再び大地(フィールド)に立つために 〜中学二年、病との闘いを〜

島田颯斗はサッカー選手を目指す、普通の中学二年生。
しかし突然 病に襲われ、家族と離れて一人で入院することに。

中学二年生という多感な時期の殆どを病院で過ごした少年の、闘病の熾烈さと人との触れ合いを描いた、リアルを追求した物語です。

※闘病中の方、またその家族の方には辛い思いをさせる表現が混ざるかもしれません。了承出来ない方はブラウザバックお願いします。
※小説家になろうにて重複投稿しています。

ライト文芸大賞に出してみました。
24hポイント 227pt
小説 2,531 位 / 35,136件 ライト文芸 53 位 / 1,118件