恋愛 完結小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 完結×
4,325 12345
1
恋愛 完結 短編
「メイベル、きみの所業は俺の耳に入っている。妹をいじめて喜んでいるそうじゃないか。どういうつもりだ?」 「ええ? なにそれ?」 怒りに震えるイアン王子の言葉に、思い当たるふしはない。 私が彼の妹のアンをいじめた? とんでもない。 それどころか、事あるごとにアンから嫌がらせを受けているのは私のほうだ。
24hポイント 42,046pt
小説 46 位 / 140,707件 恋愛 33 位 / 43,596件
文字数 50,093 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
2
恋愛 完結 短編
「ペトラさん、ここの窓枠に埃が溜まっていますよ?」 「申し訳ありません、お義母さま。すぐに掃除いたしますので」 私が慌てて雑巾で拭き始めると、義母は鼻で笑って「使用人にやらせなさい」と吐き捨てた。 最初から使用人を呼んでいたら「自分でやれ」と言われたに違いない。 この女は、そうやって私をいつもいじめているのだ。 「申し訳ありません、お義母さま。使用人を呼んでまいります」 「その呼び方、どうにかなりませんこと? 我が息子は、まだあなたと結婚していませんから。ただの婚約です」 「はい、申し訳ありません。では、どうお呼びすれば?」 「自分で考えなさい」 義母ですらないこのクソ女は、そう言い捨てると勝ち誇ったように部屋を出て行った。
24hポイント 28,506pt
小説 75 位 / 140,707件 恋愛 44 位 / 43,596件
文字数 62,228 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.05.23
3
恋愛 完結 短編
「ロベール落ち着いて、勘違いよ。こんな大勢のまえで婚約破棄なんて言って、恥をかくのはあなただから」 ロベール王子の誕生日パーティで、わたしはいきなり浮気を糾弾された。 なんでも幼なじみと裏で付き合っているということらしい。 いったいどこから湧いて出た疑惑なのかわからないが、その幼なじみ本人とはこのパーティで4年ぶりに再会したほど疎遠で、浮気なんてとんでもない。 勘違いの言いがかりもいいところだ。 腹が立つというよりも、そんなことを吹き込まれて恥をかいているロベールが可哀想でならない。 わたしを信じてくれなかったのは残念だが、こうやってみんなの前で婚約破棄を言い渡すということは、裏切られたという傷ついた気持ちがあるからにちがいないのだ。
24hポイント 22,045pt
小説 99 位 / 140,707件 恋愛 54 位 / 43,596件
文字数 48,681 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.05.24
4
恋愛 完結 短編
「この女は、王子に毒を盛ろうとしていました。わたくしが見ていたので間違いありません」 「濡れ衣です、お義母さま! 私が王子に飲ませようとしたのは、ただの栄養剤です」 私は窮地に追い込まれていた。 婚約しているジェイ王子の食事に、毎朝、栄養補助の薬剤を混ぜているのを知られてしまった。 ジェイ王子は野菜が嫌いで栄養が偏っているので、調合師として働いていた経験をもつ私が、特製の薬剤を調合して飲ませていたのだが……たしかに他人から見れば毒を盛っていると思われてもしかたがない状況だ。 それも、見つかったのがジェイの母親だというのが悪かった。 彼女は私のことを毛嫌いしていて、何かと文句をつけてくる。 隙あらば婚約破棄させようとしていた彼女に、格好の糾弾材料を与えてしまったことになる。
24hポイント 17,309pt
小説 125 位 / 140,707件 恋愛 69 位 / 43,596件
文字数 53,126 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.05.24
5
恋愛 完結 短編
「マリアンヌ、別れてくれないか? 他の女性から好かれてしまって」 婚約者のマーティンからそう言われたとき、わたしは信じられない思いだった。 婚約破棄を切り出されたことにではない。 マーティンが他の女性に好かれているという話が、本当に信じられなかったのだ。 「それ本当? 本当にあなたのことが好きだって言ったの?」 「うん、間違いないんだ。ぼくはただ優しくしてあげただけなんだけど、一方的に好かれてしまって」
24hポイント 16,175pt
小説 135 位 / 140,707件 恋愛 74 位 / 43,596件
文字数 58,857 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
6
恋愛 完結 短編
恋人のマークに振られ、アレンと婚約を結ぶことになったカレン。 しかしアレンはある秘密を抱えていて……
24hポイント 11,715pt
小説 187 位 / 140,707件 恋愛 93 位 / 43,596件
文字数 7,417 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.23
8
恋愛 完結 長編 R15
私、城野ありすは気が付いた時にはアリス・キュレルという子爵令嬢に転生していた。血の繋がらない弟の哲平も公爵家の次男に転生していたから、彼の力を借りつつ、彼女をいじめていた主犯格に復讐を終えたので、理不尽な理由で婚約破棄してきた元婚約者への復讐を、と思っていたら、なんの用意もしていない時に出会ってしまう。しかも「僕のために綺麗になったの?」なんて意味のわからない事を言われるはめに。んな訳ないでしょ。復縁なんて絶対にお断りだし、あんたは復讐対象者です。それだけでも忙しいのに、色んな奴がからんできて、さあ、どれから片付けますかね。 ※拙作の「気弱な令嬢ではありませんので、やられた分はやり返します」の続編になるため、1話目は前作の続きからになります。 ※設定はゆるめです。さらっと読んでやっていただけるとありがたいです。 本編30話と閑話1話で完結です。 他サイト様でも投稿しています。
24hポイント 10,694pt
小説 202 位 / 140,707件 恋愛 99 位 / 43,596件
文字数 85,830 最終更新日 2022.05.24 登録日 2022.05.08
9
恋愛 完結 短編
わたしとジョージは婚約していたが、先月、婚約破棄をした。 浮気などの決定的な理由があったわけではない。 ただ、ジョージが「きみは婚約者にふさわしくない」と言い出し、わたしに対して一方的に婚約破棄を言い渡してきたのだ。 わたしだって好きになってジョージと婚約したのだから、できるだけ彼の言う「ふさわしい」女になろうとした。 だが、ジョージが何を求めているのかさっぱり理解できず、なかばあきらめる形で婚約破棄を受け入れることとなった。 そんなジョージとわたしだが、婚約破棄後もちょくちょく顔を合わせる機会がある。 近所に住んでいるのだから当然だ。 「やあ、セリンダ。今日もきれいだね」 「ありがとうジョージ。あなたもすてきよ」 どういうつもりかわからないが、今でもジョージはわたしに親しげに挨拶をする。 にこにこと笑って、まるで婚約していた当時のような空気感だ。
24hポイント 9,275pt
小説 233 位 / 140,707件 恋愛 110 位 / 43,596件
文字数 51,620 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
10
恋愛 完結 短編
「隣国の王子は、武器商人の大富豪の娘と結婚したそうだ。軍備も進められるし賢い選択をしたものだ」 「そうですか」 「海の向こうでは、魔術師の娘と結婚した王族もいるらしい。魔法があれば富も名声も思いのままかもしれんな」 「それはそれは」 ディミトリの話に、わたしは心底うんざりする。 よその王子が誰と結婚しようと、わたしたちには関係のない話ではないか。 わたしはたしかに雑貨屋の娘にすぎないが、そんな庶民を好きになって求婚してきたのはディミトリ自身だ。 「わたしには何もなくてごめんなさいね。つまらないとお思いでしたら、婚約破棄されても文句はありません」 「いや、そういうわけではないよ。きみへの愛情は嘘ではない」
24hポイント 9,231pt
小説 234 位 / 140,707件 恋愛 111 位 / 43,596件
文字数 54,767 最終更新日 2022.05.23 登録日 2022.05.23
13
恋愛 完結 短編
伯爵家の長女、エミリアは前世の記憶を持つ転生者だった。  手のかからない赤ちゃんとして可愛がられたが、前世の記憶を活かし類稀なる才能を見せ、まわりを驚かせていた。 大人びた子供だと思われていた5歳の時、18歳の騎士ダニエルと出会う。 成り行きで、父の死を悔やんでいる彼を慰めてみたら、うっかり気に入られてしまったようで? 歳の差13歳、未来の騎士団長候補は執着と溺愛が凄かった! 出世するたびにアプローチを繰り返す一途なダニエルと、年齢差を理由に断り続けながらも離れられないエミリア。 騎士団副団長になり、団長までもう少しのところで訪れる愛の試練。乗り越えたダニエルは、いよいよエミリアと結ばれる? 5歳で出会ってからエミリアが年頃になり、逃げられないまま騎士団長のお嫁さんになるお話。 ハッピーエンドです。 完結しました。
24hポイント 7,476pt
小説 280 位 / 140,707件 恋愛 131 位 / 43,596件
文字数 46,996 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.04.29
15
恋愛 完結 短編
何も知らずに伯爵令嬢を虐げる、周囲の人々たち
24hポイント 6,831pt
小説 304 位 / 140,707件 恋愛 139 位 / 43,596件
文字数 1,122 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
16
恋愛 完結 短編
短編ざまあ作品になります!
24hポイント 6,540pt
小説 311 位 / 140,707件 恋愛 142 位 / 43,596件
文字数 1,147 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
17
恋愛 連載中 長編 R15
【本編完結・番外編更新中】 婚約者の不貞現場を見てしまったアンジェリカ・ディ・ウォーレンは、ショックのあまり記憶喪失になってしまう。 心の傷は深く、家族以外の異性の顔が黒く塗り潰され、触られるのも無理になったアンジェリカ。 婚約を破棄して療養生活を送る中、ある一人の年上子息と出会い──? 「こんにちはアンジェリカ・ディ・ウォーレン嬢」 「どこかで……お会いしたことはありますか?  私、貴方のことを知っている気がします」 傷つき、記憶喪失になった令嬢が、新しい恋を知るまでの話。 ※小説家になろうでも投稿してます
24hポイント 6,226pt
小説 323 位 / 140,707件 恋愛 147 位 / 43,596件
文字数 232,258 最終更新日 2022.05.25 登録日 2021.06.05
18
恋愛 完結 短編
「アリソン、きみの妹のことなのだけれど……。あれはいったい何なのだ?」 「ああ! 何か言われた? ごめんなさい」 婚約者のライアン王子が困惑しながら私に相談しにきた。 危惧していたことがついに起こってしまった。 「何か言われたどころじゃないよ。自分はアリソンの妹だからと言って、欲しいものをいくつも挙げてくるんだ。べつにぼくには痛くもかゆくもない額ではあるけれど、おかしいだろう?」
24hポイント 6,153pt
小説 328 位 / 140,707件 恋愛 150 位 / 43,596件
文字数 49,260 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
19
恋愛 完結 短編
秘かに想いを寄せていた幼馴染から婚約を申し込まれ私は幸せを手に入れた。 やはりあの時の判断は正しかったのだ……
24hポイント 5,779pt
小説 346 位 / 140,707件 恋愛 155 位 / 43,596件
文字数 3,879 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.24
20
恋愛 完結 短編
短編ざまあ作品になります!
24hポイント 5,766pt
小説 347 位 / 140,707件 恋愛 156 位 / 43,596件
文字数 708 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
21
恋愛 完結 短編
短編ざまあ作品になります!
24hポイント 5,326pt
小説 364 位 / 140,707件 恋愛 167 位 / 43,596件
文字数 1,033 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
22
恋愛 完結 短編
婚約者様に愛人がいるらしいです!
24hポイント 5,191pt
小説 373 位 / 140,707件 恋愛 173 位 / 43,596件
文字数 1,051 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
23
恋愛 完結 短編
義妹に後ろから突き落とされた瞬間、前世の記憶を思い出しました!!
24hポイント 4,928pt
小説 395 位 / 140,707件 恋愛 182 位 / 43,596件
文字数 1,067 最終更新日 2022.05.26 登録日 2022.05.26
24
恋愛 完結 短編
皇太子さまと義妹はできているご様子なので、あえてお二人の関係をお祝いして差し上げようと思います!
24hポイント 4,920pt
小説 396 位 / 140,707件 恋愛 183 位 / 43,596件
文字数 1,284 最終更新日 2022.05.11 登録日 2022.05.11
25
恋愛 完結 短編
「シルヴィー、ぼくと婚約してくれないか?」 四度目のデートの終わり際に、ヴァンサンが私にひざまずいて言った。 完璧なタイミングだった。 一度目のデートで緊張をほぐし、二度目のデートで親睦を深め、三度目のデートで相性を知り、そして四度目のデートで気持ちを伝えあう。 きっとマニュアルがあればこうしなさいと書いてあるに違いないが、ヴァンサンはマニュアル人間ではない。 そんなつまらない男じゃないとわかっているからこそ、私もここまで彼と親密になったのだ。 ヴァンサンは私の気持ちが少しずつ開かれていく様子を敏感に感じ取り、まさにここぞという場面で婚約を申し出た。 すばらしい男性だ。 私は間違いなくこの婚約を受けて、幸せな人生を手に入れるべきだ。 だが―― 「ごめんなさい。婚約はまだ、待って」 私は保留の返事をした。 しなければならなかった。
24hポイント 4,913pt
小説 397 位 / 140,707件 恋愛 184 位 / 43,596件
文字数 59,335 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.05.22
26
恋愛 完結 短編
私が出て行ってから、義妹の魔力が底をついてしまったらしいですが、知ったことではありません。
24hポイント 4,757pt
小説 408 位 / 140,707件 恋愛 191 位 / 43,596件
文字数 1,027 最終更新日 2022.05.25 登録日 2022.05.25
27
恋愛 完結 短編
【完結】私の処刑日に今まで散々私を虐めてきた人達が全員集まったので計画通り盛大に復讐しようと思います
24hポイント 4,366pt
小説 434 位 / 140,707件 恋愛 200 位 / 43,596件
文字数 158 最終更新日 2021.10.18 登録日 2021.10.18
28
恋愛 完結 短編
「……ごめん。ぼくは、きみではない人を愛してしまったんだ」  幼馴染みであり、婚約者でもあるミッチェルにそう告げられたエノーラは「はい」と返答した。その声色からは、悲しみとか、驚きとか、そういったものは一切感じられなかった。  ──どころか。 「ミッチェルが愛する方と結婚できるよう、おじさまとお父様に、わたしからもお願いしてみます」  決意を宿した双眸で、エノーラはそう言った。
24hポイント 4,146pt
小説 448 位 / 140,707件 恋愛 206 位 / 43,596件
文字数 17,926 最終更新日 2022.05.07 登録日 2022.04.18
29
恋愛 完結 短編
父の借金により悪男ロイと婚約することになったアイリーン。 君のことは愛せないというロイに辟易する毎日を送る彼女だったが、ある日父が二人の屋敷を訪ねてきて……
24hポイント 3,947pt
小説 472 位 / 140,707件 恋愛 216 位 / 43,596件
文字数 4,952 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.05.21
30
恋愛 完結 ショートショート R15
突然、私達夫婦の屋敷を訪ねてきた妹、サファイア。 「お姉様! お願いだから助けてちょうだい。夫から暴力をうけているのよ」 そう言われれば助けないわけにはいかない。私は夫の承諾をもらいサファイアを屋敷に住まわせた。サファイアの夫はあっさりと離婚に応じ、この問題は解決したと思ったのだけれど・・・・・・サファイアはいっこうに出て行こうとしない。そして、夫は妙にサファイアに優しくて・・・・・・ 姉も妹も貴族ではありませんが、貴族のいる世界になります。 異世界中世ヨーロッパ風。異世界ですが、日本のように四季があります。ゆるふわご都合主義。ざまぁ。姉妹対決。R15。予定を変更して5話になります。
24hポイント 3,521pt
小説 525 位 / 140,707件 恋愛 239 位 / 43,596件
文字数 20,405 最終更新日 2022.05.16 登録日 2022.04.26
32
恋愛 完結 短編
「この女が新しい婚約者のナタリーだ。どうだ、美しいだろう? しかも伯爵令嬢だ」 ジェラールがいきなり私の家を訪れて、知らない女性を紹介してきた。 おとなしそうな少女だ。 「ナタリー、よろしくね」 「はい、よろしくお願いします」 私が右手を差し出すと、ナタリーはその手をとって優雅に挨拶を返してきた。
24hポイント 3,045pt
小説 596 位 / 140,707件 恋愛 269 位 / 43,596件
文字数 50,444 最終更新日 2022.05.17 登録日 2022.05.17
35
恋愛 完結 短編
タイトル通りの短編です。
24hポイント 2,868pt
小説 624 位 / 140,707件 恋愛 284 位 / 43,596件
文字数 41,630 最終更新日 2021.05.26 登録日 2021.05.09
37
恋愛 完結 短編 R15
 その昔、精霊女王の加護を賜った少女がプルメリア王国を建国した。 彼女は精霊達と対話し、その力を借りて魔物の来ない《聖域》を作り出した。  人々は『精霊姫』と彼女を尊敬し、崇めたーーーーーーーーーーープルメリア建国物語。  今では誰も信じていないおとぎ話だ。  近代では『精霊』を『見れる人』は居なくなってしまった。  そんなある日、精霊女王から神託が下った。 《エルメリーズ侯爵家の長女を精霊姫とする》  その日エルメリーズ侯爵家に双子が産まれた。  姉アンリーナは精霊姫として厳しく育てられ、妹ローズは溺愛されて育った。  貴族学園の卒業パーティーで、突然アンリーナは婚約者の王太子フレデリックに婚約破棄を言い渡された。  神託の《エルメリーズ侯爵家の長女を精霊姫とする》は《長女》ではなく《少女》だったのでないか。  現にローズに神聖力がある。  本物の精霊姫はローズだったのだとフレデリックは宣言した。  偽物扱いされたアンリーナを自ら国外に出ていこうとした、その時ーーー。  精霊姫を愚かにも追い出した王国の物語です。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 初心者のフワフワ設定です。 温かく見守っていただけると嬉しいです。
24hポイント 2,754pt
小説 651 位 / 140,707件 恋愛 302 位 / 43,596件
文字数 33,659 最終更新日 2020.10.01 登録日 2020.09.26
38
恋愛 完結 短編
身勝手な理由で泣いて帰ってきた妹エセル。 でも、この子、私から婚約者を奪っておいて、どの面下げて帰ってきたのだろう。 誰も構ってくれない、慰めてくれないと泣き喚くエセル。 両親はひたすらに妹をスルー。 「お黙りなさい、エセル。今はヘレンの結婚準備で忙しいの!」 「お姉様なんかほっとけばいいじゃない!!」 無理よ。 だって私、大公様の妻になるんだもの。 大忙しよ。
24hポイント 2,692pt
小説 663 位 / 140,707件 恋愛 309 位 / 43,596件
文字数 11,032 最終更新日 2021.03.30 登録日 2021.03.28
39
恋愛 完結 短編
ロザーナの夫ジェラルドは、彼女に愛情を向けることを一切しなかった。 それどころか浮気をしているかのように朝帰りの日が続き、彼は仕事のせいだとロザーナに言い放っていた。 そんな結婚生活が一年ほど続いた時、ロザーナの体に異変が起き始める……
24hポイント 2,449pt
小説 720 位 / 140,707件 恋愛 338 位 / 43,596件
文字数 17,910 最終更新日 2022.05.14 登録日 2022.05.08
40
恋愛 完結 短編
私を捨て、自身の幼馴染を選んだ王子様の末路のお話
24hポイント 2,385pt
小説 737 位 / 140,707件 恋愛 348 位 / 43,596件
文字数 1,023 最終更新日 2022.04.23 登録日 2022.04.23
4,325 12345