劣等感小説一覧

タグ 劣等感×
4
高校二年生の夏、相川 優人(あいかわ まさと)は自身の所属するPC部に毎日行っていた。 クラスで居づらさを感じている彼は、部活でも自分のレベルにあっていない「副部長」という役割に押しつぶされそうになっていた。友達も少ない、できることも少ない。そんな劣等感にまみれた優人。これは、そんな優人が生きようと決意する物語。 ※自傷行為(過去形)で出てきます。 初投稿。
24hポイント 49pt
小説 8,522 位 / 56,135件 現代文学 132 位 / 2,332件
文字数 4,459 最終更新日 2019.09.22 登録日 2019.08.18
2
青春 連載中 短編
自分は他人よりも優れているわけではない――  小説家を志す高校三年生の優弥(ゆうや)は、そこまで偏差値が良いとは言えない県立高校に通いながら、地元の有名私立大学の文学部を目指していた。  しかし、成績は思うようにならず、次第に周りとの劣等感を感じ始め、心境の変化とともに成長してゆく――
24hポイント 0pt
小説 56,135 位 / 56,135件 青春 2,908 位 / 2,908件
文字数 1,750 最終更新日 2018.09.23 登録日 2018.09.23
今年16歳になる子供が行う『精霊召喚の儀』で低級精霊を3匹召喚した主人公の『レン』 魔法学校に通うことになったが、そこでは劣等感ばかりが生まれてしまう。 (話が進み次第、内容紹介も更新していきます)
24hポイント 0pt
小説 56,135 位 / 56,135件 ファンタジー 18,490 位 / 18,490件
文字数 5,110 最終更新日 2019.09.11 登録日 2019.09.06
4
SF 連載中 長編 R15
時は2350年。 2089年に起こった第三次世界対戦で、先進国の中で唯一非核国だった日本は、一億の人間を失う大敗を期した。 その後、迅速にただし水面下で核開発が進められ、日本海、太平洋、オホーツク海、東シナ海にそれぞれまるで地雷のように各爆弾を散らし、陸海空にセンサーを張り巡らせ、新国家ニホンとして、完全なる鎖国状態を築いた。 しかしそれには弊害もあった。大戦で核のシャワーを浴びたニホン人は後遺症に見舞われることとなったのだ。 国の調査で、後遺症も遺伝リスクもないとされる者たちをナシオン=国民(生存、繁殖に害のない者)と呼び、その中から国を司るエンペラー=王族が輩出された。 一方、後遺症や障害、その他遺伝的な疾病を持つ者をポブレと呼び、中でも精子という名のリスクを撒き散らす男をペリグロと呼び、比較的、害の少ない女をエクスラボと呼んでいる。 この制度を新ニホンレヴェル国民保護制度と呼びレヴェル制と略す。エンペラー5%、ナシオン60%、ポブレ35%の比率で推移している。 ポブレの生活は、就ける職種や入場を許可されている公共施設など、人生におけるあらゆるものにそれぞれ制限があり、それが当然のごとく差別を助長していた。 如月瑞希(みずき)は、ポブレの家に生まれた高校二年生。病気の母と、大学生の兄秀人(ひでと)と暮らしていた。 病気の苦しみに耐えかねた母の自殺から数日、兄が姿を消す。それとともになぜか瑞希はエンペラーの令嬢を誘拐したテロリストとして、全国指名手配されてしまう。 おんぼろAIバイクのアイザックと共に、消えた兄を追いながら、警察から逃げる日々。 その先に瑞希が見た、兄失踪の真実とは?新ニホンが隠していたあまりに大きな嘘とは? 一人と一台の友情と勇気が試される新ニホン革命が今幕を上げる。
24hポイント 0pt
小説 56,135 位 / 56,135件 SF 1,898 位 / 1,898件
文字数 10,025 最終更新日 2019.09.14 登録日 2019.09.13
4