恋愛 離婚小説一覧

カテゴリ 恋愛
タグ 離婚×
305 12345
1
恋愛 完結 ショートショート
エミリアが商会長である父の代理として商会の仕事を片付けていると、慌てた様子で部下がやってきて……。設定はゆるゆるです。
24hポイント 17,934pt
小説 128 位 / 143,753件 恋愛 76 位 / 44,854件
文字数 6,167 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.06.21
2
恋愛 連載中 短編
アラエル国王の唯一の汚点、それは国王ヨセーファの女遊び。 美貌に恵まれながらも内気な王妃ユリアは〈お飾り〉や〈お人形〉と陰口を叩かれている。 ユリアは、亡き先王が晩年になってやっと授かった、たった一人の王女だった。 だから父亡き後は宰相ポジロスに従うしかなく、嫡男ヨセーファと結婚したのだ。 「ユリア様。あなたの善き夫、善き国王として、この命を捧げます」 結婚式でそう誓ってくれたあの日のヨセーファは、もういない。 「君には国政なんてわからないだろう。口を出すな。黙って横に座っていればいいんだ」 国王という絶対的な権力を手に入れて、酒と女に溺れる日々。 ──どうして……なぜなの、ヨセーファ。 ──私と、国と、民を、愛してくれると言ったあなたは幻だったの?  結婚5周年の祝祭の日、不幸な山火事が起きて一つの村が壊滅的被害を受けた。 国王ヨセーファが宣言したのは復興事業ではなく……  「炙り出された女を集めて巨大なハーレムを作るぞ!」 もうお飾りではいられない。ユリアは立ち上がる。 「せめて私だけはこの国を愛さなくては……私はたった一人の、アラエル王家の末裔なのだから」 ユリアは幽閉された大宰相カリウワルスに助言を求めた。 そこで神官イヴェルと再会する。 イヴェルは大宰相の息子であり、ユリアの初恋の人だった。
24hポイント 14,818pt
小説 158 位 / 143,753件 恋愛 84 位 / 44,854件
文字数 8,231 最終更新日 2022.06.27 登録日 2022.06.25
3
恋愛 連載中 短編
主人公、伯爵家のアン・ウィルトンは伯爵家のジョン・クラークと政略結婚をしていた。 しかし、結婚してから一年がたったある日、ジョンは「離婚してくれ」とアンに切り出してきた。 理由を尋ねると「他に愛するができたから」 アンは呆れてため息をついた。 政略結婚なのに離婚をすると家同士の関係は悪化するし、約定も全て破綻してしまう。 ジョンはそれなのに一時の感情を優先し、アンへ離婚を迫った。 アンは呆れて「もういいか」とジョンとの離婚を承諾する。 結婚生活を続けてもこれ以上ジョンと上手くやっていけないと思ったからだ。 「本当はありがとう、アン!」 「いえ、あなたたちの幸福をお祈りしています」 ジョンは飛び上がるほどに喜び、アンは作り笑いでそれに対応した。 「では、私はもう行きますので」 しかしアンが部屋から出ていこうとしたその時、 「ああ、慰謝料は後で請求するよ」 とジョンが言ってきた。 アンは理解できなかった。 アンが慰謝料を払う?意味がわからない。 離婚を切り出したのはジョンだ。 「わ、私が慰謝料を払うんですか?」 するとジョンは当然のように頷いた。 「ああ、そうだ。だって君は女だろう? 慰謝料を払うのは当然じゃないか」 ジョンは慰謝料を貰えると錯覚していた。 加えてジョンはアンの持つ資産や屋敷までも相続できると考えていることが分かった。 離婚を突きつけられたうえにあまりにも虚仮にされて、アンはジョンへ復讐することを決意する……。
24hポイント 13,100pt
小説 177 位 / 143,753件 恋愛 93 位 / 44,854件
文字数 4,421 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.24
4
恋愛 完結 短編 R15
花の女神の神官アンリエッタは嵐の神の神官であるセレスタンと結婚するが、三年経っても子宝に恵まれなかった。 そのせいで義母にいびられていたが、セレスタンへの愛を貫こうとしていた。だがセレスタンの不在中についに逃げ出す。 式典のために神殿に泊まり込んでいたセレスタンが全てを知ったのは、家に帰って来てから。 愛らしい笑顔で出迎えてくれるはずの妻がいないと落ち込むセレスタンに、彼の両親は雨の女神の神官を新たな嫁にと薦めるが……
24hポイント 3,012pt
小説 597 位 / 143,753件 恋愛 275 位 / 44,854件
文字数 49,264 最終更新日 2022.06.10 登録日 2022.04.19
5
恋愛 完結 長編 R15
私がベルモンド公爵家に嫁いで3年の間、夫婦に子供は出来ませんでした。 そんな中、夫のファルマンは裏切り行為を働きます。 しかも相手は妹のレナ。 最初は夫を叱っていた義両親でしたが、レナに子供が出来たと知ると私を責めだしました。 夫も婚約中から私からの愛は感じていないと口にしており、あの頃に婚約破棄していればと謝罪すらしません。 最後には、二人と子供の幸せを害する権利はないと言われて離縁させられてしまいます。 それからまもなくして、隣国の王子であるレオン殿下が我が家に現れました。 「約束どおり、私の妻になってもらうぞ」 確かにそんな約束をした覚えがあるような気がしますが、殿下はまだ5歳だったような……。 言われるがままに、隣国へ向かった私。 その頃になって、子供が出来ない理由は元旦那にあることが発覚して――。 ベルモンド公爵家ではひと悶着起こりそうらしいのですが、もう私には関係ありません。 ※ざまぁパートは第16話〜です
24hポイント 2,030pt
小説 843 位 / 143,753件 恋愛 412 位 / 44,854件
文字数 119,543 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.10.10
6
恋愛 連載中 短編
愛していた。 貴方はそうでないと知りながら、私は貴方だけを愛していた。 夫の恋人に子供ができたと教えられても、私は貴方との未来を信じていたのに。 貴方から離婚届を渡されて、私の心は粉々に砕け散った。 もういいの。 私は貴方を解放する覚悟を決めた。 貴方が気づいていない小さな鼓動を守りながら、ここを離れます。 私の事は忘れてください。 ※続編を6月27日に一話、28日に1話、29日に1話(17時予約投稿済み)追加します。ショートショートから短編へ変更しました。完結設定を一時的に連載設定に変更しています。ご了承ください。
24hポイント 2,003pt
小説 853 位 / 143,753件 恋愛 418 位 / 44,854件
文字数 2,219 最終更新日 2022.06.27 登録日 2022.06.24
7
恋愛 完結 長編
 リシェルは闇属性のスキルを神から与えられた伯爵令嬢。  幼い時に教会で受ける、スキル覚醒の儀式でそれが与えられた日が、不遇の始まりだった。 「光の真逆のスキルは、不幸を呼ぶ、隔離しろ」  そう言われて、地下牢のような陰気臭い部屋に押し込められた。  以来、十余年、まともに太陽の光を浴びていない。  十二歳になったとき、妹のカミーナが光属性のスキルに覚醒した。  おかげで、伯爵家の者はみんな、妹を大事にし始めた。  十六歳になった時、兄の知人が彼女を見にやってきた。  どうやら一目惚れらしく、その場で結婚を申し込まれた。  そして、三年。  いまに至る。  どうにか幸せになれそうかな、と思っていた矢先。  夫の目は、光り輝く少女に成長した実妹カミーナに向いたらしい。  ‥‥‥いきなり離縁の宣告書とともに、わずかな荷物だけで放り出されてしまった。  どうやって生きたものか。  とりあえず、地下牢に閉じめられてから今までずっと受けていた、闇魔法の使い方を教える通信講座の先生を訪ねようと、リシェルは思い立つ。  リシェルは先生から「闇魔法は負のエネルギーを使うけれど、それを病人から奪うこともできるんだよ」と教えられる。  それは回復の力ばかりを与えて治療する光の魔法と違い、根本的な病魔を克服させることもできた。  やがてリシェルは、墨色の治療師、と呼ばれ噂になっていく。  一方、わがままで自分勝手な妹のカミーナに愛想が尽きた、元夫が彼女の噂を聞きつけて復縁をせまる。 「は? あなたなど無用です。消えてください」  リシェルは自力で生きれる強くたくましい女性へと成長し、それを撃退するのだった。  ご都合主義が含まれています。  よろしくお願いします。
24hポイント 1,618pt
小説 1,025 位 / 143,753件 恋愛 503 位 / 44,854件
文字数 108,998 最終更新日 2022.05.22 登録日 2022.03.05
8
恋愛 完結 短編
子爵令嬢オデットは、レーヌ伯爵家の当主カミーユと結婚した。 二人の初対面は最悪でオデットは容姿端麗のカミーユに酷く罵倒された。 案の定結婚生活は冷え切ったものだった。二人の会話は殆どなく、カミーユはオデットに冷たい態度を取るばかり。 そんなある日、ついに事件が起こる。 オデットと仲の良いメイドがカミーユの逆鱗に触れ、屋敷に追い出されそうになったのだ。 どうにか許してもらったオデットだが、ついに我慢の限界を迎え、カミーユとの離婚を決意。 一方、妻の計画など知らずにカミーユは……。
24hポイント 1,462pt
小説 1,134 位 / 143,753件 恋愛 560 位 / 44,854件
文字数 48,936 最終更新日 2021.10.28 登録日 2021.09.19
9
恋愛 連載中 短編 R15
「余命一年の侯爵夫人」の夫、侍女視点です。
24hポイント 1,405pt
小説 1,172 位 / 143,753件 恋愛 581 位 / 44,854件
文字数 7,701 最終更新日 2022.06.04 登録日 2022.03.30
10
恋愛 連載中 ショートショート
恩知らずな公爵は資金援助と共に娶った妻に離婚を突き付けた。だが、予想外の反応が返ってきて…
24hポイント 1,328pt
小説 1,215 位 / 143,753件 恋愛 601 位 / 44,854件
文字数 1,260 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.06.25
11
恋愛 完結 長編
「彼女はアンジェラ、私にとっては妹のようなものなんだ。妻となる君もどうか彼女と仲良くしてほしい」 セシリアが嫁いだ先には夫ラルフの「大切な幼馴染」アンジェラが同居していた。アンジェラは義母の友人の娘であり、身寄りがないため幼いころから侯爵邸に同居しているのだという。 ラルフは何かにつけてセシリアよりもアンジェラを優先し、少しでも不満を漏らすと我が儘な女だと責め立てる。 ついに我慢の限界をおぼえたセシリアは、ある行動に出る。 (※4月に投稿した同タイトル作品の長編版になります。序盤の展開は短編版とあまり変わりませんが、途中からの展開が大きく異なります)
24hポイント 1,050pt
小説 1,491 位 / 143,753件 恋愛 732 位 / 44,854件
文字数 123,528 最終更新日 2021.11.13 登録日 2021.09.10
12
恋愛 完結 ショートショート
「離婚しよう」  そう夫から言われるのは時間の問題だと分かっていた。でも、大丈夫。私には執事のバーリワがいるから。新しい生活で幸せに暮らします。
24hポイント 1,043pt
小説 1,508 位 / 143,753件 恋愛 742 位 / 44,854件
文字数 807 最終更新日 2022.06.26 登録日 2022.06.26
13
恋愛 連載中 長編 R18
3年前、御庄 偉央(みしょういお/34歳)に愛されて、幸せ一杯で結婚したはずの結葉(ゆいは/26歳)は、あることをキッカケに偉央の中の病んだ部分を引き出してしまい。 偉央からのDVに耐え切れなくなって幼なじみの山波 想(やまなみそう/29歳)に助けを求めた結葉だったけれど。 偉央と離れて暮らすうち、偉央との結婚は間違いだったのではないかという思いが日増しに強くなる結葉。 偉央と離婚して、もう一度生活を1から仕切り直したいと思うようになる。 一方、彼女を助けた想はそんな結葉に対して――。 【ヤンデレDV夫×従順妻×溺愛幼馴染みの略奪愛】 ―― ○表紙絵は市瀬雪さまに依頼しました。 (作品シェア以外での無断転載など固くお断りします) ○雪さま (Twitter)https://twitter.com/yukiyukisnow7?s=21 (pixiv)https://www.pixiv.net/users/2362274 ―― ※最初のうち、夫からのDVシーン(主に性的な虐待)があるため、苦手な方はご注意ください。 ※ゆくゆくは溺愛甘々で結葉を包み込みたいと考えています。 ※エッチなシーンがある章には*がついています。 ―― ※毎日更新できるように頑張ってます!  (出来ない日も増えてます。すみません) ――
24hポイント 753pt
小説 2,046 位 / 143,753件 恋愛 997 位 / 44,854件
文字数 359,656 最終更新日 2022.06.27 登録日 2021.10.10
14
恋愛 完結 短編
第二王女のエリームは、かつて王家と敵対していたオルバディオン公爵家に嫁がされた。 因縁を解消するための結婚であったが、現当主であるジグールは彼女のことを冷遇した。長きに渡る因縁は、簡単に解消できるものではなかったのである。 そんな暮らしは、エリームにとって息苦しいものだった。それを重く見た彼女の兄アルベルドと幼馴染カルディアスは、二人の結婚を解消させることを決意する。 彼らの働きかけによって、エリームは苦しい生活から解放されるのだった。 晴れて自由の身になったエリームに、一人の男性が婚約を申し込んできた。 それは、彼女の幼馴染であるカルディアスである。彼は以前からエリームに好意を寄せていたようなのだ。 幼い頃から彼の人となりを知っているエリームは、喜んでその婚約を受け入れた。二人は、晴れて夫婦となったのである。 二度目の結婚を果たしたエリームは、以前とは異なる生活を送っていた。 カルディアスは以前の夫とは違い、彼女のことを愛して尊重してくれたのである。 こうして、エリームは幸せな生活を送るのだった。
24hポイント 731pt
小説 2,096 位 / 143,753件 恋愛 1,023 位 / 44,854件
文字数 44,730 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.04.01
15
恋愛 完結 長編
父親の急逝により愛人持ちの伯爵に嫁いで5年。クロエは白い結婚のままの夫に朝食ついでに離婚を切り出される。幼くして嫁いだ辛苦の日々は、代わりにクロエに貴婦人としての教養を身につけさせていた。執事の提案により実父旧知のスノパルド辺境伯の元に身を寄せ、養子の子供たちの女家庭教師として働くことに。あくまで仕事として働くクロエだったが、辺境伯はクロエを一人の女性として、紳士的且つ熱心に愛してくるのだったーー
24hポイント 660pt
小説 2,304 位 / 143,753件 恋愛 1,128 位 / 44,854件
文字数 48,684 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.19
16
恋愛 完結 ショートショート
借金を肩代わりする事を条件に、スチュワート・デブリン侯爵と契約結婚をしたマリアンヌだったが、契約結婚を受け入れた本当の理由はスチュワートを愛していたからだった。 契約結婚の最後の日、スチュワートに「俺には愛する人がいる。」と告げられ、ショックを受ける。 そして契約期間が終わり、離婚するが…数ヶ月後、何故かスチュワートはマリアンヌを愛してるからやり直したいと言ってきた。 設定はゆるゆるの、架空の世界のお話です。 全9話で完結になります。
24hポイント 560pt
小説 2,641 位 / 143,753件 恋愛 1,294 位 / 44,854件
文字数 10,493 最終更新日 2021.08.28 登録日 2021.08.24
17
恋愛 完結 短編
アリシアとロバートが結婚したのは一年前。 貴族にありがちな親と親との政略結婚だった。 二人は婚約した後、何事も無く結婚して、ロバートは婿養子としてこの家に来た。 しかし結婚してから一ヶ月経った頃、「出かけてくる」と言って週に一度、朝から晩まで出かけるようになった。 アリシアはすぐに、ロバートは幼馴染のサラに会いに行っているのだと分かった。 彼が昔から幼馴染を好意を寄せていたのは分かっていたからだ。 しかし、アリシアは私以外の女性と一切関わるな、と言うつもりもなかったし、幼馴染とも関係を切れ、なんて狭量なことを言うつもりも無かった。 だから、毎週一度会うぐらいなら、それくらいは情けとして良いだろう、と思っていた。 ずっと愛していたのだからしょうがない、とも思っていた。 一日中家を空けることは無かったし、結婚している以上ある程度の節度は守っていると思っていた。 しかし、ロバートはアリシアの信頼を裏切っていた。 そしてアリシアは家からロバートを追放しようと決意する。
24hポイント 525pt
小説 2,784 位 / 143,753件 恋愛 1,369 位 / 44,854件
文字数 16,867 最終更新日 2021.07.29 登録日 2021.07.12
18
恋愛 連載中 長編
療養のため、しばらく編集さんの方をお休みしておりましたが、この度、再編集を再開致しました。 雪子が、今・・・「どうして、私が誰かを傷つけたらダメなのかな?」・・・そう言った。 34年という歳月が過ぎた今でも、何一つ、色あせていなかった夏樹さんへの想いが。 雪子の心の中に隠れていた。いえ、隠れていたんじゃなくて、隠していたのかもしれないけど。 きっと、あの子は、それを見つけてしまったのかもしれない。
24hポイント 462pt
小説 3,140 位 / 143,753件 恋愛 1,567 位 / 44,854件
文字数 143,570 最終更新日 2022.06.28 登録日 2022.05.18
19
恋愛 完結 ショートショート
ルチアは、誰もいなくなった家の中を見回した。 毎日家族の為に食事を作り、毎日家を清潔に保つ為に掃除をする。 だけど、ルチアを置いて夫は出て行ってしまった。 一枚の離婚届を机の上に置いて。 ルチアの流した涙が床にポタリと落ちた。
24hポイント 461pt
小説 3,144 位 / 143,753件 恋愛 1,568 位 / 44,854件
文字数 3,892 最終更新日 2022.06.17 登録日 2022.06.17
20
恋愛 完結 長編 R15
【前世の記憶が戻ったので、貴方はもう用済みです】 ある日突然私は前世の記憶を取り戻し、今自分が置かれている結婚生活がとても理不尽な事に気が付いた。こんな夫ならもういらない。前世の知識を活用すれば、この世界でもきっと女1人で生きていけるはず。そして私はクズ夫に離婚届を突きつけた―。
24hポイント 454pt
小説 3,197 位 / 143,753件 恋愛 1,592 位 / 44,854件
文字数 166,681 最終更新日 2022.03.05 登録日 2021.11.09
21
恋愛 完結 ショートショート R15
 本日、結婚記念日を迎えた。三周年のお祝いに、料理長が腕を振るってくれた。私は夫であるマハロを待っていた。……いつまで経っても帰ってこない、彼を。  ……結婚記念日を過ぎてから帰って来た彼は、私との結婚記念日を覚えていないようだった。身体が弱いという幼馴染の見舞いに行って、そのまま食事をして戻って来たみたいだ。  彼と結婚してからずっとそう。私がデートをしてみたい、と言えば了承してくれるものの、当日幼馴染の女性が体調を崩して「後で埋め合わせするから」と彼女の元へ向かってしまう。埋め合わせなんて、この三年一度もされたことがありませんが?  もう我慢の限界というものです。 「離婚してください」 「一体何を言っているんだ、君は……そんなこと、出来るはずないだろう?」  白い結婚のため、可能ですよ? 知らないのですか?  あなたと離婚して、私は第二の人生を歩みます。 ※カクヨム様にも投稿しています。
24hポイント 433pt
小説 3,340 位 / 143,753件 恋愛 1,673 位 / 44,854件
文字数 14,556 最終更新日 2021.08.10 登録日 2021.07.31
22
恋愛 完結 短編 R15
離婚したいのですか?  喜んでお受けします。 でも、本当に大丈夫なんでしょうか? 伯爵様・・自滅の道を行ってません? まあ、徹底的にやらせて頂くだけですが。 収納スキル持ちの主人公と、錬金術師と異名をとる父親が爆走します。 (父さんの今の顔を見たらフリーカンパニーの団長も怯えるわ。ちっちゃい頃の私だったら確実に泣いてる) ーーーーーー ゆるふわの中世ヨーロッパ、幻の国の設定です。 32話、完結迄予約投稿済みです。 R15は念の為・・
24hポイント 411pt
小説 3,497 位 / 143,753件 恋愛 1,762 位 / 44,854件
文字数 48,494 最終更新日 2021.11.07 登録日 2021.10.17
23
恋愛 完結 短編 R15
夫が王宮の神聖な場所で浮気相手とおっぱじめやがった。怒りに震え、どうやって離婚してやろうかと思っていると、大泣きしている浮気相手の夫と出会う。 心の読める臆病な男性と、侯爵家当主として奮闘する勝気な女性のリベンジが始まった。
24hポイント 376pt
小説 3,786 位 / 143,753件 恋愛 1,903 位 / 44,854件
文字数 24,647 最終更新日 2022.06.14 登録日 2022.04.02
24
恋愛 完結 短編
愛していると言った旦那様は、結婚して3年が経ったある日、愛人を連れて来ました。 旦那様が愛していたのは、私ではなく、聖女の力だったようです。3年間平和だった事から、私の力など必要ないと勘違いされたようで… 「もうお前は必要ない。出て行け。」と、言われたので出ていきます。 私がいなくなったら結界は消滅してしまいますけど、大丈夫なのですよね? それならば、二度と私を頼らないでください! シャーロットの力のおかげで、子爵から伯爵になれたのに、あっけなく捨てるルーク。 結界が消滅しそうになり、街が魔物に囲まれた事でルークはシャーロットを連れ戻そうとするが… 設定ゆるゆるの、架空の世界のお話です。 全15話で完結になります。
24hポイント 376pt
小説 3,786 位 / 143,753件 恋愛 1,903 位 / 44,854件
文字数 17,419 最終更新日 2021.09.14 登録日 2021.09.09
25
恋愛 完結 短編
ある日、突然夫のカイル・グラントが離婚状を叩きつけてきた。 理由は「君への愛が尽きたから」だそうだ。 しかし、私は知っていた。 カイルが離婚する本当の理由は、「夫婦の財産は全て共有」という法を悪用して、私のモーガン家のお金を使い尽くしたので、逃げようとしているためだ。 当然逃がすつもりもない。 なので私はカイルの弱点を掴むことにして……。
24hポイント 376pt
小説 3,786 位 / 143,753件 恋愛 1,903 位 / 44,854件
文字数 2,588 最終更新日 2021.06.19 登録日 2021.06.17
26
恋愛 完結 ショートショート
 理不尽で自分勝手な旦那が脅しで離婚届を出して来たので、役場に提出することにしたお話。  
24hポイント 369pt
小説 3,864 位 / 143,753件 恋愛 1,939 位 / 44,854件
文字数 8,075 最終更新日 2022.06.14 登録日 2022.06.13
27
恋愛 完結 長編
 夫クリフの不倫、そして浮気女性の妊娠を機に離婚を決意したティナ。  これは、モラハラ暴力夫にさよならをしたティナが、魔法使いの屋敷で働き、精霊に愛されて、そしてモラハラ暴力夫には天罰が下り、幸せになる物語。  ゆるふわ設定です。主人公が幸せになります。全18話。12月10日より毎日更新していきます。最後まで読んでいただけたらとても嬉しいです! HOTランキング6位にのりましたぁ!皆様ありがとうございます!.゚+.(・∀・)゚+.゚
24hポイント 369pt
小説 3,864 位 / 143,753件 恋愛 1,939 位 / 44,854件
文字数 23,328 最終更新日 2021.12.24 登録日 2021.12.10
28
恋愛 完結 ショートショート
oro
「貴様とは白い結婚を貫く。必要が無い限り、私の前に姿を現すな。」 初夜に言われたその言葉を、私は忠実に守っていました。 けれど私は赦されない人間です。 最期に貴方の視界に写ってしまうなんて。 ※全9話。 毎朝7時に更新致します。
24hポイント 333pt
小説 4,211 位 / 143,753件 恋愛 2,104 位 / 44,854件
文字数 23,452 最終更新日 2021.06.14 登録日 2021.06.06
29
恋愛 完結 ショートショート R15
余命を宣告されたその日に、主人に離婚を言い渡されました
24hポイント 319pt
小説 4,349 位 / 143,753件 恋愛 2,178 位 / 44,854件
文字数 5,125 最終更新日 2022.03.30 登録日 2022.03.23
30
恋愛 完結 短編 R15
 望みもしなかった政略結婚生活一年。  旦那のブロンダは、婚約期間中も女癖が悪かった。  それでも私シャインは公爵令嬢の義務として子孫繁栄の営みは続くが、結婚半年頃からそれもなくなる。  やがて子供も作れない私は、両親からも悪女だの使えない女だの言われるようになる。  ある日ブロンダが懲りずに不倫している現場を目撃。  私は心労のあまり倒れる。  そのときに前世の平成と令和世代を生きていた記憶と、その記憶で持っていた更に前世の記憶=私自身の未来の記憶が浮かぶ。  このままだと私はブロンダの手によって毒殺される運命。  だが、そうはなるまいと前世の破天荒女だった記憶と性格が私自身を大きく変え、まずは毒殺回避の上、ブロンダの悪事を暴いてやることにした。 ※章管理をしていますが、一章ごとがかなり短めになります。 ※ご都合主義が多めの作品になります。 ※タイトルは変えるかもしれません ※恋愛要素は、物語中盤からになります。
24hポイント 319pt
小説 4,349 位 / 143,753件 恋愛 2,178 位 / 44,854件
文字数 33,793 最終更新日 2022.04.03 登録日 2022.03.16
31
恋愛 完結 長編
私と旦那様は白い結婚だ。体の関係どころか手を繋ぐ事もしたことがない。 ある日突然、旦那の子供を身籠ったという女性に離婚を要求された。 別に構いませんが......じゃあ、冒険者にでもなろうかしら? ー全50話ー
24hポイント 298pt
小説 4,626 位 / 143,753件 恋愛 2,307 位 / 44,854件
文字数 72,878 最終更新日 2020.10.10 登録日 2020.07.20
32
恋愛 完結 短編
突然、カイルから離縁して欲しいと言われ、戸惑いながらも理由を聞いた。 「俺は真実の愛に目覚めたのだ。マリアこそ俺の運命の相手!」 そうですか…。 私は離婚届にサインをする。 私は、直ぐに役所に届ける様に使用人に渡した。 使用人が出掛けるのを確認してから 「私とアスベスが旅行に行っている間に荷物を纏めて出ていって下さいね♪」
24hポイント 276pt
小説 4,947 位 / 143,753件 恋愛 2,436 位 / 44,854件
文字数 12,790 最終更新日 2022.04.18 登録日 2022.04.06
33
恋愛 完結 短編
「どうして僕を愛さないんだ! クソ! もう君なんか要らないよ!!」 遊んでばかりの夫は、そう泣き叫んで私を殴った。 その瞬間、使用人たちが私に群がり、全力で守ってくれた。 私はツムシュテーク伯爵夫人ロミルダ。 亡き先代当主から領地経営を丸投げされた、現当主の妻。 当主の自覚もなく遊んでばかりのお坊ちゃんに、もう愛想が尽きました。 ツムシュテーク伯爵家がどうなろうと知ったこっちゃないわ! 「離婚します。サヨナラ~♪」 そうして私自身の人生をエンジョイし始めたら、旅先で恋に落ちた。 コンラート・ヴェーグマンと名乗った彼が、王子様とも気づかずに……
24hポイント 269pt
小説 5,065 位 / 143,753件 恋愛 2,494 位 / 44,854件
文字数 30,225 最終更新日 2022.04.30 登録日 2022.04.09
34
恋愛 完結 ショートショート
私も始めは世間知らずの無垢な少女でした。 それをレオナード王子は可愛いと言って大層可愛がってくださいました。 大した家柄でもない貴族の私を娶っていただいた時には天にも昇る想いでした。 だから、貴方様をお慕いしていた私は王妃としてこの国をよくしようと礼儀作法から始まり、国政に関わることまで勉強し、全てを把握するよう努めてまいりました。それも、貴方様と私の未来のため。 ・・・なのに。 貴方様は、愛人と床を一緒にするようになりました。 貴方様に理由を聞いたら、「可愛げが無くなったのが悪い」ですって? 愛がない結婚生活などいりませんので、離縁させていただきます。 そう、申し上げたら貴方様は―――
24hポイント 241pt
小説 5,582 位 / 143,753件 恋愛 2,727 位 / 44,854件
文字数 15,788 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.04.24
35
恋愛 完結 短編
短編ざまぁ作品です。 既に最後まで書き終わった作品の投稿ですので、安心してお読みいただけます。 (3話で完結です。)
24hポイント 234pt
小説 5,720 位 / 143,753件 恋愛 2,781 位 / 44,854件
文字数 2,741 最終更新日 2022.05.03 登録日 2022.05.01
36
恋愛 完結 長編
君のための白い結婚だったのだ! 前夫のベンジャミンはわめきながら、修道院へ迎えに来る。 わたくしたち夫婦は親同士が決めた政略で結婚したのだが、当時わたくしこと公爵令嬢のセレンティーヌは、12歳というまだ大人の女性体型ではなかったため、旦那は、外に何人も女を囲み、夫婦生活はゼロ。 3年後、旦那から離婚を切り出され、承諾後、修道院へ行くか、キズモノ同盟に入るか迫られたところ白い結婚から修道院が受け入れてくれることになる。 修道院では適性を測るため、最初に水晶玉判定を受けると……聖女だった!というところから始まるお話です。 あまりにもヒロインが出会う男、すべてがクズ男になります。 クズ男シリーズですが、最後には、飛び切り上等のイイ男と結ばれる予定ですので、しばらく御辛抱くださいませ。
24hポイント 220pt
小説 6,093 位 / 143,753件 恋愛 2,955 位 / 44,854件
文字数 116,413 最終更新日 2021.09.04 登録日 2021.07.24
37
恋愛 完結 短編 R15
「聖女どころか子ども産めない女は出て行け!マーガレットに子どもが出来たのだ!きっとお腹の子が聖女に違いない!だからお前とは離婚する!!」 隣の令嬢を抱き寄せて声高々に言い放つのは、侯爵家の ゴードン・サンダーム。 確か私の夫だ。 隣の令嬢はウォール男爵令嬢の、 マーガレット令嬢。 私は1年前にサンダーム侯爵家に嫁いだフィオナ・サンダーム。 元伯爵令嬢だった。 この国では、治癒能力を持つ聖女が3人いる。 不思議な事に、1人聖女が死んでしまうと、程なくして1人聖女が産まれるのだ。 数ヶ月前に、1人の聖女が死んだ。 聖女が産まれたら、その聖女と両親は手厚く扱われる。 その為、国中が自分が聖女を産むのだと躍起になっていた。 聖女は産まれてすぐ分かる。額に十字の印が刻まれているからだ。 特に公爵家や侯爵家は、王族とお近づきになりたい為。この聖女を欲していた。 1年前に結婚した私達の間には子どもはできなかった。 そのためこんな事を言ってきたのだろう…。 でも…。 その浮気相手のお腹にいる子どもって、 誰の子ですか???
24hポイント 220pt
小説 6,093 位 / 143,753件 恋愛 2,955 位 / 44,854件
文字数 40,227 最終更新日 2020.12.05 登録日 2020.11.08
38
恋愛 完結 短編
シュルファ国の王女でもあった、私ベアトリス・シュルファが、ほぼ脅迫同然でアルンゼン国王に嫁いできたのが、半年前。 嫁いできたは良いが、宰相を筆頭に嫌がらせされるものの、やられっぱなしではないのが、私。 ようやく入手した離縁届を手に、反撃を開始するわよ! ご都合主義のザル設定ですが、どうぞ寛大なお心でお読み下さいマセ。
24hポイント 191pt
小説 6,795 位 / 143,753件 恋愛 3,240 位 / 44,854件
文字数 60,920 最終更新日 2022.05.05 登録日 2022.04.04
39
恋愛 完結 短編 R15
※当作品は全話執筆済み&予約投稿完了しています。  夫婦円満でもない生活が続いていた中、旦那のレントがいきなり離婚しろと告げてきた。  不倫行為が原因だと言ってくるが、私(シャーリー)には覚えもない。  どうやら騎士団長との会話で勘違いをしているようだ。  だが、不倫を理由に多額の金が目当てなようだし、私のことは全く愛してくれていないようなので、離婚はしてもいいと思っていた。  離婚だけして慰謝料はなしという方向に持って行こうかと思ったが、レントは金にうるさく慰謝料を請求しようとしてきている。  当然、慰謝料を払うつもりはない。  あまりにもうるさいので、むしろ、今までの暴言に関して慰謝料請求してしまいますよ?
24hポイント 191pt
小説 6,795 位 / 143,753件 恋愛 3,240 位 / 44,854件
文字数 15,490 最終更新日 2021.12.23 登録日 2021.12.18
40
恋愛 完結 短編
伯爵家の嫡男であり、リムルの夫であるエリックは婚約しているときから、「浮気したら婚約破棄だからな」としつこい位に念押ししていた。 リムルはそれでもそこまで言うのは愛情が深いからだと特に気にすることなく結婚。 結婚してからも「不倫をしたら許さん。お前も相手も地獄に叩き落とす」と事あるごとに言い放ち、彼女を束縛していたが、リムルはそれでも夫に尽くしていた。 「お前が不倫していると聞いた。一昨日の夕方に男と会っていただろう。知ってるんだぞ。やっぱり僕とは財産狙いで結婚したのだな!」 胸倉を掴み、エリックはリムルに不倫をしたと凄む。 しかし、その日の夕方……リムルはエリックと共にいた。 彼女はそのことを話すと彼は納得しかけるも、首を振って「じゃあ他の日だった」と謝らない。 リムルはそんな彼に腹を立てる。財産狙い発言も自分の父親は公爵であるし、エリックの父親が頭を下げて成立した縁談なので納得がいかなかった。 そして、事件は起こった。 エリックにリムルが浮気していたと吹き込んだ友人たちが彼に「浮気現場を発見した」と騒ぎ出し、彼らはその現場に突入して二人に暴力を振るう。 しかし、そこにいたのはリムルの双子の妹のメリルとその婚約者。 しかも、メリルの婚約者は隣国の皇太子で……。 ちょうど、その頃……夫の愛人という女がリムルを訪ねていた。
24hポイント 191pt
小説 6,795 位 / 143,753件 恋愛 3,240 位 / 44,854件
文字数 24,604 最終更新日 2020.12.27 登録日 2020.12.11
305 12345