魔力を失ってもいいんですか?パーティーを追い出された魔力回路師は気ままに生きる

俺、ミキヤは5人しかいない魔力回路師の一人だ。契約したパーティでいつものようにクエストを手伝っていたら、パーティリーダーに突然キレられた。
「ただ立っているだけのやつはいらない。戦闘に参加しないやつは出ていけ!」
「俺がいなくなったらまともに魔力を使えなくなるぞ?」
人間には魔力があっても操る器官は存在しない。その器官…回路を作り出すのが魔力回路師の仕事だ。
「いいから出ていけ!」
そこまで言われたら止める理由もない。
契約ばかりの生活も疲れたし、しばらくは気ままに過ごすことにしよう。
24hポイント 0pt
小説 125,582 位 / 125,582件 ファンタジー 32,312 位 / 32,312件