野球部小説一覧

タグ 野球部×
14
1
恋愛 完結 長編 R18
篠田青葉はひょんなきっかけで、1コ上の兄の親友と付き合う事となった。 そんな2人のただただいちゃいちゃしているだけのお話です。 この作品は、「小説家になろう」にも掲載しています。
24hポイント 241pt
小説 5,929 位 / 149,073件 恋愛 2,843 位 / 47,003件
文字数 48,937 最終更新日 2022.06.05 登録日 2022.05.04
2
BL 連載中 短編 R18
夏休みも部活に精を出す野球部員の忠楽(ちゅうら)と北斗(ほくと)。 蒸し暑い部室の中、性に興味津々な男子が二人きり。 たった一本しかないアイスバーを分け合うための親友の提案とは…!? 「このアイス、二人で半分こしねえ?」 「……どうやって?」 「ふつーに、両側から舐めればいいじゃん」 いつものアイスも二人で舐めれば、それは特別なバニラ味! 🍨坊主野球部DK×片想い野球部DK🍨の純情BL!
24hポイント 78pt
小説 12,790 位 / 149,073件 BL 2,779 位 / 17,162件
文字数 12,811 最終更新日 2021.10.12 登録日 2021.10.12
「目立つことも、大声を出すことも苦手。 地味に無難に生きていきたい」そう思っていたはずなのに、なぜか野球部のマネージャーになってしまって......。 内向的なヒロインが幼なじみと一緒の野球部に入部して、青春したり恋したりするお話です。 2020.08.17〜2020.08.18 幼なじみ×野球×初恋青春もの。
24hポイント 28pt
小説 22,294 位 / 149,073件 青春 225 位 / 5,464件
文字数 9,826 最終更新日 2020.08.18 登録日 2020.08.17
4
青春 完結 長編
 ──私の想いは届かない。私には、気持ちを伝えるための”声”がないから。  幼馴染だった三人の少年少女。広瀬慎吾(ひろせしんご)。渡辺美也(わたなべみや)。阿久津斗哉(あくつとおや)。そして、重度の聴覚障害を抱え他人と上手くうち解けられない少女、桐原悠里(きりはらゆうり)。  四人の恋心が激しく交錯するなか、文化祭の出し物として決まったのは、演劇ロミオとジュリエット。  ところが、文化祭の準備が滞りなく進んでいたある日。突然、ジュリエット役の桐原悠里が学校を休んでしまう。それは、言葉を発しない彼女が出した、初めてのSOSだった。閉ざされた悠里の心の扉をひらくため、今、三人が立ち上がる!  これは──時にはぶつかり時には涙しながらも、卒業までを駆け抜けた四人の青春群像劇。 ※バレンタイン・デイ(ズ)の姉妹作品です。相互にネタバレ要素を含むので、了承願います。 ※表紙画像は、ミカスケ様にリクエストして描いて頂いたフリーイラスト。イメージは、主人公の一人悠里です。
24hポイント 28pt
小説 22,294 位 / 149,073件 青春 225 位 / 5,464件
文字数 160,770 最終更新日 2020.10.22 登録日 2019.03.16
憧れの先輩。 ずっと思っていた訳ではないが・・・・・。 【CAST】 真北 柑里 (さの かんり) 三枝 稑  (さえぐさ りく) 派内 樹  (はない いつき)
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 恋愛 47,003 位 / 47,003件
文字数 4,864 最終更新日 2022.03.17 登録日 2022.03.11
6
青春 連載中 長編
___『また走ったァァァァッ!!判定はセーフ!!近畿の韋駄天が二盗三盗と連続盗塁を成功させました!今大会連続盗塁記録を大幅に更新!!その歩みはとどまるところを知りません』_____ その光景が目に入ったのは、何の変哲もない当たり前の日常が過ぎようとしていた夏の終わりだった。 思えば、それが始まりだったのかもしれない。中学三年生にもなって進学先も決めずに何となくフラフラとしていた自分が、予選一回戦負けするような弱小チームの補欠だった自分が。 あの舞台に並び立つことは。 これは、とある新設強豪校に入学してきた最弱の投手が、栄冠を手にする物語。
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 青春 5,464 位 / 5,464件
文字数 1,721 最終更新日 2021.08.20 登録日 2021.08.20
高校三年生の「マコ」こと佐々木麻琴は、野球部きっての左腕投手。 右投げの同級生「ルキ」と双子と呼ばれながら活躍を期待されてきたが、 家庭の事情で野球の道を諦めようと決意する。 そんな中、野球部の寮では妙な夢を見る現象が広がっていた。 「どうせ見るなら、夢が叶う夢がいい」 野球のことを諦めきれないマコと、マコの進路を知って落胆するルキ。 その夜、マコはおかしな夢を見る――。 魔法のiらんど 短編コンテスト「魔法の5分間<2>」作品集に選出いただきました。 小説家になろう 等、他の小説投稿サイトにも投稿させていただいております。 --- 写真素材撮影:香桐れん
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 青春 5,464 位 / 5,464件
文字数 7,663 最終更新日 2021.07.10 登録日 2021.07.10
「将来の夢はプロ野球選手」。 小さい頃から少年野球チームでエースだった「俺」は、 高校球児として甲子園を沸かせ、 果ては念願のプロ野球選手となる――はずだった。 夢を絶たれて絶望のどん底に突き落とされた「俺」の運命は。 エブリスタ投稿済作品。 小説家になろう 等、他の小説投稿サイトにも投稿させていただいております。 --- 表紙作成:かんたん表紙メーカー 写真素材:Gabriele Motter
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 青春 5,464 位 / 5,464件
文字数 2,936 最終更新日 2021.07.07 登録日 2021.07.07
若き野球熱心な少年が、甲子園優勝、またプロ野球選手になるという夢を実現するために様々な壁とぶつかり、仲間と共にとてもハードな試練を乗り越えて行くストーリー。
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 ファンタジー 35,509 位 / 35,509件
文字数 874 最終更新日 2020.07.26 登録日 2020.07.26
僕は二次元オタクだ。 部屋にはポスターを貼って学校ではラノベを読むくらいの。 僕は三次元にはなんの期待もしない、だって期待したところであってあっちから向かってくることなんかないしな。 そんな僕だったが一人の少女に話しかけられて勘違いをする。 相手が僕のこと好きだと勘違いしていろんなところに誘ってみたり一方的オタクの知識を披露したりした。 この時の僕は知らなかった女の子との接し方だから嫌われるようなこともしたかもしれない そして相手が僕のことを好きでないことに気づく、僕はねるを好きになってしまったことに気づいた。 そして僕は泣いた。ねるの好きな人が僕じゃないことに、二次元最高三次元クソだと思っていたのにさ。 三次元もいいものだなと思ったよ。 二次元はまだ好きだけどね。 僕はねるの好きな人には敵わないと思い、ねるの好きな人のためになることをやった。 ねるの好きな人の幸せのために動けばねるも幸せだろうと思ってね。 僕はこれ以上ないほど努力したんだ。 そんな僕の恋をして成長をしていく物語
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 ライト文芸 6,168 位 / 6,168件
文字数 48,496 最終更新日 2022.05.04 登録日 2020.07.25
11
BL 連載中 長編
地味で目立たず、家庭環境の最悪なシンジと、 クラスの人気者で、野球バカのケイタ。 二人の高校3年生が過ごした「割り切れない」青春のお話です。
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 BL 17,162 位 / 17,162件
文字数 35,896 最終更新日 2019.10.26 登録日 2019.09.17
12
青春 完結 短編
「どうせ勝ち目がないなら、とっとと終わらせてやればいいのにな」 甲子園球児達の輝きに、今の僕は何を思うだろう。 ※この作品はTwitter(@ojitw)・カクヨム・小説家になろう・エブリスタ・アルファポリス・pixiv等に掲載しています。
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 青春 5,464 位 / 5,464件
文字数 2,548 最終更新日 2019.08.21 登録日 2019.08.21
13
青春 連載中 短編
母子家庭で育った尾崎は奮闘の末、夏の甲子園大会で優勝投手となる。彼の野望は、ドラフト会議で上位指名され、多額の契約金を手に入れて、病気の母親を養い、成績優秀な弟を大学に進学させてやることだった。だが、甲子園大会での投げ過ぎにより、肩を故障してしまう。ドラフト会議での指名を勝ち取るために、ひたすら肩の故障を隠す尾崎。果たして尾崎は指名されるのか……。多額の契約金を手に入れることができるのか……。
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 青春 5,464 位 / 5,464件
文字数 42,117 最終更新日 2020.09.08 登録日 2020.09.08
14
恋愛 完結 長編
ずっと近くにいたはずの幼なじみは、いつの間に届かない存在になってたんだろう…。 久しぶりに戻ってきた生まれの街、 久しぶりに再会した大切な野球仲間、 そしてなぜかすっかり高嶺の花になってしまった、僕のずっと好きな人。 片想いでも、たとえ叶わない恋でも、 なかなか言えなくても、それでも、 「伝えたい」 そう思ってしまうのはどうしてなんだろう。 『太陽に手を伸ばしても』 この話が、読んだあなたの恋の思い出になりますように!
24hポイント 0pt
小説 149,073 位 / 149,073件 恋愛 47,003 位 / 47,003件
文字数 62,292 最終更新日 2019.01.31 登録日 2019.01.29
14