瞽女(ごぜ)、じょんがら物語

 日本では、特に昭和の時代には、「悲劇のヒーロー、ヒロイン」が好まれた。
 しかし、「瞽女」を語る時、必ずしもそれは正しい文脈ではない。
 明治時代まで、盲人は珍しい存在ではなかった。医学が未発達で、栄養・衛生環境が悪かったからだ。
 明治天皇が越後行幸の際に、沿道に盲人が多いことを嘆いて、研究資金を提供したほどである。
 特に、小作人など貧しい家庭に生れた視覚障害者は、生きるすべが無かった。
 「口減らし」にあうしかなかった。その中にあって、比較的裕福な家の子供が、瞽女の修行に出された。修行のためには、いわゆる今で言う「入学金・授業料」が必要だから、小作の家では難しい。
 一方、男子の視覚障害児はどうか。
 明治以前、当道座(とうどうざ)という、男性盲人のための自治的互助組織が存在した。 この組織に入座して、修行すれば、特権が手に入った。「検校(けんぎょう)」である。しかし、この組織とて、資金力がなければ入れなかった。
 明治になり、この当道座システムが廃止され、津軽では「坊様」という人たちが増えていった。
 坊様に、三味線と流行歌を伝授したのが、広域に活動した「瞽女」であったと云う。
 これまで、それらの瞽女を「はなれ瞽女」「はぐれ瞽女」と言ってきたが、必ずしもそうではないだろう。
 瞽女唄が元になったという「津軽じょんがら節」は、今や世界中で知られる。
 三味線が津軽三味線となった瞬間に、「伝統芸能」は「ガレージ音楽」になった。“ガレージ”三味線は、スパニッシュギターがそうであったように、やがて「芸術」
の域へと高まっていった。
 そして、まもなく、オーケストラをバックに演奏される津軽三味線が当たり前になる時代が来ると、筆者は密かに期待している。
24hポイント 21pt
小説 25,185 位 / 140,585件 歴史・時代 189 位 / 1,567件