友坂 悠

友坂 悠

おはなしを読むのも書くのも大好きです。よろしくお願いします。
12
「セリーナ・マクギリウス。貴女の魔法省への入省を許可します」 婚約破棄され修道院に入れられかけたあたしがなんとか採用されたのは国家の魔法を一手に司る魔法省。 そこであたしの前に現れたのは冷徹公爵と噂のオルファリド・グラキエスト様でした。 「君はバカか?」 あたしの話を聞いてくれた彼は開口一番そうのたまって。 ってちょっと待って。 いくらなんでもそれは言い過ぎじゃないですか!!? ⭐︎⭐︎⭐︎ 「セリーナ嬢、君のこれまでの悪行、これ以上は見過ごすことはできない!」 貴族院の卒業記念パーティの会場で、茶番は起きました。 あたしの婚約者であったコーネリアス殿下。会場の真ん中をスタスタと進みあたしの前に立つと、彼はそう言い放ったのです。 「レミリア・マーベル男爵令嬢に対する数々の陰湿ないじめ。とても君は国母となるに相応しいとは思えない!」 「私、コーネリアス・ライネックの名においてここに宣言する! セリーナ・マクギリウス侯爵令嬢との婚約を破棄することを!!」 と、声を張り上げたのです。 「殿下! 待ってください! わたくしには何がなんだか。身に覚えがありません!」 周囲を見渡してみると、今まで仲良くしてくれていたはずのお友達たちも、良くしてくれていたコーネリアス殿下のお付きの人たちも、仲が良かった従兄弟のマクリアンまでもが殿下の横に立ち、あたしに非難めいた視線を送ってきているのに気がついて。 「言い逃れなど見苦しい! 証拠があるのだ。そして、ここにいる皆がそう証言をしているのだぞ!」 え? どういうこと? 二人っきりの時に嫌味を言っただの、お茶会の場で彼女のドレスに飲み物をわざとかけただの。 彼女の私物を隠しただの、人を使って階段の踊り場から彼女を突き落とそうとしただの。 とそんな濡れ衣を着せられたあたし。 漂う黒い陰湿な気配。 そんな黒いもやが見え。 ふんわり歩いてきて殿下の横に縋り付くようにくっついて、そしてこちらを見て笑うレミリア。 「私は真実の愛を見つけた。これからはこのレミリア嬢と添い遂げてゆこうと思う」 あたしのことなんかもう忘れたかのようにレミリアに微笑むコーネリアス殿下。 背中にじっとりとつめたいものが走り、尋常でない様子に気分が悪くなったあたし。 ほんと、この先どうなっちゃうの?
24hポイント 5,718pt
小説 352 位 / 140,697件 恋愛 162 位 / 43,591件
文字数 6,798 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
恋愛 完結 短編
同名の短編の連載版ですが、あちらがシルフィーナの一人称でお話が進んでいったのに対して、こちらは三人称で綴って行きます。 基本ハッピーエンドのラストになるのは変わりません。 少しじれじれとするかもですが、お楽しみいただけると嬉しいです。 よろしくお願いします。 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のシルフィーナに、良縁など望むべくもないことはよく理解しているつもりで。 それでもまさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあって本人の希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ両親と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。  何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 貴族女性の人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 だから。縁談の話があったのも、ひとえに彼女のその魔力量を買われたのだと、 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 それなのに。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 まさか世継ぎを残す義務さえも課せられないとは、思ってもいなくって。 「それって要するに、ただのお飾り妻ってことですか!?」 「何故わたくしに白羽の矢が立ったのですか!? どうして!?」 事情もわからずただただやるせない気持ちになるシルフィーナでした。 それでも、侯爵夫人としての務めは果たそうと、頑張ろうと思うのでしたが……。
24hポイント 116,553pt
小説 4 位 / 140,697件 恋愛 4 位 / 43,591件
文字数 52,995 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.15
同名のタイトル作品、「お飾り妻は離縁されたい」の主人公、シルフィーナの一人称バージョンになります。 読み比べて下さった方、ありがとうございます。 ######################### 「君を愛する事はできない」 新婚初夜に旦那様から聞かされたのはこんな台詞でした。 貴族同士の婚姻です。愛情も何もありませんでしたけれどそれでも結婚し妻となったからにはそれなりに責務を果たすつもりでした。 元々貧乏男爵家の次女のわたくしには良縁など望むべくもないとは理解しておりました。 まさかの侯爵家、それも騎士団総長を務めるサイラス様の伴侶として望んで頂けたと知った時には父も母も手放しで喜んで。 決定的だったのが、スタンフォード侯爵家から提示された結納金の金額でした。 それもあってわたくしの希望であるとかそういったものは全く考慮されることなく、年齢が倍以上も違うことにも目を瞑り、それこそ父と同年代のサイラス様のもとに嫁ぐこととなったのです。  何かを期待をしていた訳では無いのです。 幸せとか、そんなものは二の次であったはずだったのです。 わたくしの人生など、嫁ぎ先の為に使う物だと割り切っていたはずでした。 女が魔法など覚えなくともいい それが父の口癖でした。 洗礼式での魔力測定ではそれなりに高い数値が出たわたくし。 わたくしにこうした縁談の話があったのも、ひとえにこの魔力量を買われたのだと思っておりました。 魔力的に優秀な子を望まれているとばかり。 だから。 「三年でいい。今から話す条件を守ってくれさえすれば、あとは君の好きにすればいい」 とこんなことを言われるとは思ってもいなくて。 新婚初夜です。 本当に、わたくしが何かを期待していた訳ではないのです。 それでも、ですよ? 妻として侯爵家に嫁いできた身としてまさか世継ぎを残す義務をも課されないとは思わないじゃ無いですか。 もちろんわたくしにそんな経験があるわけではありません。 それでもです。 こんなふうに嫁ぐ事になって、乳母のミーシャから色々教えて貰って。 初夜におこなわれる事についてはレクチャーを受けて、覚悟してきたのです。 自由な恋愛など許される立場ではなかったわたくしです。 自分の結婚相手など、お父様が決めてくる物だとそう言い含められてきたのです。 男性とそんな行為に及ぶ事も、想像したこともありませんでした。 それでもです。 いくらなんでもあんまりじゃないでしょうか。 わたくしの覚悟は、どうすればいいというのでしょう?
24hポイント 16,287pt
小説 132 位 / 140,697件 恋愛 73 位 / 43,591件
文字数 8,424 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.05.05
わたくしセリア・フォン・ローゼンシュタインは花も恥じらう17歳。現在は聖女の職についております。 聖女は公職。 元来皇女や公女、聖なる血筋に連なる息女が婚姻までの期間勤める名誉職なのですが、皇太子妃の選定となると少し事情が変わっていて。 昔から皇太子妃に選ばれるためには聖女の職にあったものでないと、という不文律があったのです。 まあ今は、そういう事情もあってアルベルト皇太子の婚約者であるわたくしが現在の聖女を努めているわけなのですが……。 「今日を限りに貴女との婚約を破棄させて頂きたい!」 はい? 今、なんと? 「ローゼンシュタイン大公には先ほど早馬を送った。貴女に落ち度は無い。全てはこの帝国の行く末を勘案し、思慮思案した結果の事。セリア、君には本当に申し訳なく思っている」 真剣な眼差しで、そう語る彼。 元々は政治的な思惑が深く関わった婚約ではありました。 未来の帝国を担う皇太子と、帝国を構成する国家の中でも今一番力があると言われているローゼンシュタイン大公国公女の結びつきは、世界の安定にも寄与するはずでした。 ですから、他にもっと利点がある妃候補が見つかったのであれば。 こういう選択肢を彼や彼の周辺が選ぶということはあり得たこと。 もちろんわたくしの父上は激怒するでしょう、しかしその見返りをもどうやら用意をしているご様子。 それでも。 幼い頃より貴方に恋をしていたわたくしのこの気持ちはどうすればいいというのです!? ああ。もう何も信じることができません。 わたくし、もう恋なんかしません! こんな悲しい思いをするのはもう嫌です! ええ、わかりました上等です婚約破棄でもなんでも受け入れましょう。 わたくしは国にこもって猫を愛でて暮らしますから!! はい? 真の聖女? なんですかそれ? はうう。ちょっと様子が違ってきたのですが……。 ※一昨日アップした「お飾り聖女は恋したい」とタイトルは対になっていますが、中身は全く別のお話です。
24hポイント 3,613pt
小説 508 位 / 140,697件 恋愛 230 位 / 43,591件
文字数 5,627 最終更新日 2022.04.15 登録日 2022.04.15
 聖女は公職。 本来なら未婚の王族が結婚までの期間任命される名誉職。 しかし今代、めぼしい王族や血縁の公爵家には該当者が居なかったため、やむをえず白羽の矢が立ったのがわたくしレテシア・マクレーンでした。 わたくしの実家マクレーン公爵家は一応公爵という爵位は頂いているものの、百年ほど前に断絶した当時の王家の某系で、現在の王室とは直接の繋がりの無い家柄。 お飾りではあったけれどとりあえずは食べるのに困らないし落ち目で貧乏な実家の助けになるかと引き受けたのですが……。 なんと、聖女は恋愛禁止なのです!? 恋愛すると聖女の力が弱まるからダメですと? でもわたくし、魔力特性が無いのでもともと聖女の力は使えないのですけど……。 そんな折、聖女庁を統括するマクシマム王太子がわたくしの目の前で宣言します。 「聖女レテシアよ、本日この時をもって貴様は解任だ。聖女の位は剥奪、この聖女庁より追放する!」 と。 冷たい視線をこちらに向ける王太子。 はう。急に一体何が? そう思って首をかしげていると。 「お前のそういうとこ所が私はずっと気に入らなかったのだ。聖魔法も碌に使えない半人前のくせに。お前のような者を聖女として迎えた事自体が誤りだったのだ!」 そう怒鳴るマクシマム殿下。 「まあいい。真の聖女が見つかった今となってはお前はもう用済みだ。荷物を纏めてとっとと実家に帰るといい!」 まあでも。 それなら。 ええ、望むところです! このまま恋愛も出来ず干物のような人生を送るくらいなら、貧乏にだって耐えて見せますわ! おうちに帰ればわたくしの愛しいティア(猫)も待っている筈。 彼女の真っ白なもふもふの毛並みを堪能して、にくきゅうをもみもみして。 ああもう考えるだけで幸せな気持ちに浸れます。 さあさ帰りましょうと荷物を纏めていたわわたくしでしたがなんだか様子がおかしくて……。
24hポイント 2,776pt
小説 646 位 / 140,697件 恋愛 297 位 / 43,591件
文字数 7,174 最終更新日 2022.04.13 登録日 2022.04.13
恋愛 連載中 長編
かつて光の聖女と呼ばれた母。異世界から召喚された彼女は勇者と共にこの世界を救ったのだった。 そして。 その娘であるあたしは……。 人と違う髪色。鼻ぺちゃな顔。 決して美人な部類にはみられないそんなコンプレックスの塊。 だったので。。 あたし、ルリア・フローレンシア。 王子様を夢見る少女、な訳なくて。 あたしみたいな人とは違う普通じゃない容姿の人間にまともに恋愛なんかできっこない、そう卑下して生きてもう十五年。 学校でも隅っこで勉強だけ頑張ってるそんなひっそり目立たずがモットーで。 でも。 やっぱり泣いちゃうこともあるんだよね。 そんな時現れた王子様。 第一王子、ジルベール・ド・オルレアン。 王弟、アーサー・ユーノ・オルレアン。 二人の王子様に翻弄されながらすごすうちに少しづつ自分に自信ももててきて。 それに。 この世界にもまだ秘密があるみたい。 あたしのチカラも人とはなんだか違ってて。。
24hポイント 688pt
小説 2,207 位 / 140,697件 恋愛 1,090 位 / 43,591件
文字数 21,023 最終更新日 2021.05.14 登録日 2021.05.04
恋愛 連載中 長編
さっきまでゲームをしていた筈だったあたし。 気がついたらなんだか猫になっちゃってて、おまけにそこは西洋風なお貴族様な世界。 って、これって夢だよね? 王子様にも婚約破棄されちゃうし、どうしよう。
24hポイント 418pt
小説 3,545 位 / 140,697件 恋愛 1,784 位 / 43,591件
文字数 115,034 最終更新日 2021.05.12 登録日 2020.08.22
あたし、レティーナ。 聖女だけど何もお仕事してないって追放されました。。 ほんとはすっごく大事なお仕事してたのに。 孤児だったあたしは大聖女サンドラ様に拾われ聖女として育てられました。そして特別な能力があったあたしは聖獣カイヤの中に眠る魔法結晶に祈りを捧げることでこの国の聖都全体を覆う結界をはっていたのです。 でも、その大聖女様がお亡くなりになった時、あたしは王宮の中にあった聖女宮から追い出されることになったのです。 住むところもなく身寄りもないあたしはなんとか街で雇ってもらおうとしますが、そこにも意地悪な聖女長さま達の手が伸びて居ました。 聖都に居場所の無くなったあたしはカイヤを連れて森を彷徨うのでした……。 そこで出会った龍神族のレヴィアさん。 彼女から貰った魔ギア、ドラゴンオプスニルと龍のシズクを得たレティーナは、最強の能力を発揮する! 追放された聖女の冒険物語の開幕デス!
24hポイント 781pt
小説 1,983 位 / 140,697件 恋愛 974 位 / 43,591件
文字数 103,310 最終更新日 2021.02.24 登録日 2021.01.31
恋愛 連載中 長編
理不尽な事が大っ嫌いな聖王国第三王女アリシア。 聖女でもあった彼女はある時この世界の真実に気づく。 そして。 ■■■■■■■■■■■■■■■■ 時は魔王討伐戦争の最中。 真那の世界と魔の世界、表と裏二つに分かれたその世界の間の戦争は百年の永きに亘って続いていた。 そんな中、人間世界のとある王家に第三王女として生まれ変わったあたし、有森亜里沙《ありもりありさ》はたち。 大学からの帰り道、横断歩道で転んだ女の子を助けようとして事故で死んじゃって。そんでもってこんなふうに異世界転生を果たしたらしい。 どうしてこんなことになったのかはわからないけどね? でも死んじゃったものはしょうがないから。 こうして生まれ変わった? のならこの人生をちゃんとまっとうしなくちゃいけないよね。 まあでも? 異世界転生とか最近のweb小説の流行りにあった主人公が理不尽な目に遭うそんなおはなしが生理的にダメだったあたし。 っていうか理不尽っていうそのものがダメなあたし。 なんとかこの世界ではそんな事がおこらないと良いな。そんなこと考えながら頑張っていきますね。
24hポイント 326pt
小説 4,499 位 / 140,697件 恋愛 2,249 位 / 43,591件
文字数 12,246 最終更新日 2021.02.09 登録日 2021.01.31
80年代風アイドルの栗宮まみ。デビュー曲が月の降る夜に。いまいち売れてない。 事務所の先輩春野やよいさんの曲、スプリングバケーションは大ヒット、とは行かないまでもそこそこヒットしてるのに。 そんな時水害に被災した街に慰問に行くことを提案する事務所社長。 公民館での炊き出し屋台。 お掃除の手伝いボランティア。 そして夜の慰問ライブ。 「あんな田舎の街、テレビだって取り上げてくれないわ。あたしはパス」 先輩やよいが断る中、お仕事があまりないまみに白羽の矢がたち、そして…… ※別サイトからの転載に加筆したものです。 ※歌、歌詞は全てオリジナルです。
24hポイント 369pt
小説 4,031 位 / 140,697件 ライト文芸 71 位 / 6,043件
文字数 8,126 最終更新日 2020.07.23 登録日 2020.07.19
リリカルなボーイミーツガールデス
24hポイント 383pt
小説 3,855 位 / 140,697件 恋愛 1,941 位 / 43,591件
文字数 3,695 最終更新日 2019.06.30 登録日 2019.06.30
最強賢者ラギレス。 魔王を倒した後世界を守るために自らの命を犠牲にし……。 数年後、生まれ変わったら、なんと猫、でした。 実はこれが三度目の転生で、 今度こそはまったりもふもふ幸せになろう! そう決意するのでした♪ 五月十日より第二部開始しました♪ よろしくお願いしますにゃぁ^_^ 最強の神様。猫に転生しまったりもふもふ冒険します♪
24hポイント 1pt
小説 609 位 / 20,753件 ファンタジー 261 位 / 8,139件
登録日 2020.05.17
12