛 完結 短編
両親に就寝の挨拶をして寝室で寝たはずの男爵令嬢サリーナ。目が覚めると、移動中の馬車の中だった。 誘拐犯は信頼していた護衛兵士。 雇われていた護衛は、男爵家が裕福な貴族ではないと知っていての犯行。 そして馬車が到着したのはサリーナの実家よりも広い屋敷。 顔を隠した誘拐犯は毎日サリーナに贅沢をさせているけど、その資金はいったいどこから……?
24hポイント 14pt
小説 22,302 位 / 104,700件 恋愛 9,249 位 / 29,391件
文字数 16,567 最終更新日 2021.01.21 登録日 2021.01.15
6