パーティ小説一覧

タグ パーティ×
8
『運命って何でしょうか』から題名変更。 冒険者として過ごしていたセリが、突然、番と言われる。「番って何?」 「初めて会ったばかりなのに?」番認定されたが展開に追いつけない中、元実家のこともあり 早々に町を出て行く必要がある。そこで、冒険者パーティ『竜の翼』とともに旅立つことになった[第1章]。次に目指すは?[第2章] 『[R18]運命の相手とベッドの上で体を重ねる』 もぼちぼち投稿中
24hポイント 753pt
小説 1,213 位 / 58,718件 ファンタジー 371 位 / 19,018件
文字数 49,119 最終更新日 2019.11.13 登録日 2019.09.16
 ヴェルダレア帝国に所属する最強冒険者パーティ『永遠の色調《カラーズ・ネスト》』は強者が揃った世界的にも有名なパーティで、その名を知らぬ者はいないとも言われるほど。ある事情により心に傷を負ってしまった無属性魔術師エーヤ・クリアノートがそのパーティを去っておよそ三年。エーヤは【エリディアル王国】を拠点として暮らしていた。  それからダンジョン探索を避けていたが、ある日相棒である契約精霊リルからダンジョン探索を提案される。渋々ダンジョンを探索しているとたった一人で魔物を相手にしている美少女と出会う。『盾の守護者』だと名乗る少女にはある目的があって―――。  個の色を持たない「無」属性魔術師。されど「万能の力」と定義し無限の可能性を創造するその魔術は彼だけにしか扱えない。実力者でありながら凡人だと自称する青年は唯一無二の無属性の力と仲間の想いを胸に再び戦場へと身を投げ出す。  青年が扱うのは無属性魔術と『罪』の力。それらを用いて目指すのは『七大迷宮』の真の踏破。
24hポイント 92pt
小説 5,353 位 / 58,718件 ファンタジー 1,468 位 / 19,018件
文字数 282,206 最終更新日 2019.09.07 登録日 2019.07.23
 街の人たちと一緒に、剣と魔法の世界に飛ばされた小城裕作は、何故か一人だけチュートリアルを受けさせられる。そこで生まれ持ったゲームの才能で、魔王を倒せる最強パーティーのシステムを思いついた。  最強の組み合わせになるのは、初期ステータスを極振りしたメンバーだけのパーティー。しかし最強の組み合わせを作るなら、最高のダメージ効率がだせる魔剣士だけは捜すのが不可能に近い。ならば自分がなるしかないのだが、もし他のメンツを集められなければゴミになってしまうようなステータスである。  周りはクラスメイトや町の人たちばかりで頼りにならない。だからゲームの得意な自分が頑張って魔王を倒さなければ、もとの世界に帰ることもできない。しかし死んでしまうと装備品と一週間分の経験値をロストする世界でレベルを上げるのはかなりのハードルである。  やっとの思いで裕作の考える最強のパーティーは出来たものの、なぜ最強であるのかパーティーメンバーにすら理解してもらえなかった。  そんな中で主人公は地道なレベル上げを始める。
24hポイント 21pt
小説 11,502 位 / 58,718件 ファンタジー 2,831 位 / 19,018件
文字数 352,088 最終更新日 2018.03.04 登録日 2018.01.29
4
ファンタジー 完結 ショートショート R15
「買い出しいってこい。」 帰ってきたらパーティメンバーが誰も居ない。 さてどうしようかなー いろんな店があって、全部美味しいそうなのだが、シャトーブリアンは金貨1枚どういうことだろう。 短編です。 書き足す可能性もあります。 小説家になろうにも投稿しています。
24hポイント 14pt
小説 13,375 位 / 58,718件 ファンタジー 3,346 位 / 19,018件
文字数 4,348 最終更新日 2018.06.28 登録日 2018.06.28
この世界では5歳になった時に教会に出向きお告げの後にステータスの書かれた紙を神官から受け取る事となっている。 シン=サザンクロスはサザンクロス家という貴族の家の三男で生まれ、この度5歳になり神官の儀を受ける。 職業はレアな召喚術師であったが、ステータスが全て10と表記されていた紙を渡されてしまい、そこから生活が一変してしまう。 そんなドタバタな物語です。
24hポイント 0pt
小説 58,718 位 / 58,718件 ファンタジー 19,018 位 / 19,018件
文字数 26,028 最終更新日 2018.02.28 登録日 2018.01.18
目覚めると見知らぬ森にいた____。 年齢も、自分の名前さえ思い出せない状況下で僕らはある街にたどり着く。 そこは見たこともない文化で溢れる辺境の街だった。 その街で僕らは、“モンスター”を狩ることを決意する。 生きていくために、 自分のことを知るために、 僕らは前へ進まなければならない。 ユッタの意味、ときおり見える記憶のカケラ。 そして本当の真実を知ったとき、掌に掴むのは希望か、それとも絶望か。 銅貨を握りしめ、僕らは今日も生きて行かねばならない。 たとえ、どんな逆境に打ちひしがれようとも_____。
24hポイント 0pt
小説 58,718 位 / 58,718件 ファンタジー 19,018 位 / 19,018件
文字数 25,568 最終更新日 2018.07.06 登録日 2018.02.08
「異世界?ぷっ、そんなものあるわけないじゃん」 最近はやりのノベル小説、アニメetc…、それは異世界モノ。 流行しているものがだいたい嫌いな主人公、風音 輝人(かの きらと)は特に異世界モノが大っ嫌いだった。 彼が大学生のある日、異世界を夢見る友人、時田 翼(ときた つばさ)は彼に異世界に行けるという方法を教えた。 風音は薄笑いを浮かべ、友人を馬鹿にするために実行するが…いやまさかのここは 《異世界!》 さぁ、彼の最強で最高な異世界生活が、幕を開ける!! と思われたのもつかの間、 「まさか俺、 ちょうよえー」 Lv1の遊び人の寄生プレイが今始まる!
24hポイント 0pt
小説 58,718 位 / 58,718件 ファンタジー 19,018 位 / 19,018件
文字数 238,892 最終更新日 2019.10.15 登録日 2018.07.22
ビビリでヘタレなケイマは、自身の防御力のみを上げに上げ続けて、絶壁の匠(シールドマスター)の称号を手に入れた。 「モンスターと戦うのは無理。故に攻撃力を上げる必要なし。虫も殺せない僕だよ。モンスターを殺すなんて無理だよ」 勇敢で正義感の強いユウキは、攻撃力のみを上げに上げ続けて、進撃の匠(アタックマスター)の称号を手に入れた。 「攻撃力をあげれば、防御力を上げる必要なんてない。何故ならオレが剣を振れば敵を一層できるから」 口が悪いけど可愛いヒロインかと思ったら夕飯に毒草を入れてきたり、防御力を上げなかったばかりにゴブリンに一撃でやられそうになったり、前途多難な彼らの旅は続くのだった。
24hポイント 0pt
小説 58,718 位 / 58,718件 ファンタジー 19,018 位 / 19,018件
文字数 44,438 最終更新日 2019.09.19 登録日 2019.08.30
8