劣等感小説一覧

タグ 劣等感×
6
一生劣等感を抱えて生きていく覚悟も、立派な人を目指す勇気も、「すべての命に価値がある」と揺らぐことなく信じ続ける力も持てないまま、今日もあちこちになびいている。
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 エッセイ・ノンフィクション 3,058 位 / 3,058件
文字数 5,964 最終更新日 2020.09.11 登録日 2020.09.11
2
BL 完結 長編
男にしては艶のある髪を顔の周りに纏わせ、憂いを帯びた表情と鋭い瞳で、私を睨めつけるのです。美しい男でした。
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 BL 8,481 位 / 8,481件
文字数 18,880 最終更新日 2020.05.15 登録日 2020.05.09
ゴーゴンちゃんは、ぼっちでした。 いずれ人の役に立てるようにと、頑張っていました。 ある日、アルバイト先で聞いた話が、ゴーゴンちゃんの未来を変えます。 さて、何を聞いたか、どうなりたかったのか。
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 ファンタジー 24,861 位 / 24,861件
文字数 6,558 最終更新日 2020.04.06 登録日 2020.04.06
4
現代文学 完結 ショートショート
何か悪い事、ついてないことがあると自分の日頃の行いせいかと考えてしまう主人公。 高校を卒業したけど、やりたいもの、なりたいものが見つからず、周りの同年代は着実にやりたいことに向かってスキルアップしているのに、自分はつまらないこだわりがに縛られ、前に進めてない感覚がつきまとう。 自分が昔から続けてきたことをやめるのが怖いからただ惰性で続ける日々。 面白いのか、楽しいのか、よくわからない人生。 人には馬鹿にされたくないし、あいつは無力だと見抜かれたくもないから、虚勢をはり、体裁だけは保とうとする。 なめられたくないとばかり考えるから、人間関係がしんどい。 自分がどう見られているのかばかり気にするから、自分の考え方、世界観がはっきりと出来ていないから、自分にイマイチ自信が持てない。 何でもない自分が酷く不安なのである。 そのくせ、心とは真逆に人になめられるような行動をしばしばとってしまう自分にイラつく。 変わることを恐れ、努力も中途半端。 周りの人間からしたら、こんなネガティブで暗い人間は嫌われるだろうと半ば諦めている。 周りの人間はどんどん離れていって、底なしの真っ黒の穴に真っ逆さまに落っこちて、暗すぎて周りが見えないから、手探りすることすら諦めて、膝を抱えて丸くなって息を潜め、ゆっくりと生き絶えて誰にも気づかれず餓死していくような人生。 もう嫌だと思い切って、今の停滞したただ浪費するだけの、若さもそんなに言い訳として使えなくなった年頃。 しかし、今環境から抜け出して、思い切って、今まで経験したことがないことを知らない土地で一からやり直す。 チャレンジしようと決意し、実行に移す。 そして、かつてない経験をし、失敗も何度もし、やめようかと途中で何度も魔が指すが、やめたところで、帰ったところで、自分には居場所はもうないのだと言い聞かせ続け、何とか踏みとどまる。 そして、チャンスが巡ってきて掴み損ねるが、諦めず、ジタバタ足掻いていたら、道が拓けてきた。 そして、やっと念願の本当にやりたいと思えること、エネルギー全てそこに注ぎ込めれるものを見つける。 何にも特技も自慢できるものもなかったけど、それをひたすら追いかけることで邪な迷いや、ためらいや優柔不断な逡巡もなくなってきた。 もう誰の影響も受けない。 自分のやりたいことをまっすぐに追いかけ続け、追求しよう。 そう思えてきたから、自然とポジティブになれたし、冗談も何の気無しに言えたし、笑顔が増えた。 そして、同じような夢を追求する、仲間、同志も出来た。 彼らを第二の家族だと思い、この素敵な関係ができるだけ長く続くよう、自分は自分のできることを、不断の努力として続けていこうと誓ったのだった。
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 現代文学 3,979 位 / 3,979件
文字数 1,108 最終更新日 2019.10.10 登録日 2019.10.10
今年16歳になる子供が行う『精霊召喚の儀』で低級精霊を3匹召喚した主人公の『レン』 魔法学校に通うことになったが、そこでは劣等感ばかりが生まれてしまう。 (話が進み次第、内容紹介も更新していきます)
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 ファンタジー 24,861 位 / 24,861件
文字数 5,110 最終更新日 2019.09.11 登録日 2019.09.06
6
青春 連載中 短編
自分は他人よりも優れているわけではない――  小説家を志す高校三年生の優弥(ゆうや)は、そこまで偏差値が良いとは言えない県立高校に通いながら、地元の有名私立大学の文学部を目指していた。  しかし、成績は思うようにならず、次第に周りとの劣等感を感じ始め、心境の変化とともに成長してゆく――
24hポイント 0pt
小説 86,922 位 / 86,922件 青春 3,736 位 / 3,736件
文字数 1,750 最終更新日 2018.09.23 登録日 2018.09.23
6