はい、こちら黄泉国立図書館地獄分館です。

 就職初日に階段から足を滑らせて死んでしまった、新人司書の天野宏美(見た目は大和撫子、中身は天上天下唯我独尊)。
 そんな彼女に天国の入国管理官(似非仙人)が紹介したのは、地獄の図書館の司書だった。
 どうせ死んでしまったのだから、どこまでも面白そうな方へ転がってやろう。
 早速地獄へ旅立った彼女が目にしたのは――廃墟と化した図書館だった。
「ま、待つんだ、宏美君! 話し合おう!」
「安心してください、閻魔様。……すぐに気持ちよくなりますから」(←輝く笑顔で釘バッド装備)
 これは、あの世一ゴーイングマイウェイな最恐司書による、地獄の図書館の運営記録。

※『舞台裏』とつく話は、主人公以外の視点で進みます。
※小説家になろう様にも掲載中。
24hポイント 14pt
小説 4,926 位 / 21,794件 大衆娯楽 57 位 / 594件