鑑定小説一覧

14
 ある世界に転生した男が、前世やり込んでいたゲームの知識を使って自分が生き残るため、そして、家族や領地を守るために奮闘し、最終的には悪役令嬢の運命までも変える物語である。  アルスは貴族の子として誕生すると、幼少の内から才能を発揮し、10歳を超えた頃には周りから神童と呼ばれるまでになった。しかし、その裏にはある秘密が隠されており…… 「あれっ? もしかして……俺が転生したこの世界、グレシアスが舞台なんじゃね?」  アルスは転生者だったのだ。しかも、転生先は前世ハマっていたグレシアスと呼ばれるゲームの世界。加えてそのゲームは難易度が恐ろしいほど高い、鬼畜ゲームとして有名であった。また、更に追い打ちをかけるように…… 「ちょっと待って、もうすぐ王国全体で大規模な戦争が起こるじゃん!」  アルスが気づいた頃にはもう時既に遅し。グレシアスのイベントである、戦争イベントが近づいていたのだった。 「このままじゃいられない! イベントに備えて行動しないと!」  間近に迫った戦争イベントを乗り越えるため、そして家族や愛する者を守るために、前世で培ったゲームの知識を駆使し、アルスは誰もが成し得なかった偉業を達成することが出来るのか。  ゲームのモブとは言わせない。華麗な躍進劇をお見せしよう。  皆様、ぜひ作者と本作を応援してもらえると嬉しいです。  *カクヨム様やなろう様でも投稿しています。  投稿頻度は1日1話を目指して投稿を進めております。
24h.ポイント 113pt
小説 8,177 位 / 185,045件 ファンタジー 1,380 位 / 42,518件
文字数 214,336 最終更新日 2024.05.12 登録日 2023.08.21
 スラムの路地で、ひもじい思いをしていた一人の少年。  「あれぇ? 俺、転生してるじゃん」  殴られた衝撃で前世の記憶を思い出した少年。  異世界転生だと浮かれていたが、現在の状況は良くなかった。  「王道に従って冒険者からの立身出世を目指すか…。それとも…」  そして何を思ったか、少年は裏社会から異世界でのし上がって行く事を決意する。  「マフィアとかギャングのボスってカッコいいよね!」  これは異世界に転生した少年が唯一無二の能力を授かり、仲間と共に裏社会から異世界を支配していくお話。  ※この作品はカクヨム様にも更新しています。
24h.ポイント 113pt
小説 8,177 位 / 185,045件 ファンタジー 1,380 位 / 42,518件
文字数 250,058 最終更新日 2024.03.12 登録日 2023.12.16
3
恋愛 連載中 長編
key
美醜逆転ものです。 鑑定と治癒魔法を使って奴隷を治したり冒険者みたいなことしてみたり、ほのぼの生きていきます。 ほのぼの、がいつまで続くかは、お楽しみに。 ifエンドという形にしようと思ってますのでお好きなエンドのみお読みください。 始めは恋愛というよりファンタジーです。奴隷くんは少し経ってから出てきます。
24h.ポイント 56pt
小説 12,988 位 / 185,045件 恋愛 5,867 位 / 56,197件
文字数 23,310 最終更新日 2024.02.16 登録日 2024.01.30
4
恋愛 完結 短編
シオン・トゥルース子爵令嬢は変わった令嬢だった。トゥルース家の祖父が趣味でやっていた古物店のお店が子爵家の屋敷の側にあり、幼い頃から出入りしていた。 この独特の雰囲気と古物の匂いが好きだった。祖父から様々な物の見方を習い、シオンが成長すると、その店を継いだ。 その過程でシオンの父親も、貿易商を営んでおり、輸入品についてシオンに学ばせていた。 気付けばトゥルース子爵家の古物屋『トゥルーアイ』は国内でも知る人ぞ知る隠れた名店となっていた。 「う〜ん、良い仕事してますねぇ~」 今日もシオンの口癖が店内に響き渡るのだった。
24h.ポイント 28pt
小説 20,084 位 / 185,045件 恋愛 8,945 位 / 56,197件
文字数 12,260 最終更新日 2024.01.01 登録日 2024.01.01
転生した俺と、転移した彼女が異世界にイノベーションを巻き起こす!  35歳の元社畜は異世界に転生し、クラノデア子爵家の三男ダリスとして生まれ変わった。15歳にして成人を迎えたダリスは伝統に則り家を出て独り立ちを目指す。  生まれつき持っていたギフト『真・鑑定』によって、他人のステータスを見ることができるダリスは、このギフトを使って奴隷を鑑定し、奴隷だけで構成したパーティーでモンスターを狩ってお金儲けをしようと考える。  意気揚々と奴隷売り場を訪れたダリスだったが、奴隷の価格が予想以上に高く、なんとか買えるのは問題を抱えた『見切り品』と呼ばれる奴隷だけだった。  そんな中、見切り品として並んでいる奴隷の中にセーラー服を着た黒髪の女子高生がいることに気づく。  ダリスとは違い異世界転移によって、この世界に飛ばされてきた女子高生のチトセ。言葉もわからずに気づけば奴隷として売られていた彼女のステータスはなんと伝説クラスの戦闘力を持つSSSのチートステータスの持ち主だった。  ダリスはチトセを奴隷として購入し、彼女と共にダンジョンでひと稼ぎしようと企むが……。
24h.ポイント 0pt
小説 185,045 位 / 185,045件 ファンタジー 42,518 位 / 42,518件
文字数 122,425 最終更新日 2023.09.28 登録日 2023.08.29
【4巻まで発売中】 貴族の三男であるクロウ・エルドラドにとって、スキルはとても重要なものである。優秀な家系であるエルドラド家において、四大属性スキルを得ることは必須事項であった。 しかしながら、手に入れたのは不遇スキルと名高い錬金術スキルだった。 残念スキルを授かったクロウは、貴族としての生き方は難しいと判断され、辺境の地を開拓するように命じられてしまう。 ところがクロウの授かったスキルは、領地開拓に向いているようで、あっという間に村から都市へと変革してしまう。 これは辺境の地を過剰防衛ともいえる城郭都市に作り変え、数多の特産物を作り、領地経営の父としてその名を歴史轟かすことになるクロウ・エルドラドの物語である。
24h.ポイント 497pt
小説 2,299 位 / 185,045件 ファンタジー 435 位 / 42,518件
文字数 702,405 最終更新日 2023.08.23 登録日 2020.10.19
*『第14回ファンタジー小説大賞【大賞】受賞作』 1.2巻発売中! コミカライズ好評連載中! 「お前はもう用済みだ。ギルドから去れ」 不遇スキルである『鑑定』を持つ【助言士】ロイドは優秀な人材を見つけるために、最強ギルドと呼ばれる『太陽の化身』でボロ雑巾のように扱われていた。 そして、一通り勧誘を終えるとギルドマスターであるカイロスから用済みだと、追放されてしまう。 唐突な追放に打ちひしがれてしまうロイドだったが、エリスと名乗る女性に自分たちでギルドを作らないかと提案された。 エリスはなんと昔、ロイドが一言だけ助言をした底辺鍛冶師だったのだ。 彼女はロイドのアドバイスを三年間ひたすら守り続け、初級魔法を上級魔法並みに鍛え上げていた。 更にはあり得るはずもない無詠唱、魔法改変等を身につけていたのだ。 そんな事実に驚愕したロイドは、エリスとギルドを作ることを決意する。 そして、それなら不遇な素質持ちを集めよう。自分たちと同じ環境である人を誘おうというルールを設けた。 ロイドは不遇な素質を持つ人たちをギルドに加入させ、ただ一つのことを極めさせ始めた。一般レベルで戦えるようにするために。 だが、これが逆に最強への近道になってしまう。 そして、ロイドが抜けた太陽の化身では徐々に腐敗が始まり、衰退し始めていた。 新たな人材、策略。どんな手を使ってでもロイドたちを蹴落とそうとするが、すべて空回り。 これは、ロイドによって不遇な素質を極めた仲間たちが、ロイドとともに最強のギルドを作っていくような、そんな物語。
24h.ポイント 205pt
小説 5,377 位 / 185,045件 ファンタジー 1,031 位 / 42,518件
文字数 442,684 最終更新日 2023.04.26 登録日 2021.08.22
ss
【鑑定】のスキルが使えないと言われ追放されたけど、普通にやっていけそう。
24h.ポイント 7pt
小説 34,578 位 / 185,045件 ファンタジー 5,409 位 / 42,518件
文字数 3,807 最終更新日 2022.11.12 登録日 2022.11.11
コア。それはこの世界で人種が多く使用する魔法媒体。 生まれてから十年の月日が経ったその年の、コアの祝福と呼ばれる洗礼式で神官からの祝詞を唱えられ与えられる自分専用の魔法媒体。 神様からの贈り物。 コアの直径はビー玉より二回り小さい球体。 その球体を用いて、 時には生活に役立てたり、 時には魔物相手に大魔法を放ち討伐したり、 時には国と国とが交渉の道具として使用したりと千差万別。 あらゆる角度、あらゆる観点からも、この魔法媒体『コア』は世界の根幹となっている。 ☆作者より☆ 書き溜めがあれば日に2話、0時と12時という感じで投稿させて頂きます。 1話1000文字程度なので読みやすくなっております。 小説家になろう様カクヨム様でも同時刻に掲載しております。
24h.ポイント 14pt
小説 28,277 位 / 185,045件 ファンタジー 4,112 位 / 42,518件
文字数 80,284 最終更新日 2022.09.15 登録日 2022.08.30
国でトップの成績を残すギルドーー【守護者(ガーディアン)】。 【鑑定師】トビは、幼馴染と一緒にこのギルドを作り、ここまで大きくしてきた。 だけど突然、トビは幼馴染からそのギルドからの解雇を言い渡された。 ギルドの方針で鑑定アイテムに役割を奪われたのだ。 トップギルドを追い出されたトビは、当てもなく彷徨った。 そして、【鑑定師】を必要とするギルドがないことを知ったのだ。 そんな時に、トビに明暗が浮かぶ。 ギルドの職員ではなく、ギルドの冒険者になるという道。 新たに冒険者となったトビは【鑑定師】のスキルを大いに発揮し、解雇したトップギルドを見返していく。 そんな物語になっています。 ざまぁ要素ありの展開。
24h.ポイント 7pt
小説 34,578 位 / 185,045件 ファンタジー 5,409 位 / 42,518件
文字数 67,314 最終更新日 2022.06.29 登録日 2022.04.28
11
ファンタジー 完結 ショートショート R18
剣と魔法の異世界、そこにある冒険者ギルドには鑑定士と呼ばれる鑑定を行う者が居る。 希少なその存在には実は秘密があるのだが・・・
24h.ポイント 7pt
小説 34,578 位 / 185,045件 ファンタジー 5,409 位 / 42,518件
文字数 5,274 最終更新日 2020.11.23 登録日 2020.11.23
誰もが『能力』鑑定をできる世界で、少女カエデの鑑定だけはなぜか『好感度』が表示された。 能力も職業も分からないカエデは、自分に何ができるか分からず困っていたときに魔物使い(テイマー)にならないかと薦められる。 「好感度がわかるなら、魔物も仲間にしやすいんじゃないかな?」 魔物の好感度が最大になったときにだけ、仲間にすることができる。 突然襲ってくる魔物の好感度を上げるのは至難の業で、一体も使役できずに殺される魔物使い(テイマー)も後を絶たない不遇職である。 だが、カエデは相手の好感度やその上げ方が鑑定で判断することができる。 鑑定の結果を元に好感度をあげていくと気がついたときには、カエデの周りにはたくさんの人や魔物たちがいた。 「これだけ仲間がいると寂しくなくていいよね」 のんきなことを考えていたカエデだが、彼女の周りにいたのは伝説級の魔物や実力者たちだった――。
24h.ポイント 0pt
小説 185,045 位 / 185,045件 ファンタジー 42,518 位 / 42,518件
文字数 14,719 最終更新日 2020.06.23 登録日 2020.06.23
13
恋愛 完結 長編
救世主として異世界召喚された少女、里上愛那。 神託により【運命の恋人】の相手だという王太子に暴言を吐かれ、キレた愛那は透明人間となって逃亡する。 しかし愛那の運命の相手は別の人物だった。 カクヨムさんでも連載しています。
24h.ポイント 0pt
小説 185,045 位 / 185,045件 恋愛 56,197 位 / 56,197件
文字数 92,217 最終更新日 2020.03.04 登録日 2019.12.06
14
ファンタジー 連載中 長編 R15
 カード師のフェアルと鑑定師のりーの二人は、何故か命を狙われる。賊に襲われたり、女装した冒険者に襲われたり……。  その事件の背後に不思議な女性の影が浮かび上がる。
24h.ポイント 0pt
小説 185,045 位 / 185,045件 ファンタジー 42,518 位 / 42,518件
文字数 131,652 最終更新日 2019.09.11 登録日 2019.08.10
14