家庭小説一覧

タグ 家庭×
8
小五の美紗子は、同じクラスの幸一が好きでした。しかしちょっとした事がきっかけで、クラスの一部から反感を買う事になり、事態は思わぬ方向へ…更に引越しを契機に最後に美紗子との時間を求めようと手段を問わない紙夜里とその友達みっちゃん。美紗子を虐める事でクラスで求心力を得て人気者になろうとする根本など。超個性の強いキャラが美紗子の人生を狂わせて行きます。 逃げ道のない現実だから、読めば色々考えられるキャラ主体の文芸小説! こちらは全三部の小中高にまたがる不条理悲劇の予定です。どこか上手く行かない現実へのジレンマ・儚さ。何故そうなってしまったのか? 
24hポイント 106pt
小説 4,938 位 / 60,286件 キャラ文芸 125 位 / 1,553件
文字数 293,073 最終更新日 2019.10.06 登録日 2016.08.08
第一章 シャハルとハルシヤ 解散した元武家の出で従兄弟同士の二人は、お嬢様の学友もとい使いっ走りとなって生活を送る羽目になるのだが… 第二章 雪けぶる町(予告) 冬には雪けぶる辺鄙な田舎町――その町で唯一の料理店・ザキントスの常連客であるポチョムキン夫妻は、店主の娘イオニア・プラスティラスから、ある相談事を持ち掛けられる。〈鋭意執筆中!〉 小説家になろうに投稿済みですが、バックアップを兼ねてこちらにも投稿します。pixivにも遅れて投稿しております。最近はこちらの方が投稿しやすいので、最新話はまず最初にここから投稿している形です。
24hポイント 28pt
小説 10,640 位 / 60,286件 ライト文芸 261 位 / 2,416件
文字数 111,827 最終更新日 2019.09.29 登録日 2018.03.28
とにかく暗いです。こんなに暗い話はめったにありません。ライト文芸なのにヘビーな内容です。
24hポイント 28pt
小説 10,640 位 / 60,286件 ライト文芸 261 位 / 2,416件
文字数 4,071 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.28
 ありふれた沙織の日常生活に、突如入り込んできた得体のしれないモノ……。その正体は誰も知らないまま、一見平穏に沙織とその周囲の人間達が、過ごしていく事になる。  リケジョ志望のクール小学生沙織と、どこか抜けてるゴンザレスの、ドタバタホームコメディ(?)です。  小説家になろう、カクヨムからの転載作品です。
24hポイント 28pt
小説 10,640 位 / 60,286件 ライト文芸 261 位 / 2,416件
文字数 82,576 最終更新日 2017.10.29 登録日 2016.04.29
5
BL 連載中 長編 R18
失業中で主夫になっている洋平。 奥さんの弟で、洋平の義弟である恭二。 このふたりには誰にも言えないヒミツがあった。 そんなふたりの家庭の事情。 表紙絵 白猫ナポリ様
24hポイント 14pt
小説 14,874 位 / 60,286件 BL 2,184 位 / 5,157件
文字数 13,089 最終更新日 2019.01.03 登録日 2019.01.03
大橋孝雄は妻の奈美と出会った30年前にタイムスリップしてしまった。大橋は元の世界に戻れるのか、それとも新たな人生を生きるのか? そして奈美は?
24hポイント 7pt
小説 17,612 位 / 60,286件 ファンタジー 4,707 位 / 19,346件
文字数 10,093 最終更新日 2018.04.28 登録日 2018.04.27
7
BL 連載中 長編 R15
学生時代を描いた「モノラル」と その後の医者になってからの二人を描いた「SECRET LOVE」を一つの作品にまとめました。 「モノラル」 これは恋なのか?  医大のキャンパスでダリルは、一人の男子生徒に目を奪われた。  完全なる美のオブジェに……  同じものを好む彼らは、レコードを通じて同じ世界観に浸って行く。  モノラルの世界へ。  しだいに距離が縮まっていく二人。    その結末は…… 「SECRET LOVE」   これは特別なんだ……。 親友に抱いていた気持ちを学生時代に置いてきたダリル。彼は医者になり、幸せな家庭を築いていた。ある日、職場の病院でその親友と思わぬ再開が訪れ、封印していたはずの気持ちが再び動き出す。その思いを胸に秘め、妻や娘に罪悪感を覚えながらも、彼は密かに親友を思い続ける。禁断にして純粋な大人のラブストーリー。/※この作品は『モノラル』の二人のその後を描いた純愛物語です。 「エブリスタ」にも掲載中です。
24hポイント 7pt
小説 17,612 位 / 60,286件 BL 2,714 位 / 5,157件
文字数 112,803 最終更新日 2019.10.08 登録日 2019.09.18
彼女は確かに生きていた。 生きる希望も未来への期待も何も無い。 彼女は彼女の家族を認めなかった。 いや、認める事ができる人間ではなかった。 たった1人彼女が家族と認めた人がいた事。 その人は彼女の母に殺された事。 そして、彼女が1人の少年に出会った事。 誰もが気付けない程、小さく咲き誇った1輪が静かに枯れたお話。 #ノンフィクション作品
24hポイント 0pt
小説 60,286 位 / 60,286件 エッセイ・ノンフィクション 1,656 位 / 1,656件
文字数 352 最終更新日 2018.10.16 登録日 2018.10.16
8