風習小説一覧

タグ 風習×
4
100年に1度ある祭りが催される。 古い風習が残るその村では祭りの最後に神に生贄を捧げるそうな。 生贄を捧げられたが食うわけにもいかず幼子を育てることになった神様の話。とかいつつ、お世話されるお話。
24hポイント 56pt
小説 8,456 位 / 77,449件 ファンタジー 1,892 位 / 22,361件
文字数 2,550 最終更新日 2020.04.30 登録日 2020.04.30
2
ミステリー 連載中 長編 R18
2014年(平成26年)5月7日、轟木町。とある県に位置するこの町は、最寄りの大型市街地からはそれなりに離れたところに位置しており、住人は千人ほどであった。この日、東京都内より一人の少年が、親に連れられて祖父母の住んでいた家がある轟木町を訪れた。少年の名前は、緑川修也。中学校に上がったばかりの13歳である。この日から一週間後の5月14日、この町特有のお祭りである「雛流し」と呼ばれるお祭りに参加するために轟木町を訪れたのだった。 ※不定期更新になります。
24hポイント 0pt
小説 77,449 位 / 77,449件 ミステリー 1,884 位 / 1,884件
文字数 12,031 最終更新日 2020.07.11 登録日 2020.07.03
真由の恋人の慎司が行方不明になった。誰もそれを真剣に考えてはくれないが、真由だけはおかしいと探し続ける。そして慎司が行方不明になる前、男女の双子について話していたことを思い出し──
24hポイント 0pt
小説 77,449 位 / 77,449件 ホラー 2,843 位 / 2,843件
文字数 12,578 最終更新日 2020.04.09 登録日 2020.03.31
4
ホラー 完結 長編 R15
 昭和二十五年、終戦から五年が経過した頃、『鈴音村』では変死事件が立て続けに起こっていた。  一人目と二人目の被害者の少女二人は頭部を切断され、神社の井戸に晒されていた。  三人目の被害者は数千本にも及ぶ針を自ら飲み込み、それを喉に詰まらせて死んだ。  四人目の被害者は妊婦で、自ら腹を裂き、素手で我が子を腹から取り出した後、惨殺。最後は自らの臓物を腹から掻き出して死んだ。  五人目の被害者は自らの手足を三日三晩かけて食い尽くし、達磨の状態となって死んだ。  皆、鈴音村の中で死んだ。凄惨かつ異様な方法で。  閉鎖的な村で起こる連鎖的に起こる変死事件の真相とは。
24hポイント 0pt
小説 77,449 位 / 77,449件 ホラー 2,843 位 / 2,843件
文字数 61,089 最終更新日 2019.02.21 登録日 2018.12.22
4