惜しみなく愛は奪われる

昭和初期の頃。
恐慌で没落した貴族の和泉は、家柄を買われるように結婚をしたが、年上の義弟・英嗣に惹かれていく。

夫は新婚早々から冷たく向き合おうとせず、大姑のきつい言動で苛まされる日々。英嗣の笑顔と優しさだけが、暗く塞いでいる孤独な和泉の心を救ってくれていた。
英嗣さんは義理の弟――和泉は気持ちに蓋をした。

一年後、夏の酷く暑かった日の夜、あまりにもつらい出来事に和泉はとうとう泣いてしまう。そして英嗣が囁いた。

「しがらみなど関係なく、和泉さんを必要としてはいけませんか?」

必要とされた嬉しさと、癒えない寂しさ、押し殺していた恋慕……。和泉は英嗣に堕ちてしまう。

瀟洒な洋館の邸宅で、華やかな帝都で続ける不埒な愛人関係。
偽りの幸福の中、関係は突然終焉を迎える。

夫との結婚も、英嗣との日々もすべて偽りだったのだ――。


※雰囲気注意 
※ムーンライトノベルズにて同タイトル短編投稿済です
※イラストは自作です
24hポイント 21pt
小説 17,188 位 / 99,742件 歴史・時代 149 位 / 1,102件