最初に好きになったのは…声

やわらかな声と、やさしい笑み。ぷにぷにしたそこかしこ。
結構モテるオレと、図書室のマル。こんなはずじゃなかったのに…
この気持ちに名前をつけて、逃げずに向き合ったら、以外とライバルも多くて苛立ちがとまらない。
責任を取ってもらうべく、今日も図書室に足を向ける。
いつか、絶対名前を呼んでもらうために。

他サイトで2010年から公開していたものを加筆修正しています。
完結までこぎつけますように。
24hポイント 0pt
小説 63,835 位 / 63,835件 恋愛 15,915 位 / 15,915件