悪人小説一覧

タグ 悪人×
6
1
ファンタジー 連載中 長編 R15
ウルアース王国の王子、ユーリ・ライナ・ウルアースは前世の記憶をもっていた。 お人好しで、騙されて命を落とした絶望的な前世を――。 「他人のことなんて知ったことか。俺は悪人になってやる!」 贅沢をするために食材を買い占めると、その後すぐに飢饉が襲ってきて買い占めた食材で国が救われ、英雄扱いされてしまう。 使えない種と交換で金を巻き上げると、たまたま最適な土壌だったために大量の作物が育ち、周りの人間から称賛されてしまう。 それらが積み重なって、破滅の道に進んでいた王国すらもいつの間にか救っていた。 ――どうしてだ? 俺はただ悪人になろうとしただけなのに。
24hポイント 177pt
小説 5,359 位 / 96,427件 ファンタジー 1,241 位 / 26,128件
文字数 117,641 最終更新日 2021.01.17 登録日 2020.12.22
2
キャラ文芸 完結 ショートショート
美少女戦隊セインティアは悪人を浄化させて 平和を守っている。
24hポイント 21pt
小説 16,510 位 / 96,427件 キャラ文芸 261 位 / 2,703件
文字数 1,646 最終更新日 2021.02.28 登録日 2021.02.28
3
歴史・時代 完結 ショートショート
 宇音美大郎女のもとに急な知らせが入る ―― 夫である蘇我入鹿が亡くなったという。  それが、『女王への反逆』の罪で誅殺されたと聞き、大郎女は屋敷を飛び出し、夫の屋敷へと駆け付けるのだが………………  ―― 645年、古代史上の大悪人である蘇我入鹿が、中大兄皇子と中臣鎌足によって誅殺され、大化改新の先駆けとなった。  だが、入鹿は本当に大悪人だったのか?  これは、敗れた者と、その家族の物語である………………
24hポイント 0pt
小説 96,427 位 / 96,427件 歴史・時代 1,073 位 / 1,073件
文字数 23,352 最終更新日 2021.01.18 登録日 2021.01.18
この世界のいろんな物事は、表の世界と裏の世界があって 正しいとされる行いも、情報規制や歴史の改編で、捻じ曲げられた事だったりします。 アイヒマン問題ではないですが、 正しいと、すべきと思った事が、知らない誰かを傷づけているかもしれない。 それを私たちは忘れちゃいけない。 そんなちっぽけな思いから作った作品です。 ――――――――――――――― ※今回は素人ながら、歌詞調にしてみました。お好きな曲に合わせて、お好きなリズムで読んで下さいませ。 ※それと、ショートです! ※この作品はフィクションであり、実在する人物、団体名等とは一切関係御座いません。 ※無断転載・転用禁止 お時間御座いましたら、スキマ時間などにご覧いただければ幸いです。 プロフィールのリンクから、以下のサイトに移動できますので、もし宜しければご覧くださいませ♡ 《はなのまつり 各投稿・告知先一覧》 ・小説家になろう ・ノベルバ ・ノベルアップ+ ・アルファポリス ・カクヨム ・エブリスタ ・Youtube ・Twitter ・Instagram 《各投稿先リンクサイト&SNS》 https://linktr.ee/hanano_matsuri ・Twitter(@Hanano_Matsuri) https://twitter.com/Hanano_Matsuri ・Instagram https://www.instagram.com/hananomatsuri/ ・Youtube https://www.youtube.com/channel/UC4DzmYh-0YImxDE0zvKrNkg/
24hポイント 0pt
小説 96,427 位 / 96,427件 エッセイ・ノンフィクション 3,477 位 / 3,477件
文字数 672 最終更新日 2020.07.06 登録日 2020.07.06
浮気は道徳的に罪ですが、売春ビジネスは法律的に犯罪なんです。浮気を叩く以前に売春ビジネスに手を染めている悪い奴を罰した方が良いんじゃないですか?
24hポイント 0pt
小説 96,427 位 / 96,427件 現代文学 5,067 位 / 5,067件
文字数 1,838 最終更新日 2020.06.16 登録日 2020.06.16
注意:この物語には善意はありません。純粋な善人は序章の一部分以外ではほぼ登場しません。不快を催す表現と皮肉だけで構成されています。  カミナは最近新成神になったばかりの神。ゆとり世代向け世界作成ツール『ゆとり』を使って作った世界で、被造物に対して好き勝手に天罰を下したりとやりたい放題。カミナが一番好きなことは、幸せの絶頂にある被造物が、一瞬にしてその全てを失ったときの表情。人のため社会のためと言い訳をする人格者たちが、カミナという天災に襲われて不幸のどん底に陥るときの表情が、カミナの神としての存在意義だ。東にさらわれたお姫様がいれば、人さらいと一緒になってお姫様から「血税」を返還させ、西に国のため主のために戦うものがいれば、戦勝祝いの宴に主の首級と亡国の知らせをもたらすべく活動する。 そんなカミナの幸せを覗いてみませんか。 追記  ご安心ください。主人公は主人公であるがゆえに、どのようなことを行ったとしても、その行動は是認され、彼には約束された勝利が訪れるのです。彼が全てに優越する神であるのは神であったからではなく、主人公であるからであり、彼が勝利者であるのは勝利したからではなく主人公として在ったためなのです。彼に危機が訪れるのは、彼がそれを克服するためであり、問題は解決されるために訪れるのです。歴史書には王侯貴族の歴史だけが記されるように、物語には最終的勝利者と彼のための舞台装置だけが綴られるのです。都合の良い物語というものは煙草のようなもので、はじめは嫌悪感を覚えるものですが、吸い始めてしまえばいつの間にか吸わずにはいられなくなります。この物語は都合のいい妄想で構成されており、描かれる世界は我々の住む現実世界よりははるかに理想的なものであります。  脳みそが溶け出すような都合のいい世界を、自分(主人公)に逆らうことができるものは誰一人おらず、世界の住人が何の理由もなく自分に無償の好意を寄せてくれて、自分の行うことはすべて義とされるような世界を、人を中毒症状に陥れる誤った世界を、見てみませんか。 「小説家になろう」でも掲載中
24hポイント 0pt
小説 96,427 位 / 96,427件 ファンタジー 26,128 位 / 26,128件
文字数 82,797 最終更新日 2017.11.24 登録日 2017.11.09
6